So-net無料ブログ作成
検索選択

4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。もう少し、サムエル・コッキング苑での撮影から。その7 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、

東京の天気は「晴れ」最高気温28度、最低気温は摂氏12度となっています。
今日は晴れるようですが、火曜日・水曜日は天候が崩れるようです。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
ゴールデンウィーク明けで体調崩しやすいのでのご注意ください。そんな2017年5月8日月曜日です。
今年は、元旦の2201記事から続く連番となっています。


先日から、コメント欄を画像認証後、受付に変更しましたので、即コメント反映されます。


so-net blogの巨匠(。・_・。)2kさんと巡る春の湘南・江ノ島撮影会が無事に開催されました。


(。・_・。)2k さん、yokotee さん、aidesu さんには、途中助けられましたし、
最後の打ち上げでは、kinkin さんに行きつけのお店を紹介して頂き、たいへん助かりました。
参加の皆さん、ありがとうございました。


5月5日こどもの日、オリンパスのFotopusの花コミュ・虫コミュユーザの写真展を拝見に行ってきました。
第6回 赤塚植物園花コミュ&虫コミュ会 写真展「武蔵野の四季を紡ぐ」
〇「5月5日、OM-D E-M1 Mark IIで赤塚植物園。第6回 赤塚植物園花コミュ&虫コミュ会 写真展に行ってきました。その1

4月27日に休みが取れましたので、いろいろ支度して、深夜に沼田市の上発知の枝垂れ桜を撮影に行ってきました。
〇「4月28日、OM-D E-M1 Mark IIで発知・上発知の一本桜の速報。丑三つ時の上発知の暗闇は凍える寒さの星景の速報版。

今日も、4月30日の巨匠(。・_・。)2kさんと巡る春の湘南・江ノ島撮影会の続きです。
もう少し、、江の島サムエル・コッキング苑での花の撮影からです。
江の島サムエル・コッキング苑では、江の島フラワーフェスタ2017が開催中です。
昨日の続きですが、自分なりのお花の撮り方です。
先日も書きましたが、Kiyoは、お花の撮影が不得手です。
So-net blogには、自分よりも、お花の心・印象・心象を撮られている方は、多々おります。
そんな方もおられるのに、釈迦に説法鴨しれませんが、
お花の写真は、ポートレート撮影と同じだと思っています。
例えば、チューリップや、ネモフィラのように沢山の花が並んでいる群像のような撮影では、
人物で言えば、集合写真のような撮影です。
集合写真と同じように、全体の写りっぷり、全体の光の当たり具合、影がないか、見難い部分がないかに気を配ります。
特に、チューリップのように花びらの厚いお花は、逆光・透過光が通らないので、順光での光の当たりが良い位置を、360度回って探します。←光と、その当たり具合を探すことは、非常に重要です。
そして、お花を、数本だけピックアップしての撮影は、人物におけるポートレート撮影と同じです。
いずれの場合にしても、まず、私たちを撮って・撮って、私を撮ってという、
お花たちからの声なき声を聞くように努めます。
詰まるところ、綺麗なお花は、キズのあるお花より目につきますし、
綺麗な光線の当たっているお花は、日陰の花よりも、綺麗に見えます。
と言って、全身が光に溢れているお花は、白飛びし易く、影がないので、
ハイキーな撮影には適していますが、印象深い撮影には向かなかったりします。
また、お日様が天頂にある快晴の時は、コントラストの強い写真しか撮れないので、難しいです。
お花の撮影には、人物撮影でも、同じですが、光が回っている状態である、曇りや、薄曇りの時が適しています。
フワッとした表現を造るには、曇りのフラットな条件に、レフ板、オフカメラライティングなどで、光を造るが綺麗な結果を造りやすいと思います。←ヒトも、お花も同じです。
お花も、人物も、背景と、ボケ=ボカす・ボカさないが重要です。
背景を綺麗に見せるのか、逆に、背景をボカして見せないかの選択肢があります。
いくら、背景を見せるとしても、ごちゃごちゃし過ぎていたり、暗すぎたりすると印象が悪くなります。
スッキリして、少し明るい〜少し暗いくらいの背景がベストです。

また、背景を気にするあまり、あまりに印象深いモノがあると、メインの被写体を潰してしまうので、ダメです。
背景は、よい脇役であるべきところを、主役を食ってしまうと、どちらがメインか分からなくなります。
できれば、メインの被写体と共に、注目して貰えるサブキャストくらいであれば、よいです。
背景をボカす場合、ボケた色合いが、どんな色になり、どんな明るさ・暗さになって、それが、メインの被写体を引き立てるかです。

また、ポートレート特有ですが、人物や、お花が、回りとのコントラスト感の差異で、浮き上がって見える状況がありますので、この場合も、ピントの合った範囲の切れが良く、ピントが外れるに従って徐々に緩やかにボケが強くなっていく=ボケていくのが最上です。
この場合、コツは、逆光、背後から光が当たる、抜けの良い背景が望まれます。
この抜けの良いと言うのが、お花も含みますが背景をボカす撮影の重要な背景の要素です。
最後に、お花の撮影も、個性が重要です。
ご自分なりの撮り方を=ヒトと違う撮り方、感性、視点、アイデアを持ちたいと思います。
個性ではないですが、写真には、その一枚から類推させるストーリー性も、重要視されます。
その一枚ではだけではなく、その前後、あるいは、その延長上を思い浮かべられると素敵です。

〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。もう少し、サムエル・コッキング苑での撮影から。その7
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。サムエル・コッキング苑の花・華・ハナ。その6
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。もう少し、江ノ島岩屋から、サムエル・コッキング苑へ。その5
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。江ノ島丼から、稚児ヶ淵の海岸と、江ノ島岩屋へ。その4
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。江ノ島縦断の奥津宮の先、魚見亭を目指して。その3
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。江ノ島縦断の道すがら。その2 」
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。巨匠(。・_・。)2kさんと巡る春の湘南・江ノ島撮影会。その1

今日の一枚は、
E4300844_CameraRAW_2048_signed.jpg
『輪の中で』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Zuko ED50mm F2.0 Macroレンズ+MMF3で撮影しています。
今回は、お花の撮影で、Zuko ED50mm F2.0 Macroレンズを併用しています。

JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10(CC)での現像も混在しています。
ここから、OM-D E-M1 Mark II+Zuiko ED50mm F2.0 Macroレンズ+MMF3を使用しています。

E4300839_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑桃色なフクシア
E4300841_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑光と影と
E4300845_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑紅と黄
E4300846_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑ポートレートな一枚
E4300811_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑皆さんの人気者yokoteeさん
E4300849_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑練乳イチゴ
E4300850_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑ここは、撮る時に、撮影範囲(どこからどこまで写すか)に苦心しました。
E4300852_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑花トンネルのカップル。
E4300855_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑フクシアと、カラフルな背景と
E4300858_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑ネモフィラの咲く景色から

カバーページをまた変更しました。

京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。

4月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。

2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

4月23日の日曜日。開店したばかりで大人気のGinza SIX(ギンザ シックス)へ行ってきました。
もう、松坂屋銀座店閉店から4年近く経ちましたが、閉店前日の屋上から。
Olympus E-P5+17mm F1.8レンズ+VF-4で撮る。松坂屋の屋上遊園で時の流れを感じて。


3月4日の午前中、新宿3丁目の要通りから新宿散策からです。

nice!(107)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート