So-net無料ブログ作成
検索選択

2日目の仙台は、レンタカーを借りて、PhotoArtist講座仲間と仙台〜松島を巡ってきました。ただ佇んで、頬を濡らしいました。 [仙台・宮城県内巡り]

Sponsored Links




さて、さらに、仙台での続きです。

斎藤先生方に合わせて、他のPhotoArtist 2012講座参加者方と示し合わせて、R&Bホテルという広瀬通にあるこぢんまりしたホテルに宿泊しました。

ただ、この時期の週末(土曜日と祝前日)だけ異常に込んでいて、オンラインでは予約が取れませんでした。
問い合わせて、電話で予約したので不安でしたが、問題なく宿泊できました。

このR&Bホテルは、最近流行のドリンクや軽食(パン、卵料理など)の朝食がフリーとなるセルフサービス型の宿泊施設で、ワシントンホテル系列とのことです。

さて、2日目ですが、簡単に前日の晩に、PhotoArtist講座に参加したみなさんと、
次の日の予定(もちろん、撮影予定です)を相談してみると、
駅でレンタカーを借りて、仙台市内、そして、松島に行ってみようというコトになりました。


青い空がキレイで、白い雲が浮かんで美しい光景を見ました。

そこに駐めて、まわりを見渡してみると、
そこは、想像を絶する場所と化していました。

何もない。

ただ、何もない。

見渡す限り数軒を残して、何もない空き地とかしていました。

言葉には出来ない光景でした。

9ヶ月経って、あったであろう残骸も片付けられて、焼け野原となった終戦後を思わせるような光景。
日本では見たことも無い光景が広がっていました。

なぜか、橋の近くの道路脇に炊飯器がポツンと置かれていました。

見るも無惨なお墓に、花が置かれ、線香が焚かれていました。
そこは、霊園だったようです。
歩きながら、頬に滴るモノが。
溢れ出る感情に、涙が出ていました。

神よ、いったい、ここに住んでいたヒト達が何をしたというのです。
この静かに眠るお墓たちの何が、あなたの機嫌を損ねたのです?

悲しい。


少し離れた先、海沿いに、サイクルセンターがあったようですが、
そこは、いまや、がれきの集積所となって、忙しく動き回るダンプカーの群れが彷徨うっていました。

為す術もなく、ただ眺める我々でした。

そして、松島に向かいました。
30分ほどで、観光地松島に到着しました。
ここは、甚大な被害を受けたリアス式海岸のようではなく、ひらけた湾内と、点々と存在する島々が、
防波堤になって、比較的被害が少なかったそうです。
美しい松島の光景は、そのままで、点在する島々も見事な光景を見せてくれます。

今や、必要なのは、復興というだけでなく、普通に観光に来てくれる観光客だと思われます。

まず、昼食を取ってから、せっかくなので、松島湾内一周の遊覧船に乗ってみました。
さらに、せっかくなので、悔いが残らないように、グリーン料金を払って、2階席に上がってみました。
すると、オープンな2階デッキもグリーン席からだけ利用できたので、良かったです。

