So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月 | 2017年07月 |- ブログトップ

7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。四谷四丁目地区の納涼祭から、愛住町・四谷三丁目へ。その4 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇のち晴」最高気温34度、最低気温は摂氏25度となっています。
昨日は、雲が多いながらも一日中暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今日も、曇のち晴ということで、夜に向かって一段と暑くなりそうです。そんな2017年7月20日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。



皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。

昨日の7月20日の記事には沢山のアクセスとnice、コメントをありがとうございます。




さて、お知らせです。
明日21日より展示されるオリンパスのFotoPusのコミュ写真展に掲示されますので、よろしくお願いいたします。
今回の募集要領は、募集テーマ「多彩な表情」に沿って応募された中から選ばれた200枚が、
オリンパスプラザ東京と、オリンパスプラザ大阪に展示されます。
お時間と機会がありましたらば、是非、ご一覧頂けると幸いです。
展示作品の結果発表
自分の作品は、4月下旬に訪れた沼田市の上発知のシダレザクラと星空の一枚です
オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール
2017年 7月21日(金)~ 26日(水) 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館
オリンパスギャラリー大阪、オープンフォトスペース
2017年 8月25日(金)~ 31日(木) 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで) 日曜・祝日 休館


7月15日、新宿御苑のJPS新入会展拝見後、四谷四丁目、愛住町、四谷3丁目とみてきましたの続きです。
ついでなので、人によっては(写真展の?)聖地であったルーニーさんが247だったころのビルの様子を見に行ってみました。まだ、解体されてませんでしたが、もう間近ですね。
Roonee 247 Fine Artsさん自体は、小伝馬町に移転されて益々、元気と伺っています。
247というのは、地番からなんだと思いますが、四谷三丁目よりに1つ通りを隔てて、246とな付いた美容室がありました。
たまたま通り掛かると、東京おもちゃ美術館の入っている旧四谷第四小学校だった「四谷ひろば」で、四谷納涼踊り大会が行われていました。

街撮りの時のポイントを書いてみます。
●目立つ被写体、建物、人、動き、自転車、バイク、クルマ、植物、花などを探す。
●光と影を探す。
●朝日、夕陽の斜光を探す。
●空を見上げる。
●空とのバランスの良い処を探す。
◎絵になる光景を思い浮かべる。
撮ってみる。→露出を変えて撮ってみる。→撮る位置、アングル、高さ、微妙な位置調整をして撮ってみる。
まあ、惹かれるモノを探して、考えながら、繰り返し撮ってみるですかね。

〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。四谷四丁目地区の納涼祭から、愛住町・四谷三丁目へ。その4
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。愛住町と四谷四丁目をグルグルと。その3
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。四谷四丁目交差点から愛住町へ。その2
今日の一枚は、
E7157116_CameraRAW_2048_signed.jpg
『新宿通り四谷四丁目東交差点にて』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7157102_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑今日の自転車
E7157107_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑ルーニーさんの入っていたビルの解体工事中
E7157112_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑ビルの上まで幕が掛かっています
E7157113_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑解体中のビルの前の通りはのどかです
E7157120_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑楽しそうな声が聞こえてきそうです
E7157123_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑夕陽と影
E7157125_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑まさに、路地でしょうか。
E7157126_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑道の先の方で、賑やかです。
E7157128_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑四谷三丁目、四谷四丁目、愛住町地域の納涼踊り大会でした。
E7157131_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑ビルの写り込み
E7157134_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑まだまだ、準備中なのか、踊りは始まっていません。
E7157136_CameraRAW_2048_signed.jpg
12)↑
E7157137_CameraRAW_2048_signed.jpg
13)↑空の雲が綺麗でした
E7157138_CameraRAW_2048_signed.jpg
14)↑入り口の反対側、現在地にいます。


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。」
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。」5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(57)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月20日(実際には7/19ですが)、GATE CITY OSAKI。La Maison ensoleille tableでhappy birthday [OM-D E-M1 Mark II]

今日は2401記事目です。朔日が、2400記事目でした。

すべからく、いつも、ご訪問頂く皆様のおかげです。

これからも、よろしくお願いします。


今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇時々晴」最高気温33度、最低気温は摂氏24度となっています。
梅雨時にもかかわらず、ろくに雨が降らなかった関東甲信越ですが、梅雨明けだそうです。
昨日は、雲が多いながらも一日中暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今日も、曇曇時々晴ということで、一段と暑くなりそうです。そんな2017年7月20日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。

7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。


皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。

7月19日の夜、1日早くですが、誕生日のお祝いをして頂きました。
ありがとうございます。
ベーカリーレストラン BAQETで、夕食を頂いてから、お隣のLa Maison ensoleille tableに移動して、
ケーキは、白桃のティラミスタルトでした。
もう一つは、マスクメロンとさくらんぼのタルトです。
BAQETで、パン食べ放題がなかなか、胃に応えて、ちょっと、美味しい苦しさでした。
また、1年、頑張ろうと思います。



さて、お知らせです。
明日21日より展示されるオリンパスのFotoPusのコミュ写真展に掲示されますので、よろしくお願いいたします。
今回の募集要領は、募集テーマ「多彩な表情」に沿って応募された中から選ばれた200枚が、
オリンパスプラザ東京と、オリンパスプラザ大阪に展示されます。
お時間と機会がありましたらば、是非、ご一覧頂けると幸いです。
展示作品の結果発表
自分の作品は、4月下旬に訪れた沼田市の上発知のシダレザクラと星空の一枚です
オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール
2017年 7月21日(金)~ 26日(水) 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館
オリンパスギャラリー大阪、オープンフォトスペース
2017年 8月25日(金)~ 31日(木) 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで) 日曜・祝日 休館


7月15日、新宿御苑のJPS新入会展を拝見してから、四谷四丁目、愛住町、四谷3丁目とみてきました。

〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。愛住町と四谷四丁目をグルグルと。その3
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。四谷四丁目交差点から愛住町へ。その2
今日の一枚は、
E7197881_CameraRAW_2048_signed.jpg
『Peach Tiramisu Tart』白桃のティラミスタルト
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7197878_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑
E7197879_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑
E7197880_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑白桃のティラミスタルト
E7197882_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑アップで
E7197886_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑マスクメロンとさくらんぼのタルト
E7197890_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑
E7197891_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑
E7197892_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑La Maison ensoleille tableにて
E7197895_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑外に出ると
E7197896_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑GATE CITY OSAKIにて


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。」
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。」5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
7月13日、途中駅の新宿の時点で、夕陽が綺麗でした。
〇「7月13日、OM-D E-M1 Mark IIで撮る夕陽。家路につくと、この日の落日の夕陽は素敵でした。
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(78)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。愛住町と四谷四丁目をグルグルと。その3 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇時々晴」最高気温33度、最低気温は摂氏23度となっています。
昨日は、日中、一時、暗くなって急な雨でしたが、その後日が差しました。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今日は、曇曇時々晴ということで、暑くなりそうです。そんな2017年7月19日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。

7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。


皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。


連休初日の7月15日の夕方、お世話になっている川上 卓也さんの出展しているJPS 2017年新入会員展「私の仕事」を訪ねて、新宿行円にあるアイデムフォトギャラリーシリウスに行ってきました。
本日最終日となりますので、お時間と機会がありましたらば、是非ご覧ください。
JPS 2017年新入会員展「私の仕事」
<東京展>
アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2017年7月13日(木)~7月19日(水)
10:00~18:00 最終日15:00まで(日曜・祝日休館)

四谷四丁目交差点を渡って、大井戸の碑をみてから、田安稲荷神社/鎮護稲荷神社を探しての続きです。
今日も、何気ない、その辺(四谷四丁目・愛住町界隈)の街中の光景が続きます。
別に、どうって言うコトのない光景です。

新宿通りは、30年ほど前に、時間をかけて、新宿通りの大拡幅工事をしました。
それまでは、今の新宿御苑前から新宿東口までの狭い新宿通や、大久保通りのような片道1車線の道幅が、
ズーッと、四谷駅まで続いていました。さらには、半蔵門まで同じだったと思います。

それが、お役所らしい何十年も掛けて、地道に片側が立ち退き、片側車線拡幅、もう片側車線整備、
そして、そのまま、新宿御苑側まで拡幅かと思ったら、四ッ谷トンネルが出来て、甲州街道に繋がりました。

結果的に、四ッ谷四丁目から、四谷駅までの新宿通の片側にあった家屋・商店は、全て立ち退いています。
残った反対側も、時の流れというか、道の反対側が真新しいビルが建ちならぶので、多くが建て直されて、
古いビルも、当時でも珍しい木造家屋がなくなり、小さな雑居ビルが達ならぶ、現在の光景になっていきました。
そのためもあって、新宿通沿いには、昔ながらのお店が殆どありません。
まあ、時の流れは、再開発を促すので、新宿御苑前の新宿通りでさえも、新しいビルだらけですが、
時々、時の流れをせき止めたような家屋があると、驚いて立ち止まります。
そんな一つが、昭友社書店だったのかと思います。

田安・鎮護 稲荷神社を求めて、四谷四丁目の中の路地をグルッとコの字に、歩いていました。
途中、黄色いお店に惹かれたり、夕陽の斜光を浴びたビルに見とれたする中、
旅館「長良川」の看板を見て、1周したことに気づきました。
そして、念願のお稲荷さんの前に立っていました。

〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。愛住町と四谷四丁目をグルグルと。その3
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。四谷四丁目交差点から愛住町へ。その2
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。JPS新入会員展に行って、川上さんにお会いして来ました。 素敵な写真でした。

7月13日、途中駅の新宿の時点で、夕陽が綺麗でした。
〇「7月13日、OM-D E-M1 Mark IIで撮る夕陽。家路につくと、この日の落日の夕陽は素敵でした。

さて、お知らせです。
オリンパスの写真投稿サイトFotoPusの企画するコミュ写真展に入選しました。
今回の募集要領は、募集テーマ「多彩な表情」に沿って応募された中から選ばれた200枚が、
オリンパスプラザ東京と、オリンパスプラザ大阪に展示されます。
お時間と機会がありましたらば、是非、ご一覧頂けると幸いです。
展示作品の結果発表
自分の作品は、4月下旬に訪れた沼田市の上発知のシダレザクラと星空の一枚です
オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール
2017年 7月21日(金)~ 26日(水) 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館
オリンパスギャラリー大阪、オープンフォトスペース
2017年 8月25日(金)~ 31日(木) 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで) 日曜・祝日 休館
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7157083_CameraRAW_2048_signed.jpg
『ブランコ』使う子供のいない寂しさでしょうか。
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7157085_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑少し大きな路に出ました。黄色いお店が気になります。
E7157088_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑振り返って、新宿通方向
E7157089_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑夕暮れの斜光が。
E7157090_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑路地の角地には、旅館「長良川旅館」さん。あれ、見たことのある?と。
E7157091_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑田安・鎮護 稲荷神社に辿り着きました。結果的にグルッと1周するしました。
E7157092_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑由来のプレート
E7157093_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑折角なので、お参りしました。
E7157097_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑先程の黄色いお店(ANNO)にて。
E7157099_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑再び、新宿通りにでました。
E7157101_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑四ッ谷トンネル方向(代々木のドコもタワーも見えます)を見て。暮れゆく大木戸方面


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。」
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。」5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(55)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。四谷四丁目交差点から愛住町へ。その2 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇のち雨」最高気温33度、最低気温は摂氏25度となっています。
昨日は、雲もありましたが晴れて暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今日は、曇りのち雨ということで、夕方前から雨になりそうです。そんな2017年7月18日です。
空梅雨続きで、纏まった雨が降らない首都圏は、そろそろ取水制限が出てくるようです。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。

7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。


皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。


連休初日の7月15日の夕方、お世話になっている川上 卓也さんの出展しているJPS 2017年新入会員展「私の仕事」を訪ねて、新宿行円にあるアイデムフォトギャラリーシリウスに行ってきました。
今年は、中堅どころ以上のかなり著名な写真家の方々が、新人としてJPSに入会されているので、
新入会展と言えども、なにやら、特選ばかり見せて頂いて居るような気分です。
お時間と機会がありましたらば、是非ご覧ください。
JPS 2017年新入会員展「私の仕事」
<東京展>
アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2017年7月13日(木)~7月19日(水)
10:00~18:00 最終日15:00まで(日曜・祝日休館)

新宿御苑の大木戸門では、雲が多かったですが暮れゆく空をみていました。
新宿区民センターの裏手では、面白い写り込みに惹かれました。←今日の一枚です。
写り込みによって、透けているように見えたからです。
四谷四丁目交差点を渡って、大井戸の碑をみてから、田安稲荷神社/鎮護稲荷神社の案内板をみたので、
立ち寄ってみました。
ただ、真っ直ぐ先の突き当たりにあったのですが、小さな公園の手前から、グルッと1周するして、
お稲荷さんの前まで、大回りしてしまいました。
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。四谷四丁目交差点から愛住町へ。その2
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。JPS新入会員展に行って、川上さんにお会いして来ました。 素敵な写真でした。

7月13日、途中駅の新宿の時点で、夕陽が綺麗でした。
〇「7月13日、OM-D E-M1 Mark IIで撮る夕陽。家路につくと、この日の落日の夕陽は素敵でした。

さて、お知らせです。
オリンパスの写真投稿サイトFotoPusの企画するコミュ写真展に入選しました。
今回の募集要領は、募集テーマ「多彩な表情」に沿って応募された中から選ばれた200枚が、
オリンパスプラザ東京と、オリンパスプラザ大阪に展示されます。
お時間と機会がありましたらば、是非、ご一覧頂けると幸いです。
展示作品の結果発表
自分の作品は、4月下旬に訪れた沼田市の上発知のシダレザクラと星空の一枚です
オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール
2017年 7月21日(金)~ 26日(水) 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館
オリンパスギャラリー大阪、オープンフォトスペース
2017年 8月25日(金)~ 31日(木) 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで) 日曜・祝日 休館
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7157047_CameraRAW_2048_signed.jpg
『写り込み』新宿区民センターにて
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7157032_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑新宿御苑前の通り
E7157039_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑新宿御苑の大木
E7157041_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑新宿御苑のガラス張りの温室と空と
E7157046_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑新宿区の自転車シェアリング
E7157050_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑四ッ谷トンネル
E7157053_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑新宿御苑駅方向を振り返って
E7157059_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑四谷三丁目・四谷方向を見る
E7157063_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑大木戸ビル
E7157066_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑新宿通り・甲州街道と外苑西通りの交差する標識
E7157071_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑四谷大木戸の碑
E7157072_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑内山亜希は気になりますが、ちょっと時間がなくて、次回にでも。
E7157076_CameraRAW_2048_signed.jpg
12)↑区民センターと大木戸ビル
E7157079_CameraRAW_2048_signed.jpg
13)↑ダイナミックな雲と
E7157080_CameraRAW_2048_signed.jpg
14)↑田安・鎮護 稲荷神社の案内板


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。」
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。」5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(48)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。JPS新入会員展に行って、川上さんにお会いして来ました。 素敵な写真でした。 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「晴れ」最高気温36度、最低気温は摂氏26度となっています。
昨日は、時々日差しの覗く曇りの暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
出かけている間には、不順な天候はなくて、幸いでした。
今朝は、晴れの予報ですが、朝は雨だったようで、雲も多いです。そんな2017年7月17日です。

今日は、アップロードが遅くなりまして、申し訳ありません。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。

7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。


皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。


連休初日の7月15日の夕方、お世話になっている川上 卓也さんの出展しているJPS 2017年新入会員展「私の仕事」を訪ねて、新宿行円にあるアイデムフォトギャラリーシリウスに行ってきました。
今年は、中堅どころ以上のかなり著名な写真家の方々が、新人としてJPSに入会されているので、
新入会展と言えども、なにやら、特選ばかり見せて頂いて居るような気分です。
お時間と機会がありましたらば、是非ご覧ください。
JPS 2017年新入会員展「私の仕事」
<東京展>
アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2017年7月13日(木)~7月19日(水)
10:00~18:00 最終日15:00まで(日曜・祝日休館)

そして、今日の写真は、JPS新入会員展の後、新宿御苑に行った時の帰りとしては、
いつもと逆方向に(新宿駅方向とは真逆=四谷三丁目、四ッ谷方向)へ向かいました。
新宿御苑の大木戸門で少し撮影した後は、新宿区の区民センター(昔の大木戸出張所です)の裏から、
四ッ谷トンネルの脇に出て、四ッ谷四丁目交差点に出ました。
言わずと知れた某アイドルが飛び降りた(サンミュージックのあった)大木戸ビルの前で、
あの日、あの時、当時、四谷三丁目の裏手の集合住宅に住んでいたのですが、
タクシーで四ッ谷四丁目交差点を通り掛かると、人だかりがして凄かったコトを思い出し、少し思いにふけります。
当時は1階に弁当屋が入っていたと思いますが、しばらくは、商売あがったりだったのではと思います。
そう言えば、4月の命日には、いまでもファンが後を絶たないそうですね。

全然別の話ですが、以前、この大木戸ビルの前にで、コザチルを連れて写真展巡りをしていた小澤太一さんにお会いしたことが思い出されました。
この後、長良川旅館の側のお稲荷さんを訪ねたり、ルーニーさんが247だったころのビルの様子をうかがいに行って、
丁度、この週末に行われていた四ッ谷四丁目、愛住町、四谷三丁目の地域の納涼祭を拝見したり、
愛住町から、四谷三丁目をあちこち見て歩いて、住んでいた頃からの30年の時の流れを感じました。
〇「7月15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿御苑から四谷三丁目へ。JPS新入会員展に行って、川上さんにお会いして来ました。 素敵な写真でした。

7月13日、途中駅の新宿の時点で、夕陽が綺麗でした。
〇「7月13日、OM-D E-M1 Mark IIで撮る夕陽。家路につくと、この日の落日の夕陽は素敵でした。

さて、お知らせです。
オリンパスの写真投稿サイトFotoPusの企画するコミュ写真展に入選しました。
今回の募集要領は、募集テーマ「多彩な表情」に沿って応募された中から選ばれた200枚が、
オリンパスプラザ東京と、オリンパスプラザ大阪に展示されます。
お時間と機会がありましたらば、是非、ご一覧頂けると幸いです。
展示作品の結果発表
自分の作品は、4月下旬に訪れた沼田市の上発知のシダレザクラと星空の一枚です
オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール
2017年 7月21日(金)~ 26日(水) 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館
オリンパスギャラリー大阪、オープンフォトスペース
2017年 8月25日(金)~ 31日(木) 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで) 日曜・祝日 休館

7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
何度か、暑い夏場を避けるように入退院を繰り返しましたが、
ある意味、夏が来れば思い出すのは、その妻の入院の思い出です。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。

7月8日、用事があって新宿御苑に行ってきました時の撮影からの続きです。
今日は、NEWoMan前から直ぐ側の東南口広場の雑踏をお届けします。
昨日も書きましたが、とにかく、行き交う人が多いのと、新宿近辺で一番エネルギッシュな雑踏を見せてくれます。
年齢層的には、若い目でしょうか、それでも、ご年配の方々も多いので、国内外の老若男女入り乱れてかもしれませんね。

〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。NEWoMan前から、東南口駅前広場の角で。その6
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。甲州街道沿いから、NEWoMan前の雑踏へ。その5
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿通りから、真昼の新宿の街角を歩く。その4
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。肉屋の正直な食堂でランチ、そして新宿通りの街角を歩く。その3
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7156996_CameraRAW_2048_signed.jpg
『川上 卓也さん』JPS 2017年新入会員展「私の仕事」にて
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7156981_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑御苑の駅を出て直ぐ
E7156984_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑遠目に、別れ際のお友達同士の仲の良さが伝わってきて、ジーンとしました。
E7156988_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑
E7156990_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑siriusに来ました。
E7156994_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑振り返ると
E7157001_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑
E7157011_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑御苑には、ドローンのdjiおのお店があります。多分、ハッセルブラッドはないと思います。
E7157013_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑素敵なお店
E7157014_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑白バイさんが、記録中みたいでした。
E7157015_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑新宿御苑の大木戸門をみて


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。NEWoMan前から、東南口駅前広場の角で。その6 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇り」最高気温35度、最低気温は摂氏25度となっています。
昨日も、よく晴れた灼熱の真夏日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝は、曇りのち雨の方ですが、ずーっと蒸し暑くて、夜遅くに雨となりそうです。そんな2017年7月16日です。
さらに、天候不順で、突発的な雨のあり得そうですので、お出かけの際は、雨雲お持ちください。

追記:16日の天気予報ですが、天気は「曇り」に替わり、「東京地方では、16日昼過ぎから16日夜遅くまで急な強い雨や落雷に注意してください。」と注意報が発令されています。
受け売りとなってしまいますが、突然の強雨と落雷にご注意ください。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。

7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。


皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。


連休初日の7月15日の夕方、お世話になっている川上 卓也さんの出展しているJPS 2017年新入会員展「私の仕事」を訪ねて、新宿行円にあるアイデムフォトギャラリーシリウスに行ってきました。
今年は、中堅どころ以上のかなり著名な写真家の方々が、新人としてJPSに入会されているので、
新入会展と言えども、なにやら、特選ばかり見せて頂いて居るような気分です。
お時間と機会がありましたらば、是非ご覧ください。
JPS 2017年新入会員展「私の仕事」
<東京展>
アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2017年7月13日(木)~7月19日(水)
10:00~18:00 最終日15:00まで(日曜・祝日休館)


7月13日、途中駅の新宿の時点で、夕陽が綺麗でした。
〇「7月13日、OM-D E-M1 Mark IIで撮る夕陽。家路につくと、この日の落日の夕陽は素敵でした。

さて、お知らせです。
オリンパスの写真投稿サイトFotoPusの企画するコミュ写真展に入選しました。
今回の募集要領は、募集テーマ「多彩な表情」に沿って応募された中から選ばれた200枚が、
オリンパスプラザ東京と、オリンパスプラザ大阪に展示されます。
お時間と機会がありましたらば、是非、ご一覧頂けると幸いです。
展示作品の結果発表
自分の作品は、4月下旬に訪れた沼田市の上発知のシダレザクラと星空の一枚です
オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール
2017年 7月21日(金)~ 26日(水) 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館
オリンパスギャラリー大阪、オープンフォトスペース
2017年 8月25日(金)~ 31日(木) 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで) 日曜・祝日 休館

7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
何度か、暑い夏場を避けるように入退院を繰り返しましたが、
ある意味、夏が来れば思い出すのは、その妻の入院の思い出です。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。

7月8日、用事があって新宿御苑に行ってきました時の撮影からの続きです。
今日は、NEWoMan前から直ぐ側の東南口広場の雑踏をお届けします。
昨日も書きましたが、とにかく、行き交う人が多いのと、新宿近辺で一番エネルギッシュな雑踏を見せてくれます。
年齢層的には、若い目でしょうか、それでも、ご年配の方々も多いので、国内外の老若男女入り乱れてかもしれませんね。

〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。NEWoMan前から、東南口駅前広場の角で。その6」
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。甲州街道沿いから、NEWoMan前の雑踏へ。その5
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿通りから、真昼の新宿の街角を歩く。その4
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。肉屋の正直な食堂でランチ、そして新宿通りの街角を歩く。その3
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7086947_CameraRAW_2048_signed.jpg
『お揃い』のお嬢さん達。双子でしょうかね。不思議です。
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7086931_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑NEWoMan前にて
E7086934_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑
E7086937_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑高架下
E7086938_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑巨大看板
E7086941_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑甲州街道方面へ
E7086942_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑東南口広場にて
E7086945_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑
E7086948_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑
E7086949_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑行き交う人々
E7086951_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑Green Peasの前
E7086952_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑上に上がって、新宿駅東南口前にて
E7086953_CameraRAW_2048_signed.jpg
12)↑南口前にて
E7086954_CameraRAW_2048_signed.jpg
13)↑横断待ち


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(60)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。甲州街道沿いから、NEWoMan前の雑踏へ。その5 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「晴」最高気温34度、最低気温は摂氏24度となっています。
昨日は、よく晴れて暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、晴れの予報で、灼熱の真夏日となりそうです。そんな2017年7月15日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。

7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。


皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。


7月13日、途中駅の新宿の時点で、夕陽が綺麗でした。
〇「7月13日、OM-D E-M1 Mark IIで撮る夕陽。家路につくと、この日の落日の夕陽は素敵でした。

さて、お知らせです。
オリンパスの写真投稿サイトFotoPusの企画するコミュ写真展に入選しました。
今回の募集要領は、募集テーマ「多彩な表情」に沿って応募された中から選ばれた200枚が、
オリンパスプラザ東京と、オリンパスプラザ大阪に展示されます。
お時間と機会がありましたらば、是非、ご一覧頂けると幸いです。
展示作品の結果発表
自分の作品は、4月下旬に訪れた沼田市の上発知のシダレザクラと星空の一枚です
オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール
2017年 7月21日(金)~ 26日(水) 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館
オリンパスギャラリー大阪、オープンフォトスペース
2017年 8月25日(金)~ 31日(木) 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで) 日曜・祝日 休館

7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
何度か、暑い夏場を避けるように入退院を繰り返しましたが、
ある意味、夏が来れば思い出すのは、その妻の入院の思い出です。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。

