So-net無料ブログ作成
ヴィータイタリアと浜離宮恩賜庭園 ブログトップ

暖かい小春日和のような日差しに誘われて、ヴィータイタリア、浜離宮恩賜庭園と連日のお昼休みに出かけています。 [ヴィータイタリアと浜離宮恩賜庭園]

10月下旬となる今週は、意外にも連日好天に恵まれて、小春日和の恒例のように暖かい日々が続きました。

そうかと思えば、26日の夕方には、木枯らし一番が吹いて、遠からず冬の訪れの近いコトを告げていました。
この26日の晩を境にして、朝晩の冷え込みはいっそう厳しくなっていますが、意外に好天続きのために、
日中は暖かい日々が続いています。
明け方〜朝に凄い冷え込んでいて、日差しのお陰で、日中温かくなって、
夕方、日没と供に、急速に冷えていく。
そんな日々のようです。

少し前後しますが、この日中の暖かい日差しに誘われて、今週は連日外に出てみました。
10月25日のお昼休みに、いつものヴィータイタリアを訪れ、
10月26日と、10月28日は、浜離宮恩賜庭園を訪れました。
そのうち、先行して、10月28日の浜離宮をご紹介しましたが、その続きの前に、
せっかくなので、10月25日のヴィータイタリア(汐留イタリア街)と、10月26日の浜離宮をご紹介します。

この25日、26日は、いずれも、Olympus E-P3と、M.Zuiko 45mm F1.8レンズという軽装で出かけています。

良く晴れた日の写真の撮影で注意することを記しておきます。
○ISO感度に気を付けます。
 手動設定可能であれば、ISO100などの最低ISO感度にしておきます。
 また、その影響で、日陰、室内に入ったときに、ISO Autoに戻すコトをお忘れなく。
 往々にして、室内や、暗い所で、ISO感度を上げたまた、日向で撮影して露出オーバーや、
  高感度ノイズまみれというコトが起きがちです。

○絞りの設定に気を付けます。
 明るいので、開放気味ですと直ぐに露出オーバーになりやすいです。

○基本的に、露出が適正に撮られている事を前提にして、
 明るいところでは、露出補正をマイナス方向に暗い目にして、
 暗い所では、露出補正をプラス方向にして、明るい目にします。
○白いモノは、暗く写り、黒いモノは、明るく写ります。そこで、
 白いモノは、露出補正で、+1.0〜+1.3程度明るく補正すると良いです。
 黒いモノは、露出補正で、ー0.7以上暗く補正すると良いです。
組合せとして、明るいところで、白いモノ、暗い所で黒いモノとか、その逆などがあります。

○日差しのあって、影がある所では、影の濃さや、明暗のコントラストを見て調整します。

○逆光では、思いっきり+の露出補正をして、背景を白飛びさせて、メインの被写体を明るく撮るか、
 適正露出の背景の中でのシルエットとして表現するかを選びます。
 逆光の中で、背景も、メインの被写体も適正に撮るには、レフ板で光を当てるか、
 フラッシュで光を当てる日中シンクロというワザで、背景を普通に撮りつつ、
 メインもフラッシュで明るくして撮るようにします。
○逆光で光条を撮るには、できるだけ絞りを絞ります。F16以上が良いです。

それぞれの要素を考慮しながら、プラスの要素とマイナスの要素から推測が付くようになると
マニュアル露出も可能な経験となってきます。
まあ、正確には、撮影後の液晶画面を見ながら、補正を変更して、適正な露出となるようにします。

ところで、この両日の機材は、下にも書いた通りに、マイクロフォーサーズのE-P3と、M.Zuiko 45mm F1.8レンズです。
パシッと撮れば、素晴らしくよく写りますし、ボカして撮れば、よくボケてくれます。
連写がいらない、動体を撮るつもりがなければ、これだけで、十分な感じですね。

機材は、Olympus E-P3+M.Zuiko 45mm F1.8 Macroレンズです。
ここから、10月25日のヴィータイタリア(汐留イタリア街)での撮影です。
1)ヴィータイタリアの広場をステキな3人組が歩いて行きます。
 3A255863_1280x960_補正済.jpg
2)振り返ると、そこは日本?異国?
3A255866_1280x960_補正済.jpg
3)ステキなお嬢さん達が、歩いて行く先には、今は亡きfioravanteの空いたビル
3A255867_1280x960_補正済.jpg
4)僅かな光が差し込んだヴィータイタリア広場。
3A255870_1280x960_補正済.jpg
5)同じシーンを、アートフィルターのドラマチックトーンで。
3A255871_1280x960_補正済.jpg
6)空は青空に、霞かかった雲が。
3A255872_1280x960_補正済.jpg
7)色づいた葉も。
3A255874_1280x960_補正済.jpg
8)影の自転車
3A255876_1280x960_補正済.jpg
9)ゆりかもめの路線下で。
3A255877_1280x960_補正済.jpg
ここから、10月26日の浜離宮恩賜庭園での撮影です。
10)いつもの浜離宮の看板です。
3A265884_1280x960_補正済.jpg
11)これも、いつもの欄干です。
3A265887_1280x960_補正済.jpg
12)中の御門の先で、なにやら撮影しているらしいヒト影が。
3A265890_1280x960_補正済.jpg
13)浜離宮のまわりを取り囲む汐留川の一角。
3A265891_1280x960_補正済.jpg
14)10月26日の浜離宮の上には、青空が広がります。
3A265892_1280x960_補正済.jpg
15)勝どき方面のビルと雲と青空と。
3A265893_1280x960_補正済.jpg
16)
3A265894_1280x960_補正済.jpg
17)Fallen leaves
3A265897_1280x960_補正済.jpg
18)落ち葉と、光と、影と。
3A265900_1280x960_補正済.jpg
19)この桜の葉も、遠からず、色は変わり、落ちていくのでしょう。
3A265901_1280x960_補正済.jpg
20)逆光に光を。
3A265905_1280x960_補正済.jpg
21)
3A265907_1280x960_補正済.jpg
22)光なす光景に。
3A265914_1280x960_補正済.jpg
23)赤い落ち葉と。
3A265920_1280x960_補正済.jpg
24)七色の光の筋
3A265940_1280x960_補正済.jpg
25)静けさと水鏡と。
3A265942_1280x960_補正済.jpg
26)降り注ぐ光条。
3A265948_1280x960_補正済.jpg
27)ステキなカメラ女性を見かけました。
3A265965_1280x960_補正済.jpg






nice!(144)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
ヴィータイタリアと浜離宮恩賜庭園 ブログトップ