So-net無料ブログ作成

7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。空を見上げながら愛住町界隈を歩き回って。その5 [OM-D E-M1 Mark II]

Sponsored Links




今日の天気予報ですが、
東京の天気は「晴のち曇」最高気温34度、最低気温は摂氏25度となっています。
昨日は、夕方には晴れて、綺麗な西日の差した暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今日も、朝から雲が多いですが、雲越しの眩しい光に、暑くなりそうです。そんな2017年7月22日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。



皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。

近況ですが、昨日7月21日に、PHaT PHOTOでの師であるGod 神島 先生の講座に行ってきました。
京橋エドグランで開催されている京橋縁カレッジの写真好きな人のためへ
 連続講座 & photograph 「&空」
が開催されました。
気象予報士の菊池真以さんをゲストのお招きし「&空」の魅力をお二人が撮影した写真を拝見してきました。
菊池真以さんの書かれた書籍を購入して、サインもして頂きました。
ありがとうございます。
菊池真以さんは、本日22日と明日23日のNHK7時のニュースの中の気象予報にでられるそうです。
ご覧いただけると幸いです。

昨日の7月20日の記事には沢山のアクセスとnice、コメントをありがとうございます。




お知らせです。昨日21日より展示されるオリンパスのFotoPusのコミュ写真展に掲示されますので、
よろしくお願いいたします。
今回の募集要領は、募集テーマ「多彩な表情」に沿って応募された中から選ばれた200枚が、
オリンパスプラザ東京と、オリンパスプラザ大阪に展示されます。
お時間と機会がありましたらば、是非、ご一覧頂けると幸いです。
展示作品の結果発表
自分の作品は、4月下旬に訪れた沼田市の上発知のシダレザクラと星空の一枚です
オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール
2017年 7月21日(金)~ 26日(水) 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館
オリンパスギャラリー大阪、オープンフォトスペース
2017年 8月25日(金)~ 31日(木) 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで) 日曜・祝日 休館


7月15日、新宿御苑のJPS新入会展拝見後、四谷四丁目、愛住町、四谷3丁目とみてきましたの続きです。
四谷納涼踊り大会のあった「四谷ひろば」の隣に、愛住公園がありますが、
この辺り一帯は、段差のあるところが多く、階段の上り下りが多くなります。
それだけに、街中ですが、絵になる光景が多いです。
そんなコトを考えながら歩いていると、なんとも言えない、味わいのある商家を見つけました。
というか、目に飛び込んできました。
どう撮っても、絵になる家屋。
ぱっと見る限り、昭和の化石なのか、商店としては営業されていないようですが、住居としては機能しているようです。
住宅街にある、ごく普通の商店が経ち行かなくなるのは、決して良い状況とは思えません。
勝手な願いですが、どうか、できる限り持ち堪えて欲しいです。
そして、時々、空を見ると、真っ白く輝く雲が見えました。
こんな光景をいつまで見られるのか。

〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。空を見上げながら愛住町界隈を歩き回って。その5
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。四谷四丁目地区の納涼祭から、愛住町・四谷三丁目へ。その4
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。愛住町と四谷四丁目をグルグルと。その3
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。四谷四丁目交差点から愛住町へ。その2
今日の一枚は、
E7157148_CameraRAW_2048_signed.jpg
『光る雲』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7157145_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑四谷ひろばの空
E7157146_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑愛住公園
E7157147_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑公園の入り口の段差から、階段が。
E7157149_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑1軒の商家が目に飛び込んできました。
E7157152_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑奧はアパートに繋がるようです
E7157154_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑
E7157155_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑
E7157163_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑階段
E7157164_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑夕暮れ時
E7157172_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑枯れツタなのか。


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。」
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。」5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(63)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 63

コメント 2

JUNKO

碁盤の目の街に暮らしていると坂のある光景に惹かれます。
by JUNKO (2017-07-22 18:44) 

kiyo

JUNKOさん、
コメントをありがとうございます。
京都とか、札幌、名古屋などの碁盤の目上の街に行くと、
楽で便利だと思います。
良くも悪しくも、武蔵野台地の東端の大地に立っているのが、
江戸→東京なので、海は埋め立てても、段差はそのままなので、
坂が多く、同じ町内に段差があるのが江戸で在り、それを受け継ぐ東京ですね。

長崎ほど、坂に面白味がないですし、見栄えのする大きな坂はないですが、小さな坂は数え切れないほど沢山ありますね。
by kiyo (2017-07-23 11:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました