So-net無料ブログ作成

日本三景の一つ松島の湾内一周の観光船での島巡りの光景から。カモメが追い掛けてきます。 [仙台・宮城県内巡り]

Sponsored Links




宮城県の仙台・松島の続きです。

wikipediaから、
「松島(まつしま)とは、宮城県の松島湾内外にある大小260余りの諸島のこと。
 または、それら諸島と湾周囲を囲む松島丘陵も含めた修景地区のことである。
 日本三景の1つに数えられている。」
「松島は、仙台平野を南北に分ける松島丘陵の東端が海にまで達し、
 それが沈水して出来たリアス式海岸がさらに進んだ沈降地形で、
 溺れ谷に海水が入り込み山頂が島として残った多島海である。
 全体として松島湾(広義)を形成し、湾内の水深は10メートル以内である。
 尚、260余りの島すべてに名前がつけられている。」
また、震災について、
「2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震とその直後に襲来した大津波によって、
 島の文化財の一部が破損するなどの被害が発生したが、周辺の自治体と比較して被害は軽微で済んでいる。
 その理由として、津波は浅い海に入ると速度が落ちて急激にエネルギーを失うのと、
 松島湾内に点在する島々が緩衝材となり、津波の勢いを弱めたと見られている。」

日本三景の一つ松島には、湾内に大小260あまりの島々が点在してます。
遊覧船で見られるのは、そのごく一部ですが、それでも、数々の特徴的な島々を見て回れます。
また、遊覧船には、観光客が与える餌を狙って、かもめが沢山追尾して飛んで回ります。
その光景も、一つの絵です。

今現在は、震災の影響も影も形もない松島ですが、相当の被害であったことは、
売店に張られていた当時の記録写真からわかります。

海岸沿いの他の地域ほどの影響はなかったようですが、松島湾内の浅い海域と、
風光明媚な大小260あまりの小島の存在が、この地の被害を防いでくれたようです。
日本三景と称えられる自然の美しさそのものが、自然の災害を最小限にしてくれたようです。
不思議なモノですね。

素晴らしい松島湾の景観に、心も洗われた気がします。

今日の写真は、その遊覧船での光景からです。

機材は、Olympus E-5+ED14-35mm F2.0SWDレンズと、ED150mm F2.0レンズです。
アップしている写真は、1)〜13)がED150mm F2.0レンズ、14)、15)がED14-35mm F2.0レンズです。
ここから、Olympus E-5+ED150mmレンズでの撮影です。
1)飛び行くかもめ
EC181208_1280x960_補正済.jpg
2)
EC181210_1280x960_補正済.jpg
3)
EC181213_1280x960_補正済.jpg
4)飛び交う二羽のカモメ
EC181228_1280x960_補正済.jpg
5)
EC181237_1280x960_補正済.jpg
6)雲舞う松島の島。是非、拡大して見て頂きたいED150mm F2.0レンズの捉えた雲の描写です。
EC181245_1280x960_補正済.jpg
7)有名な4つの穴が空いている島。
EC181249_1280x960_補正済.jpg
8)
EC181253_1280x960_補正済.jpg
9)こちらも有名な潜水艦か、戦艦のブリッジのような形をした島。
EC181258_1280x960_補正済.jpg
10)
EC181260_1280x960_補正済.jpg
11)
EC181263_1280x960_補正済.jpg
12)湾内を回って、逆光方向になりました。海面の反射した煌めきが素晴らしいです。
EC181302_1280x960_補正済.jpg
13)養殖場
EC181323_1280x960_補正済.jpg
ここから、Olympus E-5+ED14-35mm F2.0SWDレンズでの撮影です。
14)青空と雲が映える松島湾
EC181336_1280x960_補正済.jpg
15)陸地から見る赤い橋
EC181351_1280x960_補正済.jpg



nice!(153)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 153

コメント 8

まつパパ

初めまして、nice!ありがとうございました。
by まつパパ (2011-12-27 08:51) 

くまぴ

はじめまして。
以前仙台に住んでいたとき、松島に良く遊びに行っていたので
懐かしく拝見いたしました^^
あの美しい自然が被害を少なくしてくれたのですね。
改めてまた訪れたいと思いました。
by くまぴ (2011-12-27 10:23) 

駅員3

何事もなかったかのようなこの素晴らしい景色の向こう側には大変な思いが詰まっているのでしょうね[るんるん]
by 駅員3 (2011-12-27 13:13) 

ryuyokaonhachioj

お陰で、体調も回復しました。
今後もよろしくお願いいたます。
by ryuyokaonhachioj (2011-12-27 20:14) 

亀仙人 孝禎

俺には全てが脳裏に浮かび上がる様で・・・

by 亀仙人 孝禎 (2011-12-27 21:16) 

robotic-person

バイクで近くにいった頃のことを思い出しました。
(kiyoさんのblogの更新通知が12/12で止まっているようです。記事投稿の設定をご確認ください。)
by robotic-person (2011-12-28 03:15) 

沈丁花

nice!有り難うございます。美しい写真の数々・・・
素晴らしいですね^^;
by 沈丁花 (2011-12-28 21:07) 

kiyo

まつパパ さん、
niceとコメントをありがとうございます。
こちらこそ、ご訪問頂きありがとうございます。
これからも、よろしくお願い致します。

くまぴ さん、
niceとコメントをありがとうございます。
松島の絶景は、そのままだったそうです。
その絶景となる、浅瀬の海と、230余の島々が、災害を最小限に防止したのは、
自然の不思議かと思います。
是非、再訪してあげてください。

駅員3 さん、
niceとコメントをありがとうございます。
震災時には、他の海岸地域に比べれば被害が少なかったとはいえ、
かなりの被災はされていたそうです。
それでも、絶景となる松島の自然が、大きな被害を食い止めてくれたのは、
松島の自然のもつ底力だったのでしょうか?
機会があれば、是非、訪れて頂ければと思います。

ryuyokaonhachioj さん、
niceとコメントをありがとうございます。
ご体調大丈夫でしょうか?
寒いおりですので、ぶり返さないように、お気をつけ下さい。

亀仙人 孝禎 さん、
niceとコメントをありがとうございます。
時がたち、全てを押し流していきますが、
その時、その場での記憶は、変わらないと思います。
頭が下がります。

robotic-person さん、
niceとコメントをありがとうございます。
バイクで行かれたのですね。
想像を絶する光景の連続だったかと思います。
そんな中、比較的被害が軽度だった松島は、復興のシンボルとして、
頑張って欲しいところですね。
RSS feedの更新を教えていただき、ありがとうございました。
助かりました。

沈丁花 さん、
niceとコメントをありがとうございます。
いえいえ、拙い写真ばかりですので、
現地の光景の何分の一もお伝えできていないと思います。
それでも、お褒め頂いて嬉しいです。
ありがとうございます。

by kiyo (2011-12-29 17:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました