So-net無料ブログ作成

5月1日、OM-D E-M1 Mark IIで代官山。生越文明寫真展「Within 8 hours-限りあるなかで-」に行く。 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「雨のち晴」最高気温23度、最低気温は摂氏16度となっています。
今日は、雨から晴れに急変するようです。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
ゴールデンウィークが開けると、あっという間に5月も半ば。そんな2017年5月10日です。
今年は、元旦の2201記事から続く連番となっています。


先日から、コメント欄を画像認証後、受付に変更しましたので、即コメント反映されます。


5月1日、行かなければと、中々、行けていなかった友人であり、いつの間にか、プロ写真家となった
生越文明さんの寫真展「Within 8 hours-限りあるなかで-」を尋ねてきました。

場所は、代官山の賑やかな商店の建ちならぶ一角にあるSpace Kです。
この日、15時から、最終日を飾るクロージングのトークショーがあるというコトで、それに合わせて行ってきました。
もう少し早く行く予定だったのですが、憶えておられるかたもいると思いますが、丁度、13時ごろから、酷い天候となって、それを避けていたら、予定よりも少し遅くなりました。


生越さんは、天才肌でありながら、努力家の方で、順風満帆だった人生に突然突きつけられた難病と日々闘いながら、作家活動、写真家活動をされています。
タイトルとなるwithin 8 hoursは、文字通り、その時間内にしか行動できないことから来ています。
生越さんの難病は、腎臓の悪化から、とうとう、腹膜透析をもたらしてしまいました。
1日に、3回の透析を自宅でされていて、その関係で、その隙間でしか、外へ出ての行動が出来なくなっています。
それが、within 8 hoursの意味となっています。(命の8時間とも言えます。)
それでも、ご自宅から近い横浜近郊、特に、横浜山手洋館に、何度も、何度も、訪れて、素晴らしい作品を撮られています。


今回のspace Kさんでの写真展は、1月に開催されたオリンパスプラザクリエイティブウォールでの個展の続きとのコトで、楽しみにして行きましたが、想像通り、素晴らしい作品揃いでした。


生越さんのホームページは、こちらです。



5月5日こどもの日、オリンパスのFotopusの花コミュ・虫コミュユーザの写真展を拝見に行ってきました。
第6回 赤塚植物園花コミュ&虫コミュ会 写真展「武蔵野の四季を紡ぐ」
〇「5月5日、OM-D E-M1 Mark IIで赤塚植物園。第6回 赤塚植物園花コミュ&虫コミュ会 写真展に行ってきました。その1

4月27日に休みが取れましたので、いろいろ支度して、深夜に沼田市の上発知の枝垂れ桜を撮影に行ってきました。
〇「4月28日、OM-D E-M1 Mark IIで発知・上発知の一本桜の速報。丑三つ時の上発知の暗闇は凍える寒さの星景の速報版。

so-net blogの巨匠(。・_・。)2kさんと巡る春の湘南・江ノ島撮影会が無事に開催されました。
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。サムエル・コッキング苑から、江ノ島西浦漁港へ。その8
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。もう少し、サムエル・コッキング苑での撮影から。その7
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。サムエル・コッキング苑の花・華・ハナ。その6
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。もう少し、江ノ島岩屋から、サムエル・コッキング苑へ。その5
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。江ノ島丼から、稚児ヶ淵の海岸と、江ノ島岩屋へ。その4
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。江ノ島縦断の奥津宮の先、魚見亭を目指して。その3
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。江ノ島縦断の道すがら。その2 」
〇「4月30日、OM-D E-M1 Mark IIで江ノ島。巨匠(。・_・。)2kさんと巡る春の湘南・江ノ島撮影会。その1

今日の一枚は、
E5010910_2048x1536_signed.jpg
『生越文明さん』Space Kでの寫真展にて。ストラップは、サクラさんのSakura Sling
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
今回は、お花の撮影で、Zuko ED50mm F2.0 Macroレンズを併用しています。

JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10(CC)での現像も混在しています。
ここから、OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズを使用しています。

E5010906_2048x1536_signed.jpg
1)↑space K代官山の入り口で
E5010908_2048x1536_signed.jpg
2)↑DMを手に持って
E5010911_2048x1536_signed.jpg
3)↑記帳台は、色々置かれていました。
E5010912_2048x1536_signed.jpg
4)↑LPジャケット風
E5010914_2048x1536_signed.jpg
5)↑トークショー中の生越さん
E5010920_2048x1536_signed.jpg
6)↑外に出て
E5010926_2048x1536_signed.jpg
7)↑外に置かれた案内板
E5010928_2048x1536_signed.jpg
8)↑道に出て
E5010933_2048x1536_signed.jpg
9)↑写り込み
E5010935_2048x1536_signed.jpg
10)↑賑やかな代官山で

京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。

4月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。

2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

4月23日の日曜日。開店したばかりで大人気のGinza SIX(ギンザ シックス)へ行ってきました。
もう、松坂屋銀座店閉店から4年近く経ちましたが、閉店前日の屋上から。
Olympus E-P5+17mm F1.8レンズ+VF-4で撮る。松坂屋の屋上遊園で時の流れを感じて。


3月4日の午前中、新宿3丁目の要通りから新宿散策からです。