So-net無料ブログ作成
検索選択
Vanguard Quovio ブログトップ

みんぽすさんから、VanguardのカメラバッグQuovio 44をお借りしましたのでレビューします。 [Vanguard Quovio]

16934-1901-290156
16934-1901-290156
9月26日、雨が降りそうで降らない曇りの状態が続いていましたが、一転した朝から晴れだした水曜日です。
月曜日から、秋の様相を呈してきました。
通勤も、半袖では肌寒く感じ、しかし、電車内は暑いし、難しい衣替えの時期です。
今週いっぱいで、クールビズ対応も終わって、一気に、長袖シャツにネクタイに上着でスーツという出で立ちに変わるわけです。
寒さが身に染みなければ良いのですが。

みんぽすさんから、VanguardのカメラバッグQuovio 44をお借りしましたのでレビューします。
帰宅してみると、中クラスのリュックタイプの入った段ボール箱が届いていました。
開けてみると、ビニール袋に入ったVanguardの最新カメラバッグQuovio 44です。
今回、特に指定していなくて、ショルダータイプか、リュックタイプのいずれかとお願いしたら、
リュックタイプのQuovio 44が届いたようです。
Quovio 44の仕様
外寸(W x H x D)(mm):
300 × 465 × 270
内寸(W x H x D)(mm):
240 × 415 × 200
重量(g): 1790

外装材:
1000D*1000D ポリエステル + 70*200D ナイロンジャージー
内装材:
150D ポリエステル + ベルベット

収納例:
レンズ付一眼レフカメラ1台(最大70-200mm f/2.8)、
交換レンズ3-5個、
フラッシュ2個、
アクセサリー(メモリーカード・ケーブル・バッテリー・充電機など)、
タブレット端末、
三脚

製品の特長
●機材を素早く取出せるクイックアクセス
 サイドのジッパーを開くだけで、機材を簡単に取出せるクイックアクセスシステムを搭載。
●前面はフルオープンの仕様で、大容量の収納力
●アクセサリーポーチ付属
●レインカバー付属
●バッグ側面にポーチなど取付け可能
 側面に三脚を取付けが可能
●タブレット端末収納スペース

このように、かなり大型のカメラバッグ並みに、何でも入ります。
そして、約1.8Kgの重量がありますので、思いです。
但し、背負ってみると判りますが、重さを感じさせない造りになっています。
背面のエアークッションや、肩に当たるベルトを幅広く厚みを持たせて食い込みにくくしています。
実際、5D Mark IIIと、EF50mm F1.2Lレンズ、EF135mm F2Lレンズ、Sigma MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSMレンズ、上面スペースに、Olympus OM-D E-M5と、コシナNokton 25mm F0.95レンズ、Olympsu M.Zuiko ED75mm F1.8レンズに、アクセサリー、電池類を入れた重装備でも、軽々と背負っていられました。

背中に、背負うために、Quovio 44ごと、上げ下げすることの方に疲れましたが、背負っている限りは重さを感じさせませんでした。
細かい点としては、各ベルトに、ベルト端の巻き取りを固定するベルトストッパーのような布具が付いていたことです。
各ベルトがだらだら垂れ下がったり、あるいは、巻き取り後の固定に苦労したりせず、好きな長さで固定できるので、非常に便利に思いました。

使っていて、違和感がないカメラバッグですし、収納力も高いので、けっこう欲しくなりました。
もう、返却時期なのですが、値段を見ながらですが、いつの間にか、背負っているかもしれませんね。(笑。


