So-net無料ブログ作成
検索選択

12月14日、暮れの京都の夜。80万個超によるロームのイルミネーションに魅せられて。その22 [E-M1 & 5D Mark3]

Sponsored Links




今日の東京の天気予報は、「雨のち曇り」となっています。
夜半からの降雪が心配された『雪』はなくなって雨の一日のようです
そして、今日の最高気温は6度、最低気温は2度と、降雪がなくて幸いですが低い気温です。
そんな2016年1月30日土曜日となります。
みなさまも、呉々も、花粉症や風邪、熱中症など、お身体を大切にして下さい。

2015年12月13日のorangeさんの京都オフ会後の翌日の紅葉散策の話を続きです。
そろそろ、京都の話も終盤に来ましたが、京都の年末を飾ることで有名なロームの80万個超の電球によるイルミネーションを見てきました。
年々、LEDによるイルミネーションが増えてきましたが、
現在のLEDイルミネーションは、写真撮影には向いていません。

一つには、LEDでも、電球でも、蛍光灯などと同じく、常時点灯ではなくて、間欠型の点灯ですので、
フリッカー現象が発生します。

どういうことかというと、間欠するタイミングに合わせて撮らないと、白黒や色の縞模様が発生したりします。
大抵は、交流電源を使用しているため、交流電源の周波数そのままで点滅を繰り返しているからです。
つまり、光っている瞬間と、光っていない瞬間が交互に存在するからです。
光っている間(発光期間)でいうと、照明の発光周波数は、電源周波数の倍となります。
東日本ならば、50Hzの倍で1/100秒間隔、西日本ならば、60Hzの倍で1/120秒間隔です。

それでは、フリッカー対策としての撮影方法ですが、
シャッタースピードを、この倍数(東日本で1/50、1/100、1/200。西日本で1/60、1/125、1/250等)で撮影すると綺麗に撮れると思います。
低速シャッターで撮る場合ですが、フリッカーの点灯に合わせるタイミング勝負になると思います。

もう一つ、こちらがLEDならではですが、小型の一点集中型発光のために、発光が点に見えることです。
電球のイルミネーションと違って、光の広がりが少ない(ほぼない)ため、隣のLEDの発光と被らないので、
それぞれが点の発光(例として、電球の信号機と比較して、LEDの信号機は、光の点の集合にみえます)が、
目に見えてしまうので、電球の光が集合して大きな光の束を作るような発光が苦手なことです。
(多分、点が点で見えなくなるほど緻密にLEDを超大量に使用すれば可能ですが、電球1個の代わりに、
 LED1個・2個にしている現場では、まばらな点が見えてしまいます)
つまりスケール感の大きなイルミネーションや、沢山の光に溢れるようなイルミネーションが不得意な訳です。
勢いLEDの使用個数を沢山にしていますが、そうなると、電球1個の方がコストが安いはずです。

ということで、LEDイルミネーションよりも、電球のイルミネーションの方がより幻想的で、光に満ちあふれるイルミネーションが行われやすいことです。
逆に、LEDイルミネーションの利点があります。
多色のLEDが使用できることで、カラーの点灯が簡単に利用可能となりました。
液晶ディスプレイのように、LEDによって文字情報や画像情報を表示する展示が行いやすいです。
(まあ、いずれも、電球の場合でも、出来ないわけではないです)

四条河原町から、バスに乗って「西大路五条」で降りると、既に、イルミネーションの一部が見えてきます。
歩いて直ぐに、佐井通り(通称春日通り)沿いの並木道の木々にイルミネーションが展開されています。
80万個超の電球によるロームのイルミネーション2015は、素晴らしいモノでした。
〇「12月14日、暮れの京都の夜。80万個超によるロームのイルミネーションに魅せられて。その22」


今日の一枚
MC143122_CameraRAW_2048_1.jpg
『ロームの夜』
Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko ED12-40mm F2.8PROレンズで撮影しています。

ここから、Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko ED12-40mm F2.8PROレンズで撮影しています。
1)五条通を歩くと、イルミネーションの一部が見えてきました。
MC143110_CameraRAW_2048.jpg
2)並木通り
MC143112_CameraRAW_2048.jpg
3)カラー点灯時
MC143119_CameraRAW_2048.jpg
4)楽器
MC143123_CameraRAW_2048.jpg
5)音符
MC143130_CameraRAW_2048.jpg
6)ロームの社屋が見えてきました
MC143131_CameraRAW_2048.jpg
7)写り込み
MC143136_CameraRAW_2048.jpg
8)公園の巨大スクリーンに来てみました。スクリーンも電球のようです
MC143154_CameraRAW_2048.jpg