7月8日、用事があって新宿御苑に行ってきました時の撮影からの続きです。
新宿3丁目の交差点を、左に、明治通りから、甲州街道を新宿駅東南口方面に向かいます。
新宿駅東南口駅前広場は、人の行き交う雑踏感が好きです。
昔の新宿駅東口の持っていたような行き交う人のエネルギーを感じます。
もちろん、人の絶対量では、新宿駅西口地下とか、新宿駅東口・ライオン広場前も、多いのですが、
整理されすぎて、あらぬ方向に行こうとする人が殆ど居ません。
それに対して、東南口駅前広場は、甲州街道を潜って、高島屋方面に行く人、
階段やエスカレーターを使って、ルミネや新宿駅南口、西新宿方面に行く人、
新宿駅東口方向へ向かう人、新宿3丁目方面に向かう人、甲州街道方面に向かう人などが、
雑多にいて、人の向かう方向が予想がつきません。
面白いです。

〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。甲州街道沿いから、NEWoMan前の雑踏へ。その5」
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿通りから、真昼の新宿の街角を歩く。その4
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。肉屋の正直な食堂でランチ、そして新宿通りの街角を歩く。その3
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7086930_CameraRAW_2048_signed.jpg
『NEWoMan前で』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7086914_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑歩く。というか、駆けて行きましたね。一瞬のことで、MFでは撮るのが大変。
 もし、AFだったとしても、上手く撮れたか自信ないケースなので、僥倖です。
E7086915_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑ずーっと先のコクーンタワーに目が行きますね。
E7086916_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑何気ない惹かれる
E7086918_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑昔の三越新宿店新館。今の大塚家具新宿店の甲州街道側。
E7086919_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑新宿駅東口方向。
E7086920_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑屯する
E7086921_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑写り込みというか、真昼の幻のような。
E7086923_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑空き瓶
E7086929_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑真っ直ぐ先が、新宿通りの紀伊国屋書店方向、斜め左が新宿駅東口方向、右が甲州街道・明治通り方向です。
E7086931_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑ NEWoMan前の雑踏の中で


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(55)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月13日、OM-D E-M1 Mark IIで撮る夕陽。家路につくと、この日の落日の夕陽は素敵でした。 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇のち晴」最高気温34度、最低気温は摂氏26度となっています。
昨日は、曇りの予報ながらよく晴れて暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、曇りから晴れの予報で、最低気温が下がらず、さらに熱帯夜が続く夏日となりそうです。そんな2017年7月14日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。

7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。


皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。


7月13日、途中駅の新宿の時点で、夕陽が綺麗でした。
帰宅すると、地上からは、見事な落日の夕陽。
ここからが時間との勝負ですが、落日の斜め下から照りつける夕焼けは綺麗ですが、
もう沈んでいる日からの光ですので、あっという間になくなってしまいます。
急いで、部屋に荷物を置いて、カメラだけ持って、上の方へ行って、撮ったのが今日の写真です。
うーん、今一歩、間に合いませんでした。
素晴らしい夕日の残り香のような雰囲気です。

さて、お知らせです。
オリンパスの写真投稿サイトFotoPusの企画するコミュ写真展に入選しました。
今回の募集要領は、募集テーマ「多彩な表情」に沿って応募された中から選ばれた200枚が、
オリンパスプラザ東京と、オリンパスプラザ大阪に展示されます。
お時間と機会がありましたらば、是非、ご一覧頂けると幸いです。
展示作品の結果発表
自分の作品は、4月下旬に訪れた沼田市の上発知のシダレザクラと星空の一枚です
オリンパスギャラリー東京、クリエイティブウォール
2017年 7月21日(金)~ 26日(水) 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は15:00まで) 木曜・当社休業日休館
オリンパスギャラリー大阪、オープンフォトスペース
2017年 8月25日(金)~ 31日(木) 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は15:00まで) 日曜・祝日 休館

7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
何度か、暑い夏場を避けるように入退院を繰り返しましたが、
ある意味、夏が来れば思い出すのは、その妻の入院の思い出です。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。

7月8日、用事があって新宿御苑に行ってきました時の撮影からは一旦お休みです。
なお、日付が誤っていて、7月9日ではなく、7月8日でしたので訂正しました。
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿通りから、真昼の新宿の街角を歩く。その4
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。肉屋の正直な食堂でランチ、そして新宿通りの街角を歩く。その3
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7136978_CameraRAW_2048_signed.jpg
『光刺す夕陽の中で』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 Proレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 Proレンズで撮影しています。
E7136969_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑地上で見た時には、もっと多くの雲が茜色で照らされていました。
E7136972_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑あっという間に暮れていきます。
E7136973_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑まだ、普通の夕陽以上の見栄えです
E7136974_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑この雲一帯が紅く染まっていたかと思うと。
E7136975_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑まさに、夕日の残り香のような雰囲気
E7136977_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑
E7136979_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑富士山の方向は、雲だらけでした。


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(62)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿通りから、真昼の新宿の街角を歩く。その4 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇り」最高気温33度、最低気温は摂氏26度となっています。
昨日は、曇りの予報ながらよく晴れて暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、晴れていますが、最低気温が下がらず、熱帯夜が続く夏日となりそうです。そんな2017年7月13日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。

7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。


皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。


7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
何度か、暑い夏場を避けるように入退院を繰り返しましたが、
ある意味、夏が来れば思い出すのは、その妻の入院の思い出です。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。


7月8日、用事があって新宿御苑に行ってきました時の撮影からです。
新宿通の「肉屋の正直な食堂」さんでのランチから、
美味しいハンバーグの思いに包まれつつ、フワッとした気分で、新宿通を歩きます。
このところ、末廣亭に向かう通りを進んで、丁字路となる末廣通りを右か左に出るコトが多かったのですが、
今回は、新宿3丁目の交差点まで新宿通りを突き進みました。
ここで、明治通りが甲州街道に合流する流れに沿って、新宿駅南口方面に向かいます。
今回の写真のテーマは、撮っていたときのフワッとした感覚を再現するように、
ノスタルジックな雰囲気、クラシカルなフィルム風な雰囲気です。
若干のパステル調に、フワッとした雰囲気を醸し出すようにしています。

RAW現像的には、露出補正は明るめに、
霞の除去をマイナス15、明瞭度をマイナス16くらい
自然な彩度をマイナス5、彩度をマイナス14
そんな感じの現像です。
狙ったわけじゃないですが、結果的にデイトドリーム風の青緑がかっていますね。

〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿通りから、真昼の新宿の街角を歩く。その4
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。肉屋の正直な食堂でランチ、そして新宿通りの街角を歩く。その3


〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7086899_CameraRAW_2048_signed.jpg
『新宿通で』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7086898_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑真昼の思い
E7086900_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑遙か先に、代々木のdocomoタワー
E7086902_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑風にはためく
E7086903_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑バス停
E7086904_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑末広通は、表側から
E7086905_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑自転車
E7086908_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑新宿3丁目は、伊勢丹と丸井のある場所
E7086909_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑日陰待ち
E7086910_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑言わずと知れた伊勢丹本店
E7086911_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑新宿マルイワンの隣にひっそりとある穴場カフェ(beanus cafe0
E7086913_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑三菱銀行横通りというらしい。


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(63)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。肉屋の正直な食堂でランチ、そして新宿通りの街角を歩く。その3 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇り」最高気温34度、最低気温は摂氏25度となっています。
昨日は、よく晴れて暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、晴れていますが、曇りになりそうですが、それでも猛暑となりそうです。そんな2017年7月12日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。

皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。


昨日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
何度か、暑い夏場を避けるように入退院を繰り返しましたが、
ある意味、夏が来れば思い出すのは、その妻の入院の思い出です。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。


7月8日、用事があって新宿御苑に行ってきました時の撮影からです。
新宿通の惜しまれつつ1年前に閉店された昭友社書店さんの跡地を過ぎて、
新宿通を歩くと、最近ちまたで人気の「餃子の福包」の新宿御苑店が早くも行列の始まり中でした。開店前でしょうか。

いまや、都内各地にあって、人気なようです。
一瞬、餃子もいいかなと思いつつ、更に先に進むと、「肉屋の正直な食堂」さんを発見。
以前通り掛かって、気になっていたのです。
1人前ずつのガラス蓋をされた小鍋(小フライパン?)を席前のテーブルに作り付けのIHで個別調理するスタイルです。
ハンバーグの例ですが、
砂時計の3分計が落ちると、裏面にひっくり返して、肉が焼け・野菜が蒸し上がったら完成です。
途中で、生でも食べられる生卵(生はすき焼き用でしょうか)をハンバーグにかけて、目玉焼きにしました。
さぁ、出来上がりのお味は、絶品でした。
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。肉屋の正直な食堂でランチ、そして新宿通りの街角を歩く。その3


〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7086874_CameraRAW_2048_signed.jpg
『新宿通で』ちょうど、餃子の福包の手前で
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7086875_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑
E7086877_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑新宿通を更に歩きます。
E7086878_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑ファミマで、観葉植物?が108円???
E7086880_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑着物屋さん
E7086881_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑なにか、飾り気のない店名に惹かれました
E7086882_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑店内で
E7086883_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑写り込み
E7086884_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑個々のカウンターデーブルに、IHが仕込んであります。
E7086885_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑焼き始め。
E7086888_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑そろそろ
E7086890_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑ほぼ出来上がりは湯気も立って
E7086893_CameraRAW_2048_signed.jpg
12)↑デミグラソースをかけて完成。
E7086896_CameraRAW_2048_signed.jpg
13)↑店頭で
E7086897_CameraRAW_2048_signed.jpg
14)↑外に出て。


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(57)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「晴」最高気温34度、最低気温は摂氏24度となっています。
昨日は、よく晴れて暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、連日の晴れた猛暑の夏日となりそうです。そんな2017年7月11日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。

皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。


2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
もう、3年半近くなってきました。
7月と言えば、梅雨の終わりと初夏の晴れ間、そして、暑く続く夏の始まりです。
夏生まれの妻でしたが、夏はとても弱くて、まあ、本人曰く「暑さ寒さ湿気乾燥日光過敏症に注意」で、
桐の箱にでもしまっておくのが良さそうですが、
元気があれば、夏でも、日傘を差してどこにでも出かけようとしていましたが、
晩年は、体力がなければ、検査入院をして、そのまま数ヶ月入院する年が多かったです。
ELS(全身性エリテマトーデス)の治療で、多量のステロイド剤の投与の影響によって蝕まれた身体は、
主に腎臓、関節の摩耗、骨粗しょう症、目などにきていました。
それでも、文字通り、心機一転、10年前の夏場、母からの腎臓提供があって、移植の為の入院をしました。
7月の下旬から入院して、8月の末に手術、順調に回復すれば、9月中には退院でしたが、
手術は大手術となって、手術終了後意識はなかなか回復せず、待つ身としても生きた心地がしない状況で、
一時は大変心配しましたが、なんとか意識を取り戻し、入院の2人部屋に戻りました。
ただ、術後の体調も中々回復せずに、11月に退院したかと思います。

それからも、何度か、入退院を繰り返しましたが、この10年前の入院時のコトが一番思い出されます。
ある意味、夏が来れば思い出すのは、妻の入院の思い出です。


7月8日、用事があって新宿御苑に行ってきました時の撮影からです。


〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7106955_CameraRAW_2048_signed.jpg
『妻の40ヶ月目の月命日』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7106956_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑今回のお供えは、新宿TAKANOの初夏のスイーツから
E7106957_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑お線香
E7106959_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑蝋燭の光
E7106960_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑新宿TAKANOのイチゴのTRIFLE
E7106964_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑フルーツシュークリーム
E7106968_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑少し引いて全体像


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(60)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の小径を抜けて新宿通りの街角で。 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「晴」最高気温34度、最低気温は摂氏23度となっています。
昨日は、よく晴れて暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、連日の晴れた猛暑の夏日となりそうです。そんな2017年7月10日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。
皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。

7月9日、用事があって新宿御苑に行ってきました。
公園の噴水に魅せられた後、小路を抜けながら、新宿通に出ました。
ほんの僅かの距離ですが、新しく整備されている花園通り沿いと、路地先の光景の違いにハッとし、
新宿通りに出ると、さらに、見慣れた古本屋さんが退去していて、テナント募集の文字が悲しく見えてきます。
大正15年築の建物に、昭友社書店は昭和13年から営業されていたらしい。
今はなき昭友社書店が閉店したのが、ほぼ1年前の2016年7月2日です。
新宿御苑を代表する古書店であり、ある意味、新宿の古書店の生き字引のような書店でした。
ここでは、忘れた頃に思い出したかのような古書がでていることがあり、運良く見つかれば、気分も高揚したモノです。
自分など比較に何らないほど、多くの思い出をお持ちの方も多々おられると思います。

今は、皇居半蔵門前から、四ッ谷、四谷三丁目から四ッ谷4丁目先のトンネルで甲州街道ルートと、
そのまま、真っ直ぐ、新宿御苑から、新宿駅に向かうルートの2つが新宿通となっていますが、
四ッ谷4丁目先の荒木門から、伊勢丹手前の新宿追分(バルト9あたり)までは、昔ながらの2車線の道幅のままです。
それでも、再開発の波は大きく、道沿いの商店は、殆どが、何回も入れ替わっています。
そんな中、昔ながらの古書店の存在は、街角の化石でもあり、宝石のようでもありました。
時間的に昼時なので、「肉屋の正直な食堂」さんに入って、ハンバーグを焼いてきました。
今どきらしく大きなカウンターデーブルにココにセットされたIHで、鉄板の中の肉類を焼くスタイルです。
〇「7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。
今日の一枚は、
E7086869_CameraRAW_2048_signed.jpg
『昭友社書店さんの跡』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7086854_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑写り込み
E7086855_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑提灯を見て
E7086856_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑
E7086858_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑太宗寺江戸六地蔵の後から
E7086859_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑太宗寺江戸六地蔵
E7086860_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑角を曲がって
E7086865_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑新宿一丁目交差点で
E7086866_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑
E7086867_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑自転車
E7086870_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑昭友社書店跡で
E7086872_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑
E7086873_CameraRAW_2048_signed.jpg
12)↑ギリギリ寄って、マクロ的な一枚


カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。
コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(58)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月8日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新宿へ。新宿御苑の新宿公園で噴水に魅せられる。 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「晴」最高気温34度、最低気温は摂氏23度となっています。
昨日は、よく晴れて暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、連日の晴れに一段と猛暑の夏日となりそうです。そんな2017年7月9日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。。
皆様も、呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。

7月9日、用事があって新宿御苑に行ってきました。
そのおりに、小さな新宿公園に立ち寄りました。
偶々、人が少なくて、この小公園の目玉の噴水に囚われて、少し撮影してきました。
青空の下、ビルに囲まれた新宿の小さなオアシスの水場。
高々と吹き上がる水の柱に、燦々と降り注ぐ光。
絞りが開放型ですと、シャッタースピードは、1/8000では足りなくなります。
幸いOM-Dシリーズは、E-M5 Mark II以来、電子シャッターが装備され1/16000以上が可能となっています。
使用しているE-M1 Mark IIでは、下記の通り、1/32000までの電子シャッターが搭載されています。
OM-D E-M1 Mark IIのシャッター仕様一覧
[電子制御フォーカルプレーンシャッター] 
1/8000~60秒、ライブバルブ、ライブタイム、ライブコンポジット 
[電子先幕シャッター] 
1/320~60秒、 
[電子シャッター] 
1/32000~60秒
そこで、普段は、電子先幕シャッターを使用しているのですが、電子シャッターに切り替えて撮影します。
じゃあ、いつも電子シャッターで良いじゃないかというと、動体に対しての動体ブレ→動体変形が難しいです。
Sony α9は、この点でも、ブレークスルーしていて、ほぼ動体変形がない・少ないですが、
E-M1 Mark IIだと、目に見えての変形は少ないですが、細かく比較すると変形することが時々あります。
そこで、電子先幕シャッターを常用しています。
晴天時、1/16000どころか、1/25600とかで撮れると、明るすぎる為でのNDフィルターは必要ないですね。
但し、レンズとしてVoigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズを使用していて、
マニュアルフォーカスでピントを合わせるときに、1/8000を超える明るすぎる環境では、
EVFの表示が、コントラストが分かり難くく、ピントが合わせにくいです。
まるで、明るい環境でコントラストが少ない状況でピントが合わないAF位相差センサーになった気分です。
最後は、気分(これで合っているだろう→合わせているはず→ピントバッチリなはず)で合わせています。
そして、合っているだろうと、祈る気分ですね。
7月5日、やっと、小澤太一さんの写真展「COLORS - LAOS, DON DET」に行って来ました。
〇「7月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って銀座一丁目へ。暗渠となった京橋川と京橋を偲ぶ。
〇「7月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って銀座一丁目へ。小澤太一さんの写真展「COLORS - LAOS, DON DET」へ行ってきました


今日の一枚は、

E7086839_CameraRAW_2048_signed.jpg
『光る水飛沫』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
E7086832_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑
E7086834_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑吹き上がると、2mを越す高さになります。
E7086836_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑
E7086837_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑時々、小さくなります
E7086840_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑ビル中の噴水
E7086844_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑街灯
E7086846_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑滑り台
E7086847_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑路地
E7086848_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑落書き
E7086849_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑ひかりの葉
E7086850_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑影絵



カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(52)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って銀座一丁目へ。暗渠となった京橋川と京橋を偲ぶ。 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇のち晴」最高気温34度、最低気温は摂氏23度となっています。
昨日は、曇り時々晴れで暑い日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、一段と猛暑となりそうな夏日になるようです。そんな2017年7月8日です。

短時間に記録的な水害となった北九州の水害ですが、多大な災害となられましたことに哀悼の意を表します。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。。
呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。
7月5日、やっと、小澤太一さんの写真展「COLORS - LAOS, DON DET」に行って来ました。
富士フォトギャラリー銀座の場所は、京橋交番の直ぐ後ろ手の銀座ファーストビルの4Fです。
撮実の続きで、KOMEさんの記事に反応して、暗渠となった京橋川、京橋の現在の姿を撮り歩いて見てからです。
当時のKOMEさんのお写真から、京橋川の右側に、低層の建物、そして、その後の川沿いに不動産のビルが見え、
中央通りを挟んで、初代のテアトル銀座の姿が見えます。
写真を撮られたと思われる(現在の)ブラザーのビルの近辺を歩き回ってみましたが、
ブラザー自体も、当時の位置よりは、銀座寄りにズレている気がします。
また、京橋川の直ぐ上には、首都高層が位置するために、見渡しが悪くて、当時と同じポイントとはなりません。
KOMEさんの記事「old times photo (Tsujido, Kyobashi)」から。
なお、日本橋の高速を地下化して、日本橋の空を取り戻そうという運動があるのと同様に、
京橋の暗渠をなくして、往年の京橋川を取り戻そうという地元の運動があります。



今日の一枚は、

E7056809_CameraRAW_2048_signed.jpg
『隙間の先』ドーム型の建物が気になります。
Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko 25mm F1.8レンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko 25mm F1.8レンズで撮影しています。
E7056804_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑再録、京橋交番
E7056808_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑再録、現在地。有楽町・国際フォーラム、皇居側を上として。
E7056805_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑京橋の親柱
E7056806_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑写り込み
E7056807_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑昔のテアトル銀座→テアトル東京・ホテル西洋銀座等の跡地は、建設中です。
E7056810_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑首都高速の高架下を通る
E7056812_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑京橋川の暗渠=首都高速の脇道
E7056823_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑川向こうと同様に、有楽町に向かう方向。世界の山ちゃんがこの先にあったと思います。
E7056813_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑月が出ていました
E7056814_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑KOMEさんのお父さんの撮られたと思われる位置から。
E7056817_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑
E7056826_CameraRAW_2048_signed.jpg
12)↑京橋の高架下
E7056829_CameraRAW_2048_signed.jpg
13)↑京橋スクエアガーデンの前で



カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(73)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

7月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って銀座一丁目へ。小澤太一さんの写真展「COLORS - LAOS, DON DET」へ行ってきました [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇のち晴」最高気温31度、最低気温は摂氏22度となっています。
昨日は、九州はとんでもない状況で心配ですが、関東は曇り時々晴れでした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝は、晴れてきて真夏日になるようです。そんな2017年7月7日です。
7月7日の七夕の日ですが、珍しく夜も晴れて、星が望めるようです。
甚大な被害を九州にもたらして水害ですが、これ以上は被災はなく、復興されることを願っています。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。。
呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。
7月5日、やっと、小澤太一さんの写真展「COLORS - LAOS, DON DET」に行って来ました。
富士フォトギャラリー銀座
東京都中央区銀座1-2-4 サクセス銀座ファーストビル4F

本来は、ギャラリートークのある7月1日か2日に伺う予定でしたが、体調不良でどこにも行けませんでしたので、
この日になりました。
ラオス最南部に位置するDON DETという島に、なんども訪れた小澤太一さんの大小、色とりどりの作品が、
広大な富士フォトギャラリー銀座の4Fのスペースに立ち並びます。
7月6日が最終日で、14時まででした。
https://ameblo.jp/kozawataichi/
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/exhibition/1065362.html
http://capacamera.net/exhibition/pickup/170630_kozawa.html


富士フォトギャラリー銀座の場所は、京橋交番の直ぐ後ろ手の銀座ファーストビルの4Fです。
銀座一丁目と言っても、昔の京橋の橋の側、古の京橋川の直ぐ側に当たります。
少し前に、KOMEさんが、KOMEさんのお父さん撮影となる暗渠になる前、高速の出来る前の姿の写真を公開されています。
KOMEさんの記事「old times photo (Tsujido, Kyobashi)」から。
昔のブラザーの手前にあったお店の2階からというコトで、現在とは情景が異なりますが、
この辺からかなと、探してみました。
目印となるべき京橋の親柱(擬宝珠)は、高速の下で埋もれるように見えにくく、その先の、今は亡きテアトル銀座の跡地は、現在、鋭意建設中です。



今日の一枚は、

E7056789_CameraRAW_2048_signed.jpg
『小澤太一さん』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko 25mm F1.8レンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko 25mm F1.8レンズで撮影しています。
E7056786_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑
E7056791_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑
E7056792_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑
E7056794_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑
E7056795_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑
E7056798_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑タミーさん
E7056799_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑
E7056783_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑O社のKさん
E7056800_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑小澤太一さんの天敵こと、O社プロサポートのトンボ田中さん
E7056803_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑銀座一丁目交差点にて。三菱東京UFJ銀行側
E7056804_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑京橋交番
E7056808_CameraRAW_2048_signed.jpg
12)↑案内図。京橋川は暗渠になっています。



カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →

〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8

nice!(80)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「雨のち曇」最高気温27度、最低気温は摂氏22度となっています。
昨日は、朝は台風一過で晴れ間が覗きましたが、午後は一時大雨でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝は、雨模様で、気温も少し下がるようです。そんな2017年7月6日です。
いよいよ7月ですが、少しだけ雨模様が続きますが、空梅雨続きで、水不足が心配ですね。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。。
呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。
昨晩、やっと、小澤太一さんの写真展「COLORS - LAOS, DON DET」に行って来ました。
富士フォトギャラリー銀座
東京都中央区銀座1-2-4 サクセス銀座ファーストビル4F

本来は、ギャラリートークのある7月1日か2日に伺う予定でしたが、体調不良でどこにも行けませんでしたので、
この日になりました。
ラオス最南部に位置するDON DETという島に、なんども訪れた小澤太一さんの大小、色とりどりの作品が、
広大な富士フォトギャラリー銀座の4Fのスペースに立ち並びます。
本日7月6日が最終日で、14時までとなります。
行ける方は、是非、ご訪問ください。


さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。

今回は、阿蘇大橋からです。
正確には、阿蘇大橋のあった根本から見る、かつて阿蘇大橋のあった「なにもない空間」からです。
景観の良い橋は、立ち止まって眺めるスペースがあったり、有人橋部分があって歩いて渡れたりしますが、
多くの普通の交通用となる橋は、橋マニアでも無い限りは、ただ通り過ぎるだけです。
残念ながら、陸地の上に掛かる阿蘇大橋も、交通の便のために作られていて、特に記憶にないのですが、
交通の要所となっているので、なくなって、大きく迂回を強いられるため、重要性を再認識します。

被災した、阿蘇大橋の根本に行ってみると、崩落部のかなり手前からバリケードが築かれていて、
直ぐ先は、奈落の底となること、まさに、地に落ちたことが実感できます。
見渡す先には、元々、繋がっていた向こう岸が見えます。
そして、その間、阿蘇大橋があった巨大な「なにもない空間」が何かを語りかけてきます。
作るコトには多大な時間が掛かっても、なくなるのは一瞬であったのだろうと。
被災された方のコトを思い、手を合わせてきました。
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。その先に何もない阿蘇大橋。その20
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8




今日の一枚は、

E5142283_CameraRAW_2048_signed.jpg
『目の前にある光景』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
E5142270_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑移動中の窓越しに
E5142271_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑青空と雲
E5142274_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑大きなバリケード
E5142276_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑崩落部のかなり手前から、安全対策されています
E5142277_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑この左側写真が、山に向かって真っ直ぐだったのです。
E5142281_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑今となっては、のどかな観光マップまでが物悲しい。
E5142282_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑東海大学の学生さん達は、多くの方が被災していたと思います。
E5142284_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑タイヤの花壇?
E5142294_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑「なにもない空間」が心を打つ
E5142314_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑合掌



カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

nice!(62)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇」最高気温31度、最低気温は摂氏23度となっています。
昨日は、曇りから夜は、台風による激変の天気でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、台風一過とは行かず、曇りでと蒸し暑くなりそうです。そんな2017年7月5日です。
いよいよ7月ですが、少しだけ雨模様が続きますが、空梅雨続きで、水不足が心配ですね。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。。
呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。
昨晩、今晩と、二晩続けて、寝汗をかいて、やっと回復基調となりました。
JUNKOさん、REEさんと、カラーの撮影と、モノクロームの撮影についてお尋ね頂いています。
まず、使い分けは、基本は、カラーで撮りたいか?白黒で撮りたいか?の自分の好みです。
最近、モノクロームが多いのは、意識してモノクロームで撮ろうとしているからだと思います。
大まかには、色が映える、ハイキーが似合う、フワッとした被写体はカラーで撮っていると思います。
明暗が生える、ハイコントラストが似合う、光と影が気になる、カラーがじゃまになっているといったシーンは、モノクロームで撮っていると思います。

その場の光景によります。
カラーが似合うか?→カラー映えするか?→印象は良いか?→例えば、フワッと撮れるか?→ハイキーが似合うか?

 などから、カラーを決めます。
カラーが邪魔になっていないか?→白黒ならば、邪魔な色は消えるか?→但し、造形・コントラストは白黒向きか?

 などから、モノクロームを決めます。

撮る時から、カメラの設定で、カラーは、OlympusのNatural、白黒は、OlympusのアートフィルターのラフモノクロームIIを設定して、それに合うような構図等を考えながら撮っています。
必然的に、カラーを撮る時には、ハイキーやローコントラストや、背景の色に引きずられないように撮りますし、
白黒は、ハイコントラスト、粒子ありなラフモノクロームIIなので、それに合うように、
明暗のクッキリしていたり、ローキーや、光と影を意識して撮ります。
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。

さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。

今回は、もう少し、南国の楽園のような、みなみあそ村の寺坂水源からの続きです。
綺麗な水源と水の流れがあって、トンボがいて、時期なれば蛍がとぶような都会からすれば、天国のようなところです。
ただ、時期的に、まだ、虫の季節ではなかったのですが、夏場になれば、虫も多いと思います。
ただただ、いるだけで、景色を眺めるだけで、撮影して回るだけで、楽しかったです。
東京の喧噪の中や、京都の洗練された趣とは、真反対の懐かしい、日本の原風景かもしれませんね。
これといって、凄い景色、目に焼き付くような光景があったわけではないですが、また、行きたいと思いました。
柔らかい思い出。心に染みいる思い出。でしょうか。

ちょうど、お子さん達に、水源を見せたいと訪れていた素敵なご家族との出会いがありました。
そんなこともあって、見た景色以上に、温かい気持ちになれた素敵な場所となりました。
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少しだけ、みなみあそ村 寺坂水源から。その19
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8




今日の一枚は、

E5142157_CameraRAW_2048_signed.jpg
『紅一輪』紅→赤→オレンジの飽和ギリギリ
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Zuiko ED50mm F2.0 Macroレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Zuiko ED50mm F2.0 Macroレンズで撮影しています。
E5142187_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑水のある頃
E5142224_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑光あるところ
E5142226_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑
E5142227_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑橋で
E5142248_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑素敵なご家族
E5142249_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑耕す人
E5142255_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑水田
E5142261_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑たんぽぽ
E5142263_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑
E5142265_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑ワインディングロード
E5142262_CameraRAW_2048_signed.jpg
11)↑Sign board
E5142268_CameraRAW_2048_signed.jpg
12)↑いつかまた、見たい光景



カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

nice!(74)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇のち雨」最高気温33度、最低気温は摂氏25度となっています。
昨日は、曇りから晴れ間の光零れる日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、雨模様ですが、一段と蒸し暑くなりそうです。そんな2017年7月4日です。
いよいよ7月ですが、少しだけ雨模様が続きますが、空梅雨続きで、水不足が心配ですね。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。。
呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。

7月4日も、体調が回復せず、出社後、早退して、掛かり付けの医院に寄って帰宅しました。
週末から、なにも出来ず、予定したどこにも伺えず、じっとしています。

そろそろ、回復したいなぁ。
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。

さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。

今回は、みなみあそ村の寺坂水源からの続きです。
残念ながら、寺坂水源の当たりは運行していませんので、南阿蘇鉄道の列車の通る姿は見られませんが、
徒歩で直ぐとなっている「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅まで行ってみました。
駅周辺には、ヒトもいなくて、あちこち草ボウボウですが、いつかは、再開される日が来ると思います。
まず、そこに至る手前の光輝く水田に走るトラクターの動きに引き寄せられました。
寺坂水源の湧水のあたりでは、水が綺麗なためか、トンボが止まっていました。
この撮影の時点より、もう少し先、6月になれば、蛍もみられるそうです。

ここでは、最新のOM-D E-M1 Mark IIの2000万画素に、
一眼レフのE-1のころの銘レンズZuiko ED50mm F2.0Macroレンズを使用していますが、
多少AFは遅い(全群繰り出し式なので、一眼レフに付けた頃と遜色ないです)のですが、
Mark IIになってのAF大幅改善で正確無比なピント精度と相まって、解像感も最新レンズと遜色ないですね。
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。さらに、みなみあそ村 寺坂水源にて。その18
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8




今日の一枚は、

E5142208_CameraRAW_2048_signed.jpg
『ハートなつがい』2匹のトンボの交尾ですね。
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Zuiko ED50mm F2.0 Macroレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+Zuiko ED50mm F2.0 Macroレンズで撮影しています。
E5142167_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑
E5142170_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅
E5142173_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑人気のないホーム
E5142175_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑不通の南阿蘇鉄道は、草ボウボウです。
E5142179_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑橋の上
E5142203_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑この先にトンボがいました。
E5142217_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑光と影
E5142222_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑川と橋
E5142225_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑木漏れ日のイチョウ



カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

nice!(70)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇のち雨」最高気温35度、最低気温は摂氏23度となっています。
昨日は、小雨もありましたが曇りでした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、曇りから雨模様ですが、一段と蒸し暑くなりそうです。そんな2017年7月3日です。
いよいよ7月ですが、少しだけ雨模様が続きますが、空梅雨続きで、水不足が心配ですね。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。。
呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。

7月3日も、体調が回復せず、予定は全てキャンセルして、家でじっと、寝ていました。
夕方、都議会選挙にだけ投票に行ってきましたが、それだけで、くたくたでした。

そろそろ、回復したいなぁ。
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。

さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。

今回は、「道の駅 あそ望の郷くぎの」Cafe しもん さんから移動して、みなみあそ村の寺坂水源からです。
まず、そこに至る手前の光輝く水田に走るトラクターの動きに引き寄せられました。
寺坂水源は、玉泉山教寺のたもとの湧水で、お寺の御手洗場として知られ、熊本名水百選にも選ばれています。
ここは、トロッコ列車の通る南阿蘇鉄道の鉄道の直ぐ下にあるので、被災前であれば、鉄道やレールと供に、
湧水を見られる貴重な場所だったようです。
ただ、幸い湧水には影響がなかったですが、肝心の南阿蘇鉄道の交通が止まっている区間となっています。
寺坂水源からは、直ぐ近くにある「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅が未使用状態となっています。
因みに、「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげんえき)」は、日本一長い駅名らしいです。
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。みなみあそ村 寺坂水源から。その17
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8




今日の一枚は、

E5142231_CameraRAW_2048_signed.jpg
『光と影の狭間』イチョウの葉
Olympus OM-D E-M1 Mark II+Zuiko ED50mm F2.0 Macroレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
E5142100_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑水田の向こうから、徐々にトラクターがやってきます。

ここから、Zuiko ED50mm F2.0 Macroレンズで撮影しています。
E5142111_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑ほぼ、こちら端に来ました。
E5142118_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑転回するトラクター
E5142125_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑川
E5142129_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑光落ちる
E5142139_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑小川の小滝
E5142156_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑向こうの方に、寺坂水源が見えてきました。E5142159_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑寺坂水源のあたり。丁度、南阿蘇鉄道の陸橋の下です。
E5142162_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑
E5142163_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑南阿蘇鉄道のレールは、不通になって1年で草ボウボウでした。



カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

nice!(80)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「曇時々雨」最高気温32度、最低気温は摂氏23度となっています。
昨日は、雨降りからくもりになった日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝も、雨模様ですが、一段と蒸し暑くなりそうです。そんな2017年7月2日です。
いよいよ7月ですが、少しだけ雨模様が続きますが、空梅雨続きで、水不足が心配ですね。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。。
呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。

7月2日は、1日の日中から体調不良で、咳が続き、熱も微熱でしたが出て来たので、
いくつかの予定をキャンセルして、家にじっとしていましたが、咳止め飲んでも、なかなか咳が止まらないです。

今日は、回復したいなぁ。
5月13日から15日、熊本へ行ってきました話の5月14日からです。。

さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 池の川水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 寺坂水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。

今回は、池ノ川水源から移動して、Cafe しもん さんでの昼食からです。
Cafe しもん さんは、元々、立派な一軒家のCafeレストランだったそうで、
地元のFさんの行きつけだったとか。
被災されて、ちょうど、5月から、「道の駅 あそ望の郷くぎの」での仮設店舗で営業再開されたばかりでした。
その関係で、貸し切りのランチ中に、地元メディアの取材が入っていました。
その時の記事がこちらに出ていました。

昼食後、ご主人から、直にお伺いした被災時の様子、大事な(以前の)お店が再開不能だったこと。
無事だった食器類を運び出すにも、大変だったことなどを伺いました。
それにしても、被災から1年弱で、再開に漕ぎ着けられたのは素晴らしいです。
まだまだ、頑張って欲しいと思います。
(あそ望の郷くぎのは、熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字久石にある物産館・レストラン・パークゴルフ場・
 水車小屋・芝生広場・無料ドッグランなどからなる観光複合施設となります。)
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。道の駅 あそ望の郷くぎの Cafe しもん での昼食から。その16
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8




今日の一枚は、

E5142090_CameraRAW_2048_signed.jpg
『Cafe しもん ご主人』頑張って頂ければと願っています。
Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
E5142070_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑
E5142072_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑仮設店舗たち
E5142073_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑Cafe しもん さんの入り口を飾る大きな向日葵
E5142076_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑サラダ
E5142081_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑
E5142082_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑ご自慢のハヤシライス
E5142089_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑ハッシュドビーフがとても美味しかったです。
E5142092_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑Cafe しもん 入り口の反対側から
E5142093_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑バス停
E5142096_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑巨大な 阿蘇のあか牛 モニュメント



カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

nice!(69)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その15 [OM-D E-M1 Mark II]

今日の天気予報ですが、
東京の天気は「雨」最高気温30度、最低気温は摂氏24度となっています。
昨日は、ジメッとした曇りの日でした。お身体に気をつけて、風邪にご注意ください。
今朝は、雨模様ですが、蒸し暑くなりそうです。そんな2017年7月1日です。
いよいよ7月ですが、相変わらず、雨が少ない空梅雨ですが、水不足が心配ですね。
7月は誕生月(7/20)ですので、皆様、よろしくお願いいたします。。
呉々も、熱中症にはお気を付け下さい。

2017年も上半期が終わってしまいました。
訃報が多かった上半期だったと思います。
小説家でも、「帝国宇宙軍 1」が早川書房での初刊行、初巻にして絶巻となった佐藤大輔さんが亡くなっています。
多くの戦記物、架空戦記作品を残されています。

7月の楽しみは、7月20日から刊行される宇宙英雄ローダンシリーズのリスタート版ローダンNEOシリーズ。
舞台を2036年の近未来に設定し直した最近の映画に良くあるリスタート版です。
http://www.hayakawa-online.co.jp/new/2017-04-27-173913.html

今年の前半に購入した書籍のリスト化(2017年1月〜6月)。
自転する虚無 [ H・G・フランシス ]ローダン・シリーズ 537
勅命臨時大使、就任!(ハヤカワ文庫SF) [ マイク・シェパード ]
ヲタクに恋は難しい(3) [ ふじた ]
ソフロニア嬢、倫敦で恋に陥落する [ ゲイル・キャリガー ]
ポルレイターの秘密兵器 [ マリアンネ・シドウ ]ローダン・シリーズ 538
異変の《ソル》 [ デトレフ・G・ヴィンター ]ローダン・シリーズ 539
水鏡推理6 クロノスタシス [ 松岡 圭祐 ]
SFが読みたい!2017年版 [ S-Fマガジン編集部 ]
宇宙軍士官学校ー幕間(インターミッション)-- [ 鷹見 一幸 ]
終わりなき戦火 老人と宇宙6(ハヤカワ文庫SF) [ ジョン・スコルジー ]
自由民の基地 [ H・G・フランシス, ホルスト・ホフマン ]ローダン・シリーズ 540
虎の王者キサイマン [ H・G・エーヴェルス ]ローダン・シリーズ 541
カルデクの盾作戦 [ K・H・シェール ]ローダン・シリーズ 542
ソラナー狩り [ ホルスト・ホフマン ]ローダン・シリーズ 543

栄光の旗のもとに(ハヤカワ文庫SF) [ H・ポール・ホンジンガー ]
帝国宇宙軍 1 [ 佐藤 大輔 ]
黄金の粉塵人間 [ マリアンネ・シドウ ]ローダン・シリーズ 544
ダマシ×ダマシ (講談社ノベルス) [ 森 博嗣 ]
オリンパスOM-D E-M1 Mark 2 WORLD 速さだけじゃない、進化したフラッグシップ
暗黒の艦隊 駆逐艦〈ブルー・ジャケット〉 (ハヤカワ文庫SF) [ ジョシュア・ダルゼル ]
神のアンテナ (ハヤカワ文庫SF) [ H・G・フランシス ]ローダン・シリーズ 545
女王陛下の航宙艦 (ハヤカワ文庫SF) [ クリストファー・ナトール ]
ハイパー空間封鎖 (ハヤカワ文庫SF) [ H・G・エーヴェルス ]ローダン・シリーズ 546
試験惑星チェイラツ (ハヤカワ文庫SF) [ デトレフ・G・ヴィンター  ]ローダン・シリーズ 547

2015年9月以来の熊本での話です。

5月13日から15日、熊本へ行ってきました。
さて、2日目14日の地元のFさん案内のバスをチャーターしての熊本ツアーからです。
5/14の予定ですが、メインは南阿蘇鉄道 高森駅からのトロッコ列車です。
08:00 熊本市民会館前集合 → 熊本城車窓 → 震源近くの震度7となった益城町 車窓 →
          西原町セブンイレブン → 南阿蘇鉄道 高森駅 → 周辺撮影
11:30 高森駅(トロッコ列車乗車) → 11:42 阿蘇白河駅
11:42 阿蘇白河駅で「折り返しのトロッコ列車を撮影」 → 再びバスで → 寺坂水源(撮影) →
13:00ごろCafe しもんで昼食 → 池の川水源(撮影) → 塩井水源(撮影) → 阿蘇大橋崩落現場 →
阿蘇くまもと空港 → 熊本市内。

2014年3月8日から3月10日、妻と共に訪れた熊本・阿蘇の地は、奇しくも妻との大事な思い出の地となりました。
その熊本が大地震に被災して1年、まだまだ爪痕が残る被災地と復興していく姿を訪ねるツアーでもあります。
今回は、南阿蘇鉄道トロッコ列車から、阿蘇白河駅でのトロッコ列車の撮影からです。

今回は、もう少し、阿蘇白河駅と、移動して池ノ川水源からです。
最初に訪れたのは、池ノ川水源という阿蘇白河駅から直ぐにあるところです。
ココでは、水回りだけでなく、川のトンボを、参加の皆さんで夢中になって撮っていました。
ひとえに、前日のトンボ田中さんのギャラリートークのお陰だと思います。
その中で、どうしてトンボを撮るようになったかと、さも簡単そうにトンボの撮り方を説明頂きました。
ただ、こういった動きモノを撮る説明は、撮られている方は、簡単に言われますが、
初心者は、とても、大変です。普通は撮る前に、近寄るとトンボが逃げて行っちゃいます。
ところが、意外に、逃げていかない近づき方があるのでした。それの実践編ですね。
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。池の川水源と川のトンボから。その65
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。阿蘇白河駅での撮影から。その14
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道の阿蘇白河駅から。その13
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道のトロッコ列車の車窓から。その12
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道トロッコ列車の旅。その11
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。もう少し、南阿蘇鉄道 高森駅とトロッコ列車から。その10
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。南阿蘇鉄道 高森駅とその周辺で。その9
〇「5月13日から15日、OM-D E-M1 Mark IIを持って熊本へ。被災から復興していく姿を訪ねて。その8




今日の一枚は、

E5142057_2048x1536_signed.jpg
『小川の岸辺のカワトンボ』
Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 9.10.160(CC)での現像も混在しています。
ここから、Olympus OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
E5141991_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑地面に止まっている
E5142025_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑
E5142028_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑飛んでいるところが撮れたのはこの一枚ですが、ピントが合いきっていないですね。
E5142031_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑
E5142051_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑草陰から
E5142053_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑参加の皆さんも、地面に伏せて川岸のトンボ撮り。
E5142058_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑水が綺麗です
E5142063_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑同行のTさんの靴に
E5142068_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑川面の玉ボケと



カバー写真は京橋エドグランでの一枚からです。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。
5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

nice!(93)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2017年06月 |2017年07月 |- ブログトップ