So-net無料ブログ作成
検索選択

3月11日は妻の3年目の命日です。贅沢紅ほっぺのショートケーキをお供えして。 [OM-D E-M1 Mark II]

Sponsored Links




今日の天気予報ですが、
東京は「晴れ」最高気温13度、最低気温は摂氏4度となっています。
今日も、最高気温は暖かくなってきましたが寒暖差が激しいですので、お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
妻が亡くなってちょうど満3年となりました。そんな2017年3月10日金曜日です。
桜の開花、そして、春の暖かさが待ち遠しい今日この頃です。
今年は、元旦の2201記事から続く連番となっています。

今日平成29年3月11日は、36回目の妻の月命日、そして3年目の命日です。
未だ1年、未だ2年と思っているうちに、遂に3年目となる2017年の3月となりました。

さて、3年目命日では、再び、定番のショートケーキ2種類としました。
この時期限定の「贅沢紅ほっぺのショート」と、通常の苺のショートケーキにしました。
上等の苺が3つ乗っている方が、「贅沢紅ほっぺのショート」です。

遂に、運命の日から3年経ちました。
東日本大震災からは6年経ちました。
膨大な亡失感は、3年の月日が薄れさせてくれました。
しかし、未だに、ふとした瞬間に、大きな亡失の思いが沸々と表れて、全てを薙ぎ払っていきます。
激高する感情が嵐のように現れて、ただ、呆然と、涙をぬぐうばかりです。

ただ、1年目が過ぎる頃に、多かったそんな状況も、大分少なくなってきました。
決して、忘れたいわけでなく、かといって、激高した亡失の思いとそのまま同居て暮らすには、自分は弱い存在です。
全ては、時の彼方に、徐々に押しやられていくという気がしています。
平成29年3月11日(土)
Kiyo

1月29日、1月30日と、北陸に行ってきました。
今日も、1月29日の早朝の金沢、早朝の尾山神社の続きからです。
尾山神社の見所は、綺麗な境内と庭園、そして、東神門、正面のステンドグラスの神門、その手前の階段です。
正面の階段の横に、路地への入り口があって、入って直ぐに、蒸しパン専門のワナナベヤ!さんがあります。
ワナナベヤ!さんでは、何個か、美味しそうな蒸しパンを頂いて、写真を撮る許可を頂いて撮らせて頂きました。
その先の路地の様子が面白そうでしたので、街撮りスナップらしい撮影をしてみました。

今日の一枚は、
E3107046_CameraRAW_2048_signed.jpg
『妻の36ヶ月目の月命日=3年目の命日』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。

JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.9での現像も混在しています。
E3107045_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑3年目の命日に
E3107056_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑ついでに買ってみたクッキー詰め合わせ。
E3107050_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑
E3107055_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑蝋燭
E3107059_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑苺のショートケーキと、「贅沢紅ほっぺのショート」
E3107058_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑右が、ちょっと豪華な「贅沢紅ほっぺのショート」



カバーページをまた変更しました。
京橋エドグランでの一枚からです。


コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。

平成29年2月11日は、35回目の妻の月命日の記事にたくさんのアクセスとnice、コメントをありがとうございます。

2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編


2月23日から開催されていた、写真業界の祭典「CP+2017」が無事に終了しました。


さて、江戸東京たてもの園での撮影の続きです。
(。・_・。)2kさん、yokoteeさんと一緒に撮り歩いていました。

参加する写真展「第9回ゴミゼロ倶楽部写真展」ですが、無事に終了しました。

1月21日の夜、渋谷駅から、宮益坂を通って、青学手前のライブハウスに行ってきました。

1月9日の成人の日、夕陽を見ようと湘南(鎌倉)の海に行こうと思い立ちました。

RX100M5での京都撮影はお休みして、Olympus OM-D E-M1での京都撮影の追加編です。

さて、京都には、折角お借りしているので、Sony DSC-RX100M5を持って行きました。

さて、京都には、折角お借りしているので、Sony DSC-RX100M5を持って行きました。


Amazonでお買い得品を見つけました。
高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パックです。
しかも、充電済、最小容量2400mmの約500回使用可能なモノです。
単4ならば、こちらです。
容量よりも充電可能回数優先ならば、こちらです。
個人的には、最近は、eneloopから、充電式EVOLTAを使用しています。

パナソニック 充電式EVOLTA 単3形充電池 4本パック 大容量モデル BK-3HLD/4B

パナソニック 充電式EVOLTA 単3形充電池 4本パック 大容量モデル BK-3HLD/4B

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: エレクトロニクス

または、その充電器セットです。

パナソニック 充電式EVOLTA 急速充電器セット 単3形充電池 4本付き 大容量モデル K-KJ55HLD40

パナソニック 充電式EVOLTA 急速充電器セット 単3形充電池 4本付き 大容量モデル K-KJ55HLD40

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(101)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 101

コメント 6

(。・_・。)2k

3年ですかぁ
早いですね、、、

by (。・_・。)2k (2017-03-11 02:16) 

aru

奥様が「贅沢紅ほっぺのショートケーキ」召し上がっていることでしょう。
by aru (2017-03-11 03:15) 

ちょいのり

画面の向こうですが手を合わせたいと思います。
きっといつも傍にいらっしゃるかと^^
by ちょいのり (2017-03-11 04:36) 

snow

kiyoさん 心中察するものがあります。
私は自らのヘマで離婚して3年になります。
今は愛する家族と離れて暮らしてます。

”膨大な亡失感は、3年の月日が薄れさせてくれました。
しかし、未だに、ふとした瞬間に、大きな亡失の思いが沸々と表れて、全てを薙ぎ払っていきます。
激高する感情が嵐のように現れて、ただ、呆然と、涙をぬぐうばかりです。”

私も全く同感なんです。
しかし私の愛する家族は元気に暮らしております。
kiyoさんの辛さに比べたらどうってことないですよね。

きっとこの先も
Kiyoさんの辛さがゼロになる日は訪れないでしょうが、
別の幸せな瞬間がひとつでも多くくることを願うばかりです。
kiyoさんの幸福が奥様への一番の供養になると思うからです。

私は若くして妹(享年33)を癌で亡くしたときに感じたことです。
by snow (2017-03-11 07:53) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

もう3年も経つんですね。
月日が流れるのが早いですね。
今月18日に、義母の3回忌と義父の49日です。
熊谷に供養に行きます。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-03-11 13:54) 

kiyo

(。・_・。)2k さん、
はい、あっという間の3年でした。

aru さん、
はい、きっとそうだと思います
紅ほっぺ、思ったより酸っぱいよと言っていそうです。

ちょいのり さん
いつも、ありがとうございます。。
そうですね、きっとそうだと願っています。

snowさん、
コメントをありがとうございます。
近親者をなくすということは、大きな負担になると思います。
生き別れも辛いと思います。
死に別れも辛いと思います。
そこに、大きな差はないと思います。

妹さんをなくされたのも、大きな喪失だと思います。
お辛いことかと思います。

なんだかなぁ〜!! 横 濱男 さん、
コメントをありがとうございます。
はい、もう3年経っちゃいました。
歳を取ると共に、別れが多くなりますね。
18日にご供養されるのですね。
ご心中、お察し申し上げます
by kiyo (2017-03-12 11:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。