So-net無料ブログ作成
検索選択

11月25日から11月27日まで京都に行ってきました番外編。DSC-RX100M5で撮る雨の日の京都から。 [DSC-RX100M5]

Sponsored Links




今日の東京の天気予報は、「晴れ」となっています。
そして、今日の東京の最高気温16度、最低気温は摂氏8度となっています。
大晦日まで=2016年最後まで、残すところ、26日となっています。←勝手にカウントダウン中
昨日も、それほどの雨にはならなかったようです。
いよいよ年末の最中に突入しそうな勢いかと思います。
そんな2016年12月06日火曜日です。
17920-1901-296851
17920-1901-296851
12月5日に、Olympus OM-D E-M1 Mark IIの発売日が、12月22日と発表されました。
下旬の連休前なので22日ではと予想さしていた通りでした。
カメラ本体を含めて、ほぼ全てのアクセサリー類も、この日に一斉に発売となるようです。
また、フォトパス会員向けに専用のメンテナンスパックが出ています。
3年目に、外装・内装のフル交換も含まれるので、最近の新車で流行の点検・車検パックのような制度でしょうか。
面白い試みだと思います。

さて、京都には、折角お借りしているので、Sony DSC-RX100M5を持って行きました。
順不同で、京都でのサブカメラとしてのRX100M5でのスナップから紹介します。
まずは、順番は逆になりますが、1日中雨となった11月27日の京都での最終日のスナップからです。
夜、怪我をして大騒動となりましたが、自分の不注意ですし、
GuestHouseの方には、非常に良くして頂きました。
ありがとうございました。

本日の肝心要の事項を記載していませんでしたので、追記します。
受け取りましたときより、DSC-RX100M5に対応したRAW現像ソフトが、まだないと言ってきましたが、
今週リリースされましたPhase One社のCapture One Pro 10(及び、for Sonyのソニー専用版)にて、
SonyのRX100M5がサポートされました。
それも、ライブビューと、テザリングでのリモート撮影にも対応しています。
嬉しいコトに、Olympusの発売直前のOM-D E-M1 Mark IIも対応になっています。

10.0 Camera Support
• Sony a99 M2 support
• Sony RX100M5 support
• Sony a6500 support
• Sony a3500 support
• Olympus E-M1 mkll Support

10.0 Lens Support
• Mamiya Sekor Fisheye ULD C 24mm 1:4
• Sony 70-200mm F2.8 G (SAL70200G)
• Sony FE 70-200mm F4 G OSS
• Sony E 18–200mm F3.5-6.3 OSS
• Sony E PZ 18-105mm F4 G OSS (SELP18105G)
• Sony E 55-210mm F4.5-6.3 OSS (SEL55210)
• Sony E 10-18mm F4 OSS (SEL1018)
• Sony E 20mm F2.8 (SEL20F28)
• Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70 mm F4 ZA OSS (SEL1670Z)
• Zeiss Sonnar T* FE 55 mm F1.8 ZA (SEL55F18Z)
• Sony DT 50mm F1.8 SAM (SAL50F18)
• Sony DT 35mm F1.8 SAM (SAL35F18)
• Sony DT 30mm F2.8 Macro SAM (SAL30M28)
• Sony 16mm F2.8 Fisheye (SAL16F28)
• Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm f/1.2 PRO
• Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm f/4 IS PRO
• Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm 1:4.0-5.6 R



スクリーンショット 2016-12-06 19.46.11.png
↑Capture One 10の起動画面。
ここから、Pro、Pro for Sony、Expres (for Sony)、DB版を選べます。
また、いきなり購入しなくても、30日間、フル機能が堪能できます。
スクリーンショット 2016-12-06 19.46.28.png

↑まずは、お試しで、30日間試用してみましよう。
スクリーンショット 2016-12-06 19.48.06.jpeg
↑まず先に、Adobe Lightroomのように、カタログに取り込みします。
スクリーンショット 2016-12-06 19.48.22.jpeg
取り込み後、まず、カメラ互換性の選択、色合いの選択、ホワイトバランス調整の画面で、調整します。
スクリーンショット 2016-12-06 19.48.58.jpeg
露出補正、ハイキー・ローキー調整、トーンカーブ調整、クラリティ(明瞭度に相当)で調整します。
あとは、出力するだけでも、大丈夫です。
他にも、レンズ補正や、傾き補正、キーストーン補正、部分補正など、いろいろな機能があります。
そして、出力すると
DSC01009_2048x1536_80%.jpg
↑これが出力。

