So-net無料ブログ作成
検索選択
E-P3 & 5D Mark II ブログトップ

135mm F2Lレンズで撮ったモミジ寺の緑のモミジのRAW現像版。それから、ヴィータイタリアで、何かの撮影を見かけました。 [E-P3 & 5D Mark II]

今日は、緑のモミジの再作成した写真を再掲します。
Canon Digital Photo Professional(DPP)で、調整をしてからJPEG化した写真となります
下記でアップした写真のいくつかのRAWファイルを、DPPで追い込んでJPEG化したものです。
いったん、5616x3744サイズに出力してから、OSX 10.7.2 Lion付属のPreviewアプリケーションで、
リサイズして、シャープネスを調整して出力したファイルになります。


EOS 5D Mark IIは、カメラ出力JPEGの解像感がないと言われています。
実際、カメラ出力JPEGは、そのまま印刷するには、あまい(緩い)解像感で出力されていると思います。
RAW現像からの出力とは、段違いです。

そこで、前々日の「135mm F2Lレンズで撮る。朝の駅前広場に幸せそうに行き交うヒト達をみると、晴天に感謝する気持ちで一杯になります。」では、DPPで、RAWファイルからJPEG化した写真をアップしていました。
その時に、同時に、モミジ寺での撮影した写真も、RAWファイルからJPEG化しておいたのです。

前回の、モミジ寺でのカメラ撮って出しJPEGと比較して、如何でしょうか?

さて、またまた、お昼休みに、ヴィータイタリア(汐留イタリア街)に訪れました。
すると、広場の一角に、放置してあるキャリアーとバッグがあります。
そこには、マリン関係の雑誌と、新聞が束ねられていました。
なにか、映画の小道具のようですが、どこにも、持ち主らしきヒトがいません。
少し離れた方に、撮影スタッフらしき一群がいます。
俳優さんも混ざっているのかもしれませんが、オフィス街向けのスタイルをしているようなので、
わかりません。

その後、食事をして戻ってくると、雑貨屋さんの前で、なにやら、撮影をしています。
しかも、男優さんらしきヒトの腕には、先程のキャリアーがあります。
やっぱり、小道具だったようです。

機材は、Canon EOS 5D Mark II+EF135mm F2L USMレンズと、
機材は、Olympus E-P3+M.Zuiko 45mm F1.8 Macroレンズです。
1)門が、まるで、スクリーンのようです。
IMG_3802_1280x853.jpg
2)一枚だけ、紅色。
IMG_3803_1280x853.jpg
3)
IMG_3807_1280x853.jpg
4)玉ボケに緑の楓と。
IMG_3810_1280x853.jpg
5)モミジの影絵
IMG_3822_1280x853.jpg
6)
IMG_3833_1280x853.jpg
7)
IMG_3865_1280x853.jpg
8)
IMG_3866_1280x853.jpg
ここから、11月2日のお昼休みに訪れたヴィータイタリア(汐留イタリア街)からです。
機材は、Olympus E-P3+M.Zuiko 45mm F1.8レンズとなります。
9)この日も青空でした。
3B026115_1280x960_補正済.jpg
10)陰は語る。ねぇねぇ?
3B026127_1280x960_補正済.jpg
11)ヴィータイタリアの広場にて。光と影の交差。
3B026132_1280x960_補正済.jpg
12)携帯見ながらのお嬢さん
3B026134_1280x960_補正済.jpg
13)光差す。
3B026135_1280x960_補正済.jpg
14)雑貨店の前にて。
3B026136_1280x960_補正済.jpg
15)放置されたキャリアー。ドラマチックトーン+フレーム効果で。
3B026138_1280x960_補正済.jpg
16)この人達が、撮影スタッフらしいです。
3B026141_1280x960_補正済.jpg
17)ホワイトバランスを電球にして。
3B026143_1280x960_補正済.jpg
18)気になるイタリアのお嬢さんの御御足
3B026147_1280x960_補正済.jpg
19)撮影をしていました。
3B026148_1280x960_補正済.jpg
20)歩くお嬢さん達
3B026151_1280x960_補正済.jpg
21)行き交う脚タチ。
3B026152_1280x960_補正済.jpg
22)広場で立ち話?
3B026156_1280x960_補正済.jpg
23)青空とヴィータイタリアと。
3B026160_1280x960_補正済.jpg




8月26日の夜明け前の朝焼け〜日の出のダイナミックで、美しい光景を見て。 [E-P3 & 5D Mark II]

写真仲間の@nonojinohitoさんが昨日の明け方の空の見事さをtweetしていました。
今朝も、どうかなと見るとはなしに、見てみると、朝焼けしているじゃないですか?
急いで、Olympus E-P3と、Canon EOS 5D Mark IIを持って、階段の踊り場へゴーです。

うちの集合住宅では、共有エリアの階段の踊り場のスペースが広くて、塀の高さもちょうど、
東の空を見るために設計・施行したかのごとくの状態です。
結果的に、非常に撮影向きにできています。

少し、上の階の踊り場から様子を眺めるでもなく、早速撮影開始です。
ちなみに、朝焼け、夕焼け、青空は、i-Finishという記憶色で調整する機能を持ったオリンパスの独壇場的なところもあります。

一応、5D Mark IIでも撮りましたが、こちらは、抑えのような感じです。
まあ、一応、PictureStyleに、「EOS 5D MARK II あれこれ」さんの作成された「5Dでベルビアの色を!」にある富士フィルムの彩色の高いフィルム「ベルビア」を再現したPictureStyleを設定してみました。
それでも、i-Finishほどの色づきはしません。
これらを拝見すると、とても印象的な発色だと思います。

今回、E-P3との比較のために5D Mark IIでのベルビア100風で撮影した3枚だけ載せてみましたが、通常のスタンダード、風景に比べれば、12)などみても、そこそこイケテいるきがしますが、
如何でしょうか?


機材は、Olympus E-P3+MMF-2+ED50mm F2.0 Macroレンズです
1)朝焼けをみてのファーストショット
38263020_1280x960.jpg
2)真っ赤な朝焼けの瞬間
38263023_1280x960.jpg
3)朝の茜雲たち
38263032_1280x960.jpg
4)
38263034_1280x960.jpg
5)ほんの少しの時間で、色味はすっかり消えてしまいます。
38263035_1280x960.jpg
6)水平線の雲間から、赤い太陽が覗いてきました。夜明けは近いです。
38263038_1280x960.jpg
7)せっかくの真っ赤な太陽ですが、覗いている間だけで終わってしまいました。
38263041_1280x960.jpg
8)夜明けの太陽。アートフィルターのクロスプロセス+ホワイトエッジ効果。(クリームソーダと命名中)
38263048_1280x960.jpg
9)夜明けの太陽2。ドラマチックトーン+フレーム効果で。
38263051_1280x960.jpg
10)日の出です。
38263068_1280x960.jpg
11)日の出後のサンシャインとスカイツリー。デジタルテレコン2倍を使用して。
38263069_1280x960.jpg

比較用に、EOS 5D Mark II+Sigma 50mm F1.4での撮影です。
絞りF4、ISO100、PictureStyle「Velvia100Fb (ベータ版) 」
12)1)とほぼ同じ時間です。それでも、結構朝焼けしていますね。
IMG_0731_1280x960.jpg
13)夜明け直前の空
IMG_0800_1280x960.jpg
14)青空と絹雲と
IMG_0801_1280x960.jpg


E-P3 & 5D Mark II ブログトップ
メッセージを送る