今日は、Canon EOS 5D Mark IIIとEF50mm F1.2Lレンズでの撮影からです。
1)各部は細かくベルトで固定される仕様です
9S0A4967_1280x853_補正済.jpg
2)VanguardのカメラバッグQuovio 44
9S0A4968_1280x853_補正済.jpg
3)背負う背面部
9S0A4972_1280x853_補正済.jpg
4)バッグ上部には、手持ち用の取り外し可能なベルトがつきます。
9S0A4973_1280x853_補正済.jpg
5)バッグ上部をみて
9S0A4974_1280x853_補正済.jpg
6)最上部を上から見て
9S0A4976_1280x853_補正済.jpg
7)前面にはiPadなどの収納に便利なタブレット収納があります
9S0A4979_1280x853_補正済.jpg
8)最上部は、独立した荷室となっています。
9S0A4980_1280x853_補正済.jpg
9)中央部分は、取り外して、レンズを付けたままの一眼レフをそのまま収納できます。
9S0A4982_1280x853_補正済.jpg
10)この黒いブロックごと取り外し可能です。マジックテープ仕様です
9S0A4983_1280x853_補正済.jpg
11)荷室は、これだけのスペースですが、そこそこ奥行きがあります。
9S0A4984_1280x853_補正済.jpg
12)フルオープンにして、上下の荷室を丸ごとアクセスできます。
9S0A4985_1280x853_補正済.jpg
13)午前9時の朝の空の光景から
9S0A4909_1280x853_補正済.jpg
14)雲は多かったですが、綺麗な青空でした。
9S0A4910_1280x853_補正済.jpg
15)染み込むような碧さでした。
9S0A4911_1280x853_補正済.jpg
ここから、夕景です。
16)雲から光が差していました
9S0A4923_1280x853_補正済.jpg
17)
9S0A4930_1280x853_補正済.jpg


<<お知らせ>>
京都を彷徨いの旅です。

ご好評頂いたSigma DP2 Merrillの話は以下です。


そして、好評を頂いている「ハイグレード・ポートレートレンズ M.Zuiko ED75mm F1.8レンズ」の話のまとめです。少し整理しました。
私の拙い写真でも、少しでも、お役に立てればと思います。

〇オリンパスユーザ向けに「オリンパス 残暑お見舞いくじ」の案内メールが出ています。
夏のおみくじを引いて、2%から最大10%の割引クーポンが貰えるキャンペーンです。
今回の割引クーポンは、8月20日から10月31日までの期間中、何度でも使えるお得な割引です。

先日までのポイント20%上限アップもお得でしたが、
10%割引の場合、それを上回る割引率となるようです。
プレミアム会員割引5%、ポイント割引15%、そこから、2%から10%引きとなるようです。

下記の秋の新製品の購入にピッタリの割引クーポンだと思います。

〇Olympusからは、進化したStylus XZ-2や、モデルチェンジとなるPEN Lite E-PL5&PEN mini E-PM2と、ボディーキャップレンズ BCL-1580マクロレンズ 60mm F2.8 Macroなど各種レンズの発表がありました。
参考展示として、ほぼ完成品状態の17.5mm F1.8レンズのモックアップ品も置かれていたようです。
ただし、XZ-1後継機のXZ-2は、まだ、オリンパスオンラインショップに登場していませんね。

発売記念キャンペーンでは、以下のいずれかを漏れなくプレゼント。
東芝無線LAN SDHCカード「FlashAir 8GB」

もちろん、ボディーキャップレンズ BCL-1580(15mm F8.0)単品の予約発売も始まっています。
オリンパスオンラインショップ各セット先着100名さま限定だそうです。
オンラインショップ特典は、3年間保証付きです。

オリンパスオンラインショップでは先着100名のキャンペーンだそうです。
今予約すれば、10月5日の発売日に間に合いそうですね。
専用レンズフードLH-49は別売りです。装着したまま仕舞えるギミックガ面白そうです。


金属の外装をブラックに加えて、以下のアクセサリを同梱した限定品
全世界で3000セットの限定品から、さらにオンラインショップ先着200名様限定。
金属レンズフード「LH-48」
金属レンズキャップ「LC-48」
プロテクトフィルター「PRF-D46PRO」
今予約すれば、発売日の9月28日に入手出来るでしょうかね?



いよいよ、2012年7月6日から発売されました。
そして、オリンパスオンラインショップで予約キャンペーンが始まっています。
これは、3年間の保証を受けられる延長保証サービスに加えて、お買い上げ日から3年間で2回、ピントや絞りなど、指定する項目の診断と各部クリーニングを実施する無料診断サービス付きキャンペーンです。

OM-D E-M5ですが、OM-D本体、関連製品、全て、3月31日(土曜日)発売されました。
オリンパスオンラインショップでは、各モデル通常の販売を受け付けています。

オンラインショップでは、リニューアル記念キャンペーンを実施しています。
「対象期間中に、一回のご注文で5万円以上(税込)(※1)ご購入のうえ、応募された方にOMシリーズまたはPENシリーズのカメラがデザインされたプレミアム切手シート(非売品)をもれなくプレゼントしております。」

続きを読む


nice!(56)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
Vanguard Quovio ブログトップ
メッセージを送る