近況ですが、(自分のPhotoshop講座を除いてですが)
1月の予定は暫定です。
1月27日19時〜21時、だいとしぃさんの星撮り実習 in 横浜みなとみらい
1月31日10時〜17時、Special PhotoArtist~CP+2016特別講座~
2月6日未明5時〜7時、「神秘の多摩川を撮影しよう!!第四弾」で、多摩川の朝霧を撮る予定です
2月6日13時〜16時、実践!ちょい当てポートレートライティング講座〈 続々・定常光のススメ:ロケ編 〉
2月11日は、妻の23ヶ月の月命日です。
2月25日10時〜18時、CP+2016初日
2月26日10時〜18時、CP+2016
2月27日10時〜18時、CP+2016
2月28日10時〜18時、CP+2016最終日

3月22日、亡き妻の一周忌の法要を行ってきました。」の記事には沢山のアクセスをありがとうございます。
毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、1年半経過しましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。


2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。
9月11日は、妻の6ヶ月目の「月命日」でした。

8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編




2016年の新年のあれこれから。

「2015年旅からのベスト10」に沢山のアクセスをありがとうございました。

長きにわたりました熊本ツアーは、終了となりました。

土屋先生の写真展は、11月18日無事に終了しましたが、このカフェShooting Starをよろしくお願いいたします。

「入間基地航空祭2015」での撮影は一旦中断です。


すでに、8月18日から、掲示開始されています。
自分の作品は中央通りの明治屋さんの真裏の八重洲との境側になることが判りました。

Canonユーザー専用の秘密兵器「風塵」を導入しました。
風塵に新型「Fujin(風塵) Mark Ⅱ」が発表されました。
新型のモーター機構採用で、風速が2.7倍化されて砂にも対応して、待望のNikonマウント対応です。
ただ、お値段はグッと上がってしまいました。
現在はIPPさんの直売のみで、8月から大手量販店で販売開始だそうです。

レンズ型カメラの掃除機
※レンズ形で、いつでも何処でも簡単掃除!
※ファンの力で1秒間にカメラ内の空気を約3回入れ替えます。(Kiss X7iの場合)
※掃除中に、カメラ機能(センサークリーン・シャッター連写)を使用するとシャッター内部のチリ・ホコリを排出するのに効果的!
※PM2.5対応の住友3M製フィルター採用

IPP 一眼レフカメラ用レンズ型カメラ掃除機 風塵(ふうじん) fujin EF-L001

IPP 一眼レフカメラ用レンズ型カメラ掃除機 風塵(ふうじん) fujin EF-L001

  • 出版社/メーカー: アイピーピー
  • メディア: Camera








久しぶりに、Amazonでお買い得品を見つけました。
高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パックです。
しかも、充電済、最小容量2400mmの約500回使用可能なモノです。
単4ならば、こちらです。
容量よりも充電可能回数優先ならば、こちらです。
個人的には、いままで、こちらの方を使用していました。

Panasonic eneloop pro 単3形充電池 8本パック ハイエンドモデル BK-3HCC/8

Panasonic eneloop pro 単3形充電池 8本パック ハイエンドモデル BK-3HCC/8

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: エレクトロニクス

ここから、過去のシリーズの紹介です。
2014年11月1日から、11月4日まで、熊本、島原、長崎旅行に行ってきました。
今回の九州旅行ですが、サブタイトルは、「遙かなる長崎バイオパークへの道」です。
生前の妻が、ここ何年も、口癖にように行きたい・行きたいと言っていましたが、
本人は不在でしたが、なんとか、悲願は果たされたと思います。

熊本旅行を振り返って。
2014年3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

3月11日への思い

1年ぶりに、blogのヘッダーの写真を変更しました。
OM-D E-M1+Zuiko ED150mm F2.0レンズで撮影した水前寺公園での妻の写真からです。
 900x500サイズに、縦撮りした1枚では、足りなかったので、横に撮った一枚と重ねています。
2014年、blogのヘッダーの写真を変更しました。
 OM-D E-M1+Zuiko ED150mm F2.0レンズで撮影した水前寺公園での妻の写真からです。
2015年暮れ、blogのヘッダーの写真を変更しました。
 2014年11月に、OM-D E-M1+Zuiko ED150mm F2.0レンズで撮影した平林寺の紅葉と妻の写真からです。
2016年1月、blogのヘッダーの写真を変更しました。
 2014年1月に、OM-D E-M1+Zuiko ED12-40mm F2.8PROレンズで撮影した福島の雪景色と妻の写真からです。

So-net blogの画像認証ですが、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントはblogの名前からです。






Sponsored Links









nice!(46)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 46

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました