So-net無料ブログ作成

4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。もう少し、江ノ島岩屋から、サムエル・コッキング苑へ。その5 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、

東京の天気は「晴」最高気温25度、最低気温は摂氏13度となっています。
連休後半ですが晴天が続きます。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
土曜日は天候が少し崩れるようですが、日曜日は回復するようです。そんな2017年5月5日金曜日です。
今年は、元旦の2201記事から続く連番となっています。


先日から、コメント欄を画像認証後、受付に変更しましたので、即コメント反映されます。


so-net blogの巨匠(。・_・。)2kさんと巡る春の湘南・江ノ島撮影会が無事に開催されました。


(。・_・。)2k さん、yokotee さん、aidesu さんには、途中助けられましたし、
最後の打ち上げでは、kinkin さんに行きつけのお店を紹介して頂き、たいへん助かりました。
参加の皆さん、ありがとうございました。



4月27日に休みが取れましたので、いろいろ支度して、深夜に沼田市の上発知の枝垂れ桜を撮影に行ってきました。
〇「4月28日、OM-D E-M1 Mark IIで発知・上発知の一本桜の速報。丑三つ時の上発知の暗闇は凍える寒さの星景の速報版。

今日も、4月30日の巨匠(。・_・。)2kさんと巡る春の湘南・江ノ島撮影会の続きです。
もう少し、江ノ島岩屋での第一岩屋と、第二岩屋の2つの洞窟での光景から、
もう少し、稚児ヶ淵(ちごがふち)の海岸の光景からをお届けします、
そして、江の島サムエル・コッキング苑での花の撮影からです。
江の島サムエル・コッキング苑では、江の島フラワーフェスタ2017が開催中です。
折角なので、江ノ島でのスナップ撮影のポイントを説明しておきます。
できるだけ、いろいろな場所、建物、器具、遊具、道沿いの設備・施設、面白そうなモノなどに目を配ります。
自然の光景にも目を見張ります。
そんな中から、光を探します。あるいは、光あるところの影を探します。
そして、被写界深度=メインの被写体のボケ具合・ボケ場所・背景のボケ・背景の鮮鋭度を想定します。

まあ、どのくらいの厚み=奥行きでメインの被写体をピントを合わせて写すかを決めます。
例えば、花に近寄って撮るとします。
3次元ですから、花には厚み=奥行きがあります。
ピント位置からボケない範囲を決めないと、例えば、絞り開放で撮ると、花弁や花心の一部しか移りません。
できれば、花の手前の花弁から、奧の花弁まではピントを合わせたいとします。
絞り開放だと、手前の花弁にしかピントが合わなければ、絞りを絞ります。
これは、花に近付けば近付くほど、ピントの合う範囲が狭くなるので、絞りをより絞る必要が出て来ます。
例えば、F2.8で、花の半分にしかピントが合わなければ、F4.0とか、F5.6に絞ります。
さらに絞っていくと、背景にもピントが合い始めます。
背景をボカしておきたければ、花が写るギリギリの絞り(上記の例だとF4.0とか、F5.6など)にしますし、
もう少し、背景を分かるようにしたければ、もっと絞って、F8とか、F11にします。

整理すると
レンズ先端から被写体のピント位置まで←ワーキングディスタンスと言います。
ピント位置手前のボケている範囲←前ボケ
ピント位置から、被写体のピントを合わせておきたい範囲←被写界深度となります。
ピント側なくなった(アウトフォーカス)した範囲←背景(後)ボケ
そこで、AFやマニュアルでピントリング(フォーカスリング)を決め、
絞りダイヤルで、絞り値を調整して=ピントの合う範囲=被写界深度を調整します。

〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。もう少し、江ノ島岩屋から、サムエル・コッキング苑へ。その5
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。江ノ島丼から、稚児ヶ淵の海岸と、江ノ島岩屋へ。その4
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。江ノ島縦断の奥津宮の先、魚見亭を目指して。その3
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。江ノ島縦断の道すがら。その2 」
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。巨匠(。・_・。)2kさんと巡る春の湘南・江ノ島撮影会。その1

今日の一枚は、
E4300805_CameraRAW_2048_signed.jpg
『光のある光景』江ノ島ビールのお店の入り口で。帰りのシーンでは光の範囲が広がっていました。
Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
今回は、お花の撮影で、Zuko ED50mm F2.0 Macroレンズを併用しています。

JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10(CC)での現像も混在しています。
ここから、OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズを使用しています。

E4300740_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑第一岩屋で
E4300743_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑第一岩屋の出口から見る海
E4300754_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑第一岩屋側を振り返って
E4300755_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑亀岩
E4300760_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑第二岩屋のヌシは、龍神さんでした。
E4300762_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑
E4300767_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑稚児ヶ淵の海岸から
E4300772_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑撮影中の(。・_・。)2k さん
E4300780_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑波間
E4300788_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑船が通ります。
E4300796_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑三毛猫でしょうか。
E4300802_CameraRAW_2048_signed.jpg
12)↑黒猫
E4300806_CameraRAW_2048_signed.jpg
13)↑江の島サムエル・コッキング苑前の通り
E4300807_CameraRAW_2048_signed.jpg
14)↑江の島サムエル・コッキング苑内に入って、フラワータワー
E4300808_CameraRAW_2048_signed.jpg
15)↑ネモフィラ

カバーページをまた変更しました。

京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。

4月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。

2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

4月23日の日曜日。開店したばかりで大人気のGinza SIX(ギンザ シックス)へ行ってきました。
もう、松坂屋銀座店閉店から4年近く経ちましたが、閉店前日の屋上から。
Olympus E-P5+17mm F1.8レンズ+VF-4で撮る。松坂屋の屋上遊園で時の流れを感じて。


3月4日の午前中、新宿3丁目の要通りから新宿散策からです。