それから、遅くなりましたが、こちらからダウンロードして使用できます。
今日は、ナチュラルにRAW現像しています。


まずは、今日のテーマは、RX100M5での京都スナップです。
そして、宿を出ると、雨の中での傘を差しての撮影からでした。
目についたのは、濡れた写り込みです。
ここでは、スーパースローなども試したのですが、それは、また後日紹介します。
そして、京都駅から、大覚寺・大沢池に移動して、何枚か撮っていきます。
傘を差した雨の中、メインのOM-D E-M1は、首からストラップで下げて居るので良いですが、
サブとなるRX100M5や、スーパーサブとなるiPhone7 Plusは、
撮影の度に、ポケットと手の間を行き来して、中々、忙しかったです。
そして、東寺へ行き、京都駅に戻り、クリスマスツリーを撮って、終了です。

今日の一枚
DSC00925_2048x1536_80%.jpg
『写り込み』
この一枚は、みんぽすさんからお借りしているSony DSC-RX100M5で撮影しています。

この撮影は、Phase One社のCapture One Pro 10.0を使用して現像しています。

※番号とタイトル・説明の表記が紛らわしいとの指摘がありましたので、写真の下にしています。
ここから、みんぽすさんからお借りしているSony DSC-RX100M5で撮影しています。
DSC00927_2048x1536_80%.jpg
1)↑大覚寺について
DSC00928_2048x1536_80%.jpg
2)↑
DSC00931_2048x1536_80%.jpg
3)↑広沢池
DSC00956_2048x1536_80%.jpg
4)↑紅葉
DSC00967_2048x1536_80%.jpg
5)↑小川の流れ
DSC00971_2048x1536_80%.jpg
6)↑
DSC00982_2048x1536_80%.jpg
7)↑傘に止まった落ち葉
DSC00985_2048x1536_80%.jpg
8)↑実は、こんな感じでした。
DSC00988_2048x1536_80%.jpg
9)↑東寺の五重塔
DSC01006_2048x1536_80%.jpg
10)↑そして、京都駅クリスマスツリーの写り込み



カバーページをまた変更しました。(曼珠沙華はもう過ぎましたので)
毎年紅葉の撮影に伺う新座の平林寺の紅葉2015からです。



11月23日、恒例の埼玉県新座市の平林寺紅葉撮影会2016でした。
11月25日、26日、27日と、京都へ行ってきました。
12月4日、藪田先生のFacial Expression 勉強会 vol.1に参加予定です
12月10日、フォトパスグランプリ感謝祭2016の予定です。
12月10日13時から、ふげん社で、土屋×新納 撮影会+講評会の撮影会です
12月11日、8:30 - 12:00、NOT Digitalの撮影会が、豊洲〜築地で行われるので参加予定です。
12月17日14時から、ふげん社で、土屋×新納トークショーの予定です。
12月18日、まるや組のクリパかと。
12月23日14時から、ふげん社で、土屋×新納 撮影会+講評会の講評会です。


カバーページをまた変更しました。(曼珠沙華はもう過ぎましたので)
少し早いですが、毎年紅葉の撮影に伺う新座の平林寺の紅葉2015からです。


近況ですが、(自分のPhotoshop講座を除いてですが)
10月は、ヨドバシカメラの大撮影会に行ったくらいで、あとは、練馬まつりくらいです。
そろそろ、紅葉というか、秋を撮影行きたいと思っています。


毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、三回忌(2年)経過しましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。

11月11日の妻の32回目の月命日の記事への沢山のアクセスと、コメントをありがとうございます。
8月11日で、29回目の月命日となりました。

2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。
2014年9月11日は、妻の6ヶ月目の「月命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編


みんぽすさんから、Sony DSC-RX100M5をお借りしました続きはお休み中です。

なお、11月23日の平林寺紅葉撮影会2016は、曇り空の中でしたが、無事に決行できました。
11月20日の日曜日は、予定通り新座の平林寺に行ってました速報です。




毎年、祝日の勤労感謝の日か、その前後の週末に、facebookで呼びかけて、平林寺紅葉撮影会を行っていますが、
今年も、 11月23日に行います。
もし、飛び入りでも、参加されたい方は、新座の平林寺総門の前に、9時の開門直前に待ち合わせしています。
1年遅れですが、今年の平林寺紅葉撮影会2016を行うので、2015年11月19日に平林寺紅葉撮影会2015で撮影してきた写真から、アップしてみます。 

10月最後の日である31日の朝方の陽光の中を浴びた都会の小さな秋のご紹介からです。
曇り空の10月30日に、桜丘公園のゆうひの丘へ行ってきた話です。
〇「10月30日、夕景を求めて、都立桜ヶ丘公園・ゆうひの丘に行ってきました。真ん丸の夕陽の姿を見ながら。その5」

一昨日のiPhone7 Plusの被写界深度エフェクトの記事には多くのご来訪をありがとうございます。
まだまだ、Depth Effectについては未知の部分が多いの話なので、今後とも、調査して記載したいと思います。


9月25日は、先行して公開しましたとおりに、埼玉県日高市高麗の巾着田に、曼珠沙華を撮影に行ってきました。
巾着田の後は、新宿のオリンパスプラザ東京のショールームに伺いました。

9月24日の午前中、写真家大野 朋美先生の写真教室から、お台場での人物撮影セミナーに参加してきました。
大野 朋美先生、モデルをして頂きました「大野ひろみ」さん、
ありがとうございました。
なお、大野ひろみさんはタレントさんですから、転載禁止、二次使用は厳禁です。
よろしくお願いいたします。

今日は、9月19日、兼本玲二先生のスタジオでの内輪の撮影会の話の続きはもう少しあるのですが、
すこし、お休みです。
兼本先生は、米国西海岸で長年撮影されてこられたプロ写真家ですが、そのスタジオでの撮影でした。

9月16日、PHaT PHOTO写真教室のイベントに行ってきました。

9月4日、品川のキャノンギャラリーSに行ってきました。

8月15日は、奥多摩で、高宮葵さんと気心の知れた内輪での渓谷での撮影でした。

大分間が空きましたが、8月11日の池の平湿原湿原での撮影会の続きです。
この日は、朝から雲海に囲まれて、また、間近に雲が立ち上る姿も見られました。

10月8日、朝早く出て健診後、新宿を抜けて、西新宿の街からオリンパスプラザのイベントに行ってきました。
フォト&ミュージックラウンジ feat.斎藤巧一郎 『Monologues while strolling』のイベントからです。

9月25日早朝に、埼玉県日高市高麗の巾着田にいって、丁度見頃の曼珠沙華を撮影してきた話からです。



10月2日は、としまえんで、ヨドバシカメラの大撮影会が無事に開催されました。

初の8月祝日である8月11日「山の日」に、ゴミゼロ倶楽部のオフ会で、信州池の平湿原へ行ってきました。

Canonユーザー専用の秘密兵器「風塵」を導入しました。
さらに、風塵に新型「Fujin(風塵) Mark Ⅱ」が発表されました。

レンズ型カメラの掃除機
※レンズ形で、いつでも何処でも簡単掃除!
※ファンの力で1秒間にカメラ内の空気を約3回入れ替えます。(Kiss X7iの場合)
※掃除中に、カメラ機能(センサークリーン・シャッター連写)を使用するとシャッター内部のチリ・ホコリを排出するのに効果的!
※PM2.5対応の住友3M製フィルター採用








久しぶりに、Amazonでお買い得品を見つけました。
高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パックです。
しかも、充電済、最小容量2400mmの約500回使用可能なモノです。
単4ならば、こちらです。
容量よりも充電可能回数優先ならば、こちらです。
個人的には、いままで、こちらの方を使用していました。

Panasonic eneloop pro 単3形充電池 8本パック ハイエンドモデル BK-3HCC/8

Panasonic eneloop pro 単3形充電池 8本パック ハイエンドモデル BK-3HCC/8

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: エレクトロニクス


コメント書きこみのPasswordをちょっと変えました。




nice!(47)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 47

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました