So-net無料ブログ作成

上高地の入り口、新島々駅と旧島々駅舎。松電プロジェクト2に参加して来ました。その4 [Nokton 25mm & M.ZD 75mm]

Sponsored Links




11月2日、11月に入って最初の週末の金曜日です。
今朝も、良く晴れわたって、そして、冷え込んだ朝です。
皆さん、朝夕は冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。

夕べ、iOS6の新バージョン6.0.1がリリースされています。
いくつかのバグフィックスがメインのようです。
Wi-Fiの接続の信頼性の改善も入っているようです。
ファームウエアのアップデートですが、iPhone単体か、iTunesからアップデートしてください。

更に続きますが、今日も、10月28日の松本電鉄プロジェクトに参加して来た続きです。
YUTAじいさん
下総弾正くまさん

今日は、乗り鉄として、団体貸し切りと化した3000系の列車で、松本で折り返して、新島々駅に到着編です。
今回のルートは、
(開始)新村駅→松本駅(折り返し)→新島々駅→新村駅(終了)
となります。
新島々駅では、外に出て、撮影、お買い物タイムとなりましたが、
新島々駅の道路を挟んだ向かいに、旧島々駅舎が移設されて、地元物産の販売所となっていました。
昔は、新島々駅の先に、もう一駅、島々駅があって、上高地へのバスターミナルとしても栄えていたそうです。
しかし、用地