So-net無料ブログ作成
検索選択
50mm F1.2L & 24mm F1.4L ブログトップ

古都を訪ねて、今を知る。銀閣寺参道から、夜の京都タワーまで。その7 [50mm F1.2L & 24mm F1.4L]

11月30日、月末でアリ、かつ、週末の金曜日です。
いよいよ、霜月(しもつき)もラスト一日です。
そして、明日からは、師走(しわす)です。
皆さん、朝夕は冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。

一昨昨日の記事「ありがとう土屋勝義先生、そして、オリンパスデジタルカレッジの人物撮影テクニック講座の歴史を振り返る」には、沢山のアクセス、nice、そして、コメントをありがとうございました。
最後には、土屋先生からのコメントを頂いて、万感の思いです。


さて、11月16日の京都の続き、大覚寺での撮影の続きです。
丁度、旧嵯峨御所大覚寺門跡は、風車を並べたイベントを開催中でした。

いよいよ、銀閣寺に行っての話の続きとなります。
Facebookで拝見したフォトの匠の原さんの11月11日の銀閣寺を見下ろす光景がとても素晴らしくて、
銀閣寺の庭を回って、その先の小山に昇って見下ろす光景を、どうしても直接みたくなりました。
展望所に辿り着き、そこからの景色を眺めると、ただ、感嘆の声ばかりです。

銀閣寺に行って良かったなと思いました。

そんな銀閣寺を後にして、夕暮れ時の参道をとぼとぼと帰ります。
ホテルに辿り着いて、チェックインして部屋に入ると、折り紙の鶴が待っていました。

そして、夕闇の中、京都は暮れていくのでした。

今日の写真は、その惹き寄せられた京都 銀閣寺での撮影からです。
EOS 5D Mark IIIとEF50mm F1.2Lレンズと、Map Rentalでお借りしたEF24mm F1.4L IIレンズでの撮影です。
2048x1365サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)iPhone5で撮影した紅葉と銀閣寺
IMG_5448.jpg
2)総門前の御茶屋さんの牛丼
IMG_5439.jpg
3)御茶屋さんから覗く総門前
IMG_5444.jpg
ここから、EOS 5D Mark IIIとEF24mm F1.4L IIレンズと、EF50mm F1.2Lレンズでの撮影です。
4)御茶屋さん
9S0A9934_2048x1365_補正済.jpg
5)銀閣寺の総門
9S0A9936_2048x1365_補正済.jpg
6)京都というか和風っぽいお店
9S0A9948_2048x1365_補正済.jpg
7)風鈴も、洗濯ばさみで摘むモノ?
9S0A9949_2048x1365_補正済.jpg
8)なんとも怪しい雰囲気のうさぎさん
9S0A9950_2048x1365_補正済.jpg
9)再び、哲学の道
9S0A9951_2048x1365_補正済.jpg
10)乗りたくなるのは人力車ですね。
9S0A9953_2048x1365_補正済.jpg
11)ホテルの部屋では、折り鶴が。
9S0A9956_2048x1365_補正済.jpg
12)外に出ると、京都タワーの少し右下に、上弦の月が出ていました。
9S0A9957_2048x1365_補正済.jpg
13)ある路地裏をみて
9S0A9958_2048x1365_補正済.jpg











<<お知らせ>>
オリンパスから11月15日に、今年に入ってからの単焦点レンズの第3弾(マクロレンズを除く)である
M.Zuiko 17mm F1.8レンズが予約開始されています。
M.Zuiko 12mm F2.0レンズと同等のハイグレードなレンズです。
写りも、M.Zuiko ED75mm F1.8程ではないですが、最近の力作揃いの単焦点レンズの中でも、
12mm F2.0レンズと並ぶ銘レンズになりそうな気配です。
オンラインショップでは、キャンペーンも始まっています。

10月28日に駅員3さんのお誘いで松電プロジェクトに参加して来ました。
ここでの撮影の殆どは、コシナNokton 25mm F0.95でのマニュアルフォーカスです。
時々、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズも使用しました。


朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。


PHaT PHOTOの秋の文化祭のワークショップ「初めてのスタジオポートレート」に参加してきました。

オリンパスの誇るZuikoレンズの至宝であるED150mm F2.0レンズに迫る性能と噂の高いM.Zuiko ED75mm F1.8レンズと、この新しいマクロレンズです。
いM.Zuiko ED75mm F1.8については、最近、海外でも評価が高いようです。
そして、M.Zuiko ED60mm F2.8 Macroレンズの初期の評価も高いようです。

先日の東京カメラ部「第壱号企画 スタジオ撮影会」第1部Aグループでの撮影には大好評でした。
ありがとうございました。

京都を彷徨いの旅です。

ご好評頂いたSigma DP2 Merrillの話は以下です。



nice!(101)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

古都を訪ねて、今を知る。展望所から銀閣寺を見下ろして。その6 [50mm F1.2L & 24mm F1.4L]

11月29日、明け方まであった雲もなくなって、ほぼ快晴の空が綺麗な木曜日です。
皆さん、朝夕は冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。

一昨昨日の記事「ありがとう土屋勝義先生、そして、オリンパスデジタルカレッジの人物撮影テクニック講座の歴史を振り返る」には、沢山のアクセス、nice、そして、コメントをありがとうございました。
最後には、土屋先生からのコメントを頂いて、万感の思いです。


さて、11月16日の京都の続き、大覚寺での撮影の続きです。
丁度、旧嵯峨御所大覚寺門跡は、風車を並べたイベントを開催中でした。

いよいよ、銀閣寺に行っての話の続きとなります。
Facebookで拝見したフォトの匠の原さんの11月11日の銀閣寺を見下ろす光景がとても素晴らしくて、
銀閣寺の庭を回って、その先の小山に昇って見下ろす光景を、どうしても直接みたくなりました。

この日は平日ですが、かなりの賑わいを見せていて、小山の中腹の展望所までも、
狭い道を多くの人、中には着物姿の女性や、小・中学校の修学旅行の学生たちもいました。
まだ、色づき始めたばかりの楓や、一部に十分な色合いとなっている見頃の楓を見ながら、
展望所に辿り着き、そこからの景色を眺めると、ただ、感嘆の声ばかりです。

銀閣寺に行って良かったなと思いました。

今日の写真は、その惹き寄せられた京都 銀閣寺での撮影からです。
EOS 5D Mark IIIとEF50mm F1.2Lレンズと、Map Rentalでお借りしたEF24mm F1.4L IIレンズでの撮影です。
2048x1365サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)輝く紅葉
9S0A9899_2048x1365_補正済.jpg
2)斜光がさして煌めきます
9S0A9901_2048x1365_補正済.jpg
3)修学旅行の学生さんたち
9S0A9904_2048x1365_補正済.jpg
4)日没直前の西日を浴びて
9S0A9913_2048x1365_補正済.jpg
5)落日
9S0A9917_2048x1365_補正済.jpg
6)折ながらの紅葉と銀閣寺
9S0A9924_2048x1365_補正済.jpg
7)見上げると黄色と赤とオレンジの競演でした
9S0A9928_2048x1365_補正済.jpg
8)池まで降りてきました
9S0A9929_2048x1365_補正済.jpg
9)緑と赤の楓に包まれた銀閣寺
9S0A9931_2048x1365_補正済.jpg
10)再び、総門の前で
9S0A9936_2048x1365_補正済.jpg










<<お知らせ>>
オリンパスから11月15日に、今年に入ってからの単焦点レンズの第3弾(マクロレンズを除く)である
M.Zuiko 17mm F1.8レンズが予約開始されています。
M.Zuiko 12mm F2.0レンズと同等のハイグレードなレンズです。
写りも、M.Zuiko ED75mm F1.8程ではないですが、最近の力作揃いの単焦点レンズの中でも、
12mm F2.0レンズと並ぶ銘レンズになりそうな気配です。
オンラインショップでは、キャンペーンも始まっています。

10月28日に駅員3さんのお誘いで松電プロジェクトに参加して来ました。
ここでの撮影の殆どは、コシナNokton 25mm F0.95でのマニュアルフォーカスです。
時々、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズも使用しました。


朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。


PHaT PHOTOの秋の文化祭のワークショップ「初めてのスタジオポートレート」に参加してきました。

オリンパスの誇るZuikoレンズの至宝であるED150mm F2.0レンズに迫る性能と噂の高いM.Zuiko ED75mm F1.8レンズと、この新しいマクロレンズです。
いM.Zuiko ED75mm F1.8については、最近、海外でも評価が高いようです。
そして、M.Zuiko ED60mm F2.8 Macroレンズの初期の評価も高いようです。

先日の東京カメラ部「第壱号企画 スタジオ撮影会」第1部Aグループでの撮影には大好評でした。
ありがとうございました。

京都を彷徨いの旅です。

ご好評頂いたSigma DP2 Merrillの話は以下です。



nice!(62)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

古都を訪ねて、今を知る。紅葉する銀閣寺を訪ねて。その5 [50mm F1.2L & 24mm F1.4L]

11月28日、空を覆う雲が急激に移動しているダイナミックな曇り空の水曜日です。
今日の予報は、曇りですので、このまま一日曇天でしょうか?
皆さん、朝夕は冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。

一昨日の記事「ありがとう土屋勝義先生、そして、オリンパスデジタルカレッジの人物撮影テクニック講座の歴史を振り返る」には、沢山のアクセス、nice、そして、コメントをありがとうございました。
最後には、土屋先生からのコメントを頂いて、万感の思いです。


さて、11月16日の京都の続き、大覚寺での撮影の続きです。
丁度、旧嵯峨御所大覚寺門跡は、風車を並べたイベントを開催中でした。

いよいよ、銀閣寺に行っての話の続きとなります。
Facebookで拝見したフォトの匠の原さんの11月11日の銀閣寺を見下ろす光景がとても素晴らしくて、
銀閣寺の庭を回って、その先の小山に昇って見下ろす光景を、どうしても直接みたくなりました。


今日の写真は、その惹き寄せられた京都 銀閣寺での撮影からです。
EOS 5D Mark IIIとEF50mm F1.2Lレンズと、Map Rentalでお借りしたEF24mm F1.4L IIレンズでの撮影です。
2048x1365サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)銀閣寺。露出違いの2枚を露出合成してみました9S0A9829_9S0A9830_HDR2_2048x1365.jpg
2)内から外へ
9S0A9842_2048x1365_補正済.jpg
3)庭園の先には、展望所のある小山が見えます
9S0A9844_2048x1365_補正済.jpg
4)紅葉と池と
9S0A9850_2048x1365_補正済.jpg
5)池と写り込みと
9S0A9859_2048x1365_補正済.jpg
6)黄葉する楓
9S0A9862_2048x1365_補正済.jpg
7)垂れ下がるモミジ
9S0A9869_2048x1365_補正済.jpg
8)紅葉と銀閣寺
9S0A9879_2048x1365_補正済.jpg
9)差し込む光
9S0A9886_2048x1365_補正済.jpg
10)西日に照らされて
9S0A9887_2048x1365_補正済.jpg
11)西日さす影
9S0A9893_2048x1365_補正済.jpg
12)西日の斜光がところどころをスポットライトのように照らします。
9S0A9895_2048x1365_補正済.jpg
13)斜面に色づく
9S0A9898_2048x1365_補正済.jpg








<<お知らせ>>
オリンパスから11月15日に、今年に入ってからの単焦点レンズの第3弾(マクロレンズを除く)である
M.Zuiko 17mm F1.8レンズが予約開始されています。
M.Zuiko 12mm F2.0レンズと同等のハイグレードなレンズです。
写りも、M.Zuiko ED75mm F1.8程ではないですが、最近の力作揃いの単焦点レンズの中でも、
12mm F2.0レンズと並ぶ銘レンズになりそうな気配です。
オンラインショップでは、キャンペーンも始まっています。

10月28日に駅員3さんのお誘いで松電プロジェクトに参加して来ました。
ここでの撮影の殆どは、コシナNokton 25mm F0.95でのマニュアルフォーカスです。
時々、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズも使用しました。


朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。


PHaT PHOTOの秋の文化祭のワークショップ「初めてのスタジオポートレート」に参加してきました。

オリンパスの誇るZuikoレンズの至宝であるED150mm F2.0レンズに迫る性能と噂の高いM.Zuiko ED75mm F1.8レンズと、この新しいマクロレンズです。
いM.Zuiko ED75mm F1.8については、最近、海外でも評価が高いようです。
そして、M.Zuiko ED60mm F2.8 Macroレンズの初期の評価も高いようです。

先日の東京カメラ部「第壱号企画 スタジオ撮影会」第1部Aグループでの撮影には大好評でした。
ありがとうございました。

京都を彷徨いの旅です。

ご好評頂いたSigma DP2 Merrillの話は以下です。



nice!(61)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

古都を訪ねて、今を知る。紅葉にそまり始めた銀閣寺を訪ねて。その4 [50mm F1.2L & 24mm F1.4L]

11月27日、ここ数日の曇り空や雨の空から一転して、朝日が眩しい晴天の火曜日です。
今日は一日晴れのようですから、絶好の紅葉狩り・紅葉撮影に最適だと思います。
ただ、くれぐれも、寒くなってきましたので、防寒対策はしっかりお取り下さい。
皆さん、朝夕は冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。

昨日の記事「ありがとう土屋勝義先生、そして、オリンパスデジタルカレッジの人物撮影テクニック講座の歴史を振り返る」には、沢山のアクセス、nice、そして、コメントをありがとうございました。
最後には、土屋先生からのコメントを頂いて、万感の思いです。

2007年は、自分にとっても、多くのきっかけの年でした。
2007年オリンパスは、小型軽量一眼レフのE-410を出しました。
また、2007年7月には、ボディ内手振れ補正機構を内蔵させたE-510を出しました。
E-410の小型軽量に惹かれながらも、デジタル時代の申し子のような、全部入りと思えたE-510を予約購入しました。

そして、オリンパスにはデジタルカレッジがあり、そこには、人物撮影テクニック講座があったのです。
多分、2回目の浴衣を着た女性のポートレートに惹かれるように、3回目の雨のお台場での撮影となった講座に申し込みました。

今と違って、ポイント割引貼りませんが、元々も価格も参加しやすい価格で、且つ、プレミアム会員割引もあって、こんな講座料金で、一流(超一流)の現役カメラマンの先生(土屋先生)に、教えて貰って、モデルさんを撮影出来るなんて、夢のように思いました。

実際、初期の3回講座は、現在流行している駅で集合して1時間ほど個撮できる撮影会並みに、いや、講師がいる分、それ以上にお得だったと思います。

そして、いろいろな期待を胸にして受けた初めての参加での講義、今にして思えば、稚拙な抱負を語った気がします。
そして、生憎の雨のお台場での撮影実習。
オリンパスの人物撮影テクニック講座は好天に恵まれていて、雨だったのは、この2007年の11月と、
今年、2012年の9月の2回だけでした。
まあ、晴れ男の土屋先生の尽力も、撮影実習が終わるとなくなるようで、撮影実習の終了と共に、
豪雨、劇雨となったことは、数回ありますが。

お台場で、雨で、結果はメタメタでしたと思いますが、楽しい思いを持ちました。
それから、通い詰めること5年間、2012年11月25日。
強制終了のようなカタチで、土屋先生の講座は、休講となりました。

今思うことは、本当に「ありがとう」の言葉だけです。
いつも、いつも、熱い思いをぶつけて来られた土屋先生に感謝です。
そして、その講座を支えてくれたオリンパスの菅野さん、髙野さん、プロサポートの田中さん、
現オリンパスイメージング社長の小川さんには、いくら感謝しても、足りなく感じます。
ありがとうございました。


さて、少し間が空きましたが、11月16日の京都の続き、大覚寺での撮影の続きです。
丁度、旧嵯峨御所大覚寺門跡は、風車を並べたイベントを開催中でした。

いよいよ、場所を移動して、銀閣寺に行っての話となります。
大覚寺までは、京都駅から、混んでいる市営バスは避けて、京都バスで行きました。
そして、まだ、午後早い時間でしたので、もう一箇所、紅葉を求めて移動するつもりでしたが、
行き先は、銀閣寺こと、慈照寺と決めていました。
facebookで拝見した写真家の原さんの銀閣寺を見下ろす光景がとても素晴らしくて、
銀閣寺の庭を回って、その先の小山に昇って見下ろす光景を、どうしても直接みたくなりました。


今日の写真は、その惹き寄せられた京都 銀閣寺での撮影からです。
EOS 5D Mark IIIとEF50mm F1.2Lレンズと、Map Rentalでお借りしたEF24mm F1.4L IIレンズでの撮影です。
2048x1365サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)右が哲学の道、左が、銀閣寺の分岐(わかれ)で
9S0A9803_2048x1365_補正済.jpg
2)哲学の道を眺めて
9S0A9805_2048x1365_補正済.jpg
3)
9S0A9806_2048x1365_補正済.jpg
4)参道のお店
9S0A9808_2048x1365_補正済.jpg
5)銀閣寺の境内はかなり広いです
9S0A9810_2048x1365_補正済.jpg
6)銀閣寺総門前の御茶屋さんで
9S0A9811_2048x1365_補正済.jpg
7)参道から銀閣寺へ
9S0A9812_2048x1365_補正済.jpg
8)
9S0A9814_2048x1365_補正済.jpg
9)銀閣寺入り口
9S0A9820_2048x1365_補正済.jpg
10)
9S0A9823_2048x1365_補正済.jpg
11)銀閣寺
9S0A9832_2048x1365_補正済.jpg
12)平日ですが、そこそこの観光客でした。
9S0A9836_2048x1365_補正済.jpg
13)展望所のある山側をみて
9S0A9841_2048x1365_補正済.jpg








<<お知らせ>>
オリンパスから11月15日に、今年に入ってからの単焦点レンズの第3弾(マクロレンズを除く)である
M.Zuiko 17mm F1.8レンズが予約開始されています。
M.Zuiko 12mm F2.0レンズと同等のハイグレードなレンズです。
写りも、M.Zuiko ED75mm F1.8程ではないですが、最近の力作揃いの単焦点レンズの中でも、
12mm F2.0レンズと並ぶ銘レンズになりそうな気配です。
オンラインショップでは、キャンペーンも始まっています。

10月28日に駅員3さんのお誘いで松電プロジェクトに参加して来ました。
ここでの撮影の殆どは、コシナNokton 25mm F0.95でのマニュアルフォーカスです。
時々、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズも使用しました。


朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。


PHaT PHOTOの秋の文化祭のワークショップ「初めてのスタジオポートレート」に参加してきました。

オリンパスの誇るZuikoレンズの至宝であるED150mm F2.0レンズに迫る性能と噂の高いM.Zuiko ED75mm F1.8レンズと、この新しいマクロレンズです。
いM.Zuiko ED75mm F1.8については、最近、海外でも評価が高いようです。
そして、M.Zuiko ED60mm F2.8 Macroレンズの初期の評価も高いようです。

先日の東京カメラ部「第壱号企画 スタジオ撮影会」第1部Aグループでの撮影には大好評でした。
ありがとうございました。

京都を彷徨いの旅です。

ご好評頂いたSigma DP2 Merrillの話は以下です。



nice!(67)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

古都を訪ねて、今を知る。紅葉にそまり始めた大覚寺を訪ねて。その3 [50mm F1.2L & 24mm F1.4L]

11月25日、ここ数日の曇り空から一転して、朝日が眩しい晴天の日曜日です。
皆さん、朝夕は冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。

昨日は、EOS学園の土屋先生のポートレート講座の実践クラスの講評会でした。
あまり、バリッとしたのが撮れていなくて、ギリギリプリントで飴玉2個頂きました。
まあ、撮った時から、コレって言うのが撮れていないと厳しいです。
模様替えするほどにレタッチはしないようにしているため、純粋に撮った時の状態いかんです。

さて、今日は、オリンパスデジタルカレッジの土屋先生の人物撮影特別講座の一日限りの特別講座です。
朝10時に都内某所のハウススタジオに集合して、午後には神田小川町のオリンパスプラザ東京に移動して、
プリントして、講評会をするという、まさに、一日コースの特別講座です。
2007年の11月の土屋先生の人物撮影講座から始まって、2012年の11月の今回の講座まで、
まる5年間、土屋流ポートレートを習ってきたのですが、ここで、一区切りとなります。

さて、今日は、結果はともかく、思う存分撮ってこようと思います。


さて、少し間が空きましたが、11月16日の京都の続き、大覚寺での撮影の続きです。
丁度、旧嵯峨御所大覚寺門跡は、風車を並べたイベントを開催中でした。

気になっていた大沢池を撮って感動して、さらに境内を散策してから、
公開されいている本堂内も上がってみました。
そこかしこにも、悠久の時を留める景観が見えてきました。

いよいよ、次回は、場所を移動して、銀閣寺に行っての話となります。

今日の写真は、その惹き寄せられた京都 大覚寺の境内から本堂での撮影からです。
EOS 5D Mark IIIとEF50mm F1.2Lレンズと、Map Rentalでお借りしたEF24mm F1.4L IIレンズでの撮影です。
2048x1365サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)嵯峨菊(さがぎく)と青空と大沢池と
9S0A9701_2048x1365_補正済.jpg
2)再び、大覚寺の本堂に入って、中庭の散策から
9S0A9708_2048x1365_補正済.jpg
3)日差しに輝く紅葉
9S0A9709_2048x1365_補正済.jpg
4)光と影と紅葉と
9S0A9716_2048x1365_補正済.jpg
5)
9S0A9720_2048x1365_補正済.jpg
6)光に当たって輝く
9S0A9723_2048x1365_補正済.jpg
7)
9S0A9726_2048x1365_補正済.jpg
8)お寺の御堂は絵になりますね
9S0A9730_2048x1365_補正済.jpg
9)
9S0A9743_2048x1365_補正済.jpg
10)朱色に映り込む紅。
9S0A9744_2048x1365_補正済.jpg
11)写り込みは、この色づいて来た紅葉でした
9S0A9746_2048x1365_補正済.jpg
12)朱色と影
9S0A9749_2048x1365_補正済.jpg
13)階段状の廊下
9S0A9755_2048x1365_補正済.jpg
14)モミジ葉、もう一息の色づきでした。
9S0A9758_2048x1365_補正済.jpg
15)
9S0A9779_2048x1365_補正済.jpg
16)お寺さんには、苔も似合いますね
9S0A9780_2048x1365_補正済.jpg
17)大覚寺の門前の小川から。
9S0A9792_2048x1365_補正済.jpg







<<お知らせ>>
オリンパスから11月15日に、今年に入ってからの単焦点レンズの第3弾(マクロレンズを除く)である
M.Zuiko 17mm F1.8レンズが予約開始されています。
M.Zuiko 12mm F2.0レンズと同等のハイグレードなレンズです。
写りも、M.Zuiko ED75mm F1.8程ではないですが、最近の力作揃いの単焦点レンズの中でも、
12mm F2.0レンズと並ぶ銘レンズになりそうな気配です。
オンラインショップでは、キャンペーンも始まっています。

10月28日に駅員3さんのお誘いで松電プロジェクトに参加して来ました。
ここでの撮影の殆どは、コシナNokton 25mm F0.95でのマニュアルフォーカスです。
時々、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズも使用しました。


朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。


PHaT PHOTOの秋の文化祭のワークショップ「初めてのスタジオポートレート」に参加してきました。

オリンパスの誇るZuikoレンズの至宝であるED150mm F2.0レンズに迫る性能と噂の高いM.Zuiko ED75mm F1.8レンズと、この新しいマクロレンズです。
いM.Zuiko ED75mm F1.8については、最近、海外でも評価が高いようです。
そして、M.Zuiko ED60mm F2.8 Macroレンズの初期の評価も高いようです。

先日の東京カメラ部「第壱号企画 スタジオ撮影会」第1部Aグループでの撮影には大好評でした。
ありがとうございました。

京都を彷徨いの旅です。

ご好評頂いたSigma DP2 Merrillの話は以下です。



nice!(76)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

古都を訪ねて、今を知る。紅葉にそまり始めた大覚寺を訪ねて。その2 [50mm F1.2L & 24mm F1.4L]

11月19日、空一面グレーの世界に少し雲間から朝の光が漏れている月曜日です。
先週末から、大分引っ込んできました。
日中こそ、十数度を超える首都圏ですが、朝晩は、10度を切る12月中旬並みの寒さになっているようです。
今週末にも、天候が崩れて、一段度冷え込むようです。
皆さん、朝夕は冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。



昨日18日は、午後からWillViiさんのシグマレンズ紹介のイベントがありました。
詳細などは、また、後日ですが、その場でお借りして撮影させて頂いた新しいSigma 35mm F1.4レンズの試作品は、非常に良かったです。

新しいArtラインを代表する最初の1本ということで、恐ろしい程の高性能レンズになっているようです。
解像感が高く、髪の毛1本1本が見える程ですし、F1.4のボケも準広角とは思えないボケ具合と質でした。
かなり寄れるの広角的に、寄ってボカして広く撮るということも楽に出来そうです。
写真家の塙先生のお話でも、EF35mm F1.4Lに性能で並び、一部(軸上色収差など)では追い越している凄いレンズだそうです。
比較先のEF35mm F1.4Lレンズ自体が、高性能の呼び声が高いレンズですので凄いコトです。
これは、キヤノンも噂のEF35mm F1.4L IIレンズは、さらに性能を高めないと苦しいですね。
できれば、このレンズで12月の紅葉(首都圏では12月が本格的な紅葉時期です)を撮ってみたいですね。
もちろん、この時期ならではのイルミネーションや、クリスマスツリーも。

さて、京都の続き、大覚寺での撮影の続きです。
丁度、旧嵯峨御所大覚寺門跡は、風車を並べたイベントを開催中でした。

気になっていた大沢池を撮って感動して、さらに境内を散策してから、
公開されいている本堂内も上がってみました。
そこかしこにも、悠久の時を留める景観が見えてきました。

今日の写真は、その惹き寄せられた京都 大覚寺の境内から本堂での撮影からです。
EOS 5D Mark IIIとEF50mm F1.2Lレンズと、Map Rentalでお借りしたEF24mm F1.4L IIレンズでの撮影です。
2048x1365サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)
9S0A9617_2048x1365_補正済.jpg
2)
9S0A9624_2048x1365_補正済.jpg
3)
9S0A9625_2048x1365_補正済.jpg
4)
9S0A9627_2048x1365_補正済.jpg
5)風車(かざぐるま)が一杯。
9S0A9633_2048x1365_補正済.jpg
6)青空とお塔と。
9S0A9644_2048x1365_補正済.jpg
7)池の畔にある船は、お寺のイベント用です
9S0A9696_2048x1365_補正済.jpg
8)影と光とモミジと
9S0A9717_2048x1365_補正済.jpg
9)中庭の緑の葉がイキイキしていました
9S0A9721_2048x1365_補正済.jpg
10)色づく葉
9S0A9725_2048x1365_補正済.jpg
11)お寺の中から拝見する中庭の光景も素晴らしく
9S0A9729_2048x1365_補正済.jpg






<<お知らせ>>
オリンパスから11月15日に、今年に入ってからの単焦点レンズの第3弾(マクロレンズを除く)である
M.Zuiko 17mm F1.8レンズが予約開始されています。
M.Zuiko 12mm F2.0レンズと同等のハイグレードなレンズです。
写りも、M.Zuiko ED75mm F1.8程ではないですが、最近の力作揃いの単焦点レンズの中でも、
12mm F2.0レンズと並ぶ銘レンズになりそうな気配です。
オンラインショップでは、キャンペーンも始まっています。

10月28日に駅員3さんのお誘いで松電プロジェクトに参加して来ました。
ここでの撮影の殆どは、コシナNokton 25mm F0.95でのマニュアルフォーカスです。
時々、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズも使用しました。


朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。


PHaT PHOTOの秋の文化祭のワークショップ「初めてのスタジオポートレート」に参加してきました。

オリンパスの誇るZuikoレンズの至宝であるED150mm F2.0レンズに迫る性能と噂の高いM.Zuiko ED75mm F1.8レンズと、この新しいマクロレンズです。
いM.Zuiko ED75mm F1.8については、最近、海外でも評価が高いようです。
そして、M.Zuiko ED60mm F2.8 Macroレンズの初期の評価も高いようです。

先日の東京カメラ部「第壱号企画 スタジオ撮影会」第1部Aグループでの撮影には大好評でした。
ありがとうございました。

京都を彷徨いの旅です。

ご好評頂いたSigma DP2 Merrillの話は以下です。



nice!(103)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

古都を訪ねて、今を知る。紅葉にそまり始めた京の寺社を訪ねて。その1 [50mm F1.2L & 24mm F1.4L]

11月18日、劇雨にみまわれた昨晩とうってかわって良く晴れた日曜日です。
皆さん、朝夕は冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。

オリンパスから11月15日に、今年に入ってからの単焦点レンズの第3弾(マクロレンズを除く)である
M.Zuiko 17mm F1.8レンズが予約開始されています。
M.Zuiko 12mm F2.0レンズと同等のハイグレードなレンズです。
写りも、M.Zuiko ED75mm F1.8程ではないですが、最近の力作揃いの単焦点レンズの中でも、
12mm F2.0レンズと並ぶ銘レンズになりそうな気配です。
オンラインショップでは、キャンペーンも始まっています。


無事に京都から帰ってきました。
やはり、天候は予報通りで、初日は一日中好天に恵まれましたが、
2日目は、朝からかなりの降雨で、旧来のZap2さんと京都市内観光に終始して、
疲れたので、新幹線のぞみの指定は19時過ぎだったのですが、17時26分に変更して、
ほぼ2時間早く帰ってきてしまいました。
ところが、雨脚が弱くなってきた京都と違って、雨雲を追い掛け、追い越す格好になったので、
横浜辺りから、急激に降雨が酷くなって、殴りつけるような状態でした。
そして、東京駅新幹線ホーム、山手線ホームで、しばし、呆然とするほど降っていました。
残念ながら、今回は家族旅行でもあって、時間が作れず、疲れていたのもあって、
大阪のオリンパスギャラリーににちょっと遠出はできませんでした。

京都の紅葉はどこに行こうか、京都駅についても迷っていました。
しかし、16日の時点で、見頃となっている大原三千院や、神護寺方向のバスは、
平日なので、比較的空いている市バス、京都バス、JRバスの中でも特筆するほど混んでいました。
多くのカメラマンさんが、この日一番の紅葉を求めて、既に見頃の郊外に押し寄せているようでした。
ではと、紅葉の紹介写真で、池面の写り込みや、池と紅葉の姿が綺麗だった大覚寺に行くことにしました。
その後、もう一つは、悩みながら、考えていました。
旧嵯峨御所大覚寺門跡は、嵯峨天皇の離宮が前身の門跡寺院ですが、悠久の頃、
公家達が、船遊びをするために作ったと言う大沢池が有名です。

この大沢池への紅葉・黄葉の写り込みが素晴らしいので、まだ、時期的に早くて、
色づき始めなのですが、大覚寺に行ってみました。

今日の写真は、その惹き寄せられた京都 大覚寺の大沢池周辺での撮影からです。
EOS 5D Mark IIIとEF50mm F1.2Lレンズと、Map Rentalでお借りしたEF24mm F1.4L IIレンズでの撮影です。
2048x1365サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)赤に朱
9S0A9546_2048x1365.jpg
2)
9S0A9544_2048x1365.jpg
3)大沢池をみて
9S0A9562_2048x1365.jpg
4)
9S0A9565_2048x1365.jpg
5)空を飛び、池面に踊るも野鳥かな
9S0A9572_2048x1365_補正済.jpg
6)今はなき夏の形見も雲の上
9S0A9614_2048x1365_補正済.jpg
7)光刺す柔肌に
9S0A9674_2048x1365_補正済.jpg
8)回りきて、御魂も浮かぶ京の寺
9S0A9693_2048x1365_補正済.jpg
9)大沢の池面に映る空と雲。
9S0A9694_2048x1365_補正済.jpg
10)嵯峨菊(さがぎく)有りて、池も映え。
9S0A9705_2048x1365_補正済.jpg






<<お知らせ>>
10月28日に駅員3さんのお誘いで松電プロジェクトに参加して来ました。
ここでの撮影の殆どは、コシナNokton 25mm F0.95でのマニュアルフォーカスです。
時々、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズも使用しました。


朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。


PHaT PHOTOの秋の文化祭のワークショップ「初めてのスタジオポートレート」に参加してきました。

オリンパスの誇るZuikoレンズの至宝であるED150mm F2.0レンズに迫る性能と噂の高いM.Zuiko ED75mm F1.8レンズと、この新しいマクロレンズです。
いM.Zuiko ED75mm F1.8については、最近、海外でも評価が高いようです。
そして、M.Zuiko ED60mm F2.8 Macroレンズの初期の評価も高いようです。

先日の東京カメラ部「第壱号企画 スタジオ撮影会」第1部Aグループでの撮影には大好評でした。
ありがとうございました。

京都を彷徨いの旅です。

ご好評頂いたSigma DP2 Merrillの話は以下です。



nice!(76)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
50mm F1.2L & 24mm F1.4L ブログトップ