今日の写真は、朝食から始まって仙台市内、被災地、そして、松島の遊覧船に乗ってまでです。

機材は、Olympus E-P3+M.Zuiko 45mmm F1.8レンズと、
Olympus E-5+ED14-35mm F2.0SWDレンズと、ED150mm F2.0レンズです。
1)R&Bホテルの朝食。フリードリンク、4種類ほどのペストリーと、ゆで卵がお代わり自由です。
ここから、Olympus E-P3+M.Zuiko 45mm F1.8レンズでの撮影です。
3C189578_1280x960_補正済.jpg
2)駅に向かって、アーケードに入ります。
3C189580_1280x960_補正済.jpg
3)
3C189581_1280x960_補正済.jpg
4)仙台のアーケードにて。
3C189583_1280x960_補正済.jpg
5)駅ナカを行く。駅レンタカーの営業所は、仙台駅西口と東口の中間にありました。
3C189595_1280x960_補正済.jpg
6)駅レンタカーに飾られたリース
3C189596_1280x960_補正済.jpg
7)駅レンタカーの駐車場への出入り口。
3C189598_1280x960_補正済.jpg
8)仙台駅で見上げた青空。
3C189600_1280x960_補正済.jpg
そこは、海岸少し手前の場所でした。
ここから、Olympus E-5+ED14-35mm F2.0SWDレンズでの撮影です。
9)そこは、見渡す限りの空き地の上に、キレイな雲が浮かんだ青空が広がっていました。
EC180958_1280x960_補正済.jpg
10)川に映り込んだ青空と雲は、空と一体化しているようでした。
 よく見ると、掛かっていた橋がないようです。
EC181032_1280x960_補正済.jpg
移動して、松島に到着しました。
11)駐車場近くの料理屋さんへ。
EC181150_1280x960_補正済.jpg
12)近郊でとれたマグロ丼
EC181156_1280x960_補正済.jpg
13)絶景の松島湾
EC181159_1280x960_補正済.jpg
14)この松島湾一周の遊覧船に乗り込みます。
EC181168_1280x960_補正済.jpg
15)桟橋から見る松島の光景。
EC181180_1280x960_補正済.jpg
16)遊覧船のグリーン席の2階デッキから見た船着き場。
EC181181_1280x960_補正済.jpg
17)有名な松島の赤い橋が見えます。
EC181185_1280x960_補正済.jpg
18)
EC181187_1280x960_補正済.jpg
19)青空と雲と、かもめと。
EC181190_1280x960_補正済.jpg
20)水際に降り立つかもめ。ED150mm F2.0レンズ特有の高精細な描画が際立ちます。
 ここから、Olympus E-5+ED150mm F2.0レンズでの撮影です。
EC181202_1280x960_補正済.jpg
21)光舞い降りる松島。ED150mm F2.0レンズで撮った遠景では、微妙な雲のグラデーションが再現。
EC181240_1280x960_補正済.jpg


nice!(130)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 130

コメント 5

えがみ

定番ですね、ED14-35mm F2.0SWDは。

そういえば先週、ED14-35mm F2.0SWDが特許として認められました(US8,081,392B2)。
この5年間は出願中だったわけですが、特許になって当然ですよね。

by えがみ (2011-12-27 00:56) 

りさ

はじめまして。ご訪問いただきありがとうございました。
貴重なお話とお写真を拝見させていただきました。
松島の風景も、空もとても美しいですね。

by りさ (2011-12-27 01:24) 

弁慶

松島の観光船乗り場がある「松島海岸」一帯は浸水はしたものの
津波の大きな打撃はありませんでした。
湾内の島々が防波堤の役目をしたとのことです。
 GWには、水族館や、湾内の観光も一部コースですが再開されました。
 
宮城の観光地、こうして皆さんの訪問をいただけることが
復興の礎になります。
ありがとうございました。
 

by 弁慶 (2011-12-27 06:57) 

斗夢

有難うございます。
私のふる里は宮城です。
拝見して思わず涙がこぼれました。
by 斗夢 (2011-12-27 09:10) 

kiyo

えがみ さん、
niceとコメントをありがとうございます。
>そういえば先週、ED14-35mm F2.0SWDが特許として認められました(US8,081,392B2)
おぉー、遂に特許とったんですね。
いつも、最新技術と、特許情報で、えがみさんのところを頼りにしています。
これからもよろしくお願い致します。

りさ さん、
niceとコメントをありがとうございます。
こちらこそ、お越し頂きありがとうございます。
仙台の海岸地域は、正式の居住不可となったそうです。
そこは、キレイな、あまりにもキレイなまっさらの土地となっていました。
広大に広がる土地には、居住する人たちや、港湾や、漁業関係の方々が仕事をされていたと思います。
全てが、流されて、広々としてしまった光景に、蒼然としました。
その思いを胸に、見て回った松島の絶景は、より以上に心に染み入りました。
その思いの一端が、お伝えできたのであれば、嬉しいです。
ありがとうございました。

弁慶 さん、
niceとコメントをありがとうございます。
災害と、回復と、復興。
我々多くのものは、余りにも微力で何もお手伝いできませんが、
少なくとも、多くの震災を受けた観光地の復興の協力はできるかと思います。
縁あって、訪れることができましたので、是非、再訪を心がけ、また、
できるだけ多くに皆さんに、訪問していただくことをお願いするところです。
こちらこそ、ありがとうございます。

斗夢 さん、
niceとコメントをありがとうございます。
故郷を、離れて知る、ふるさとの苦境に、居ても立ってもいられない気持ちだったと思います。
単なる訪問者に過ぎない私の微力でも、なんとか、復興に協力できればと思います。
ありがとうございます。

by kiyo (2011-12-29 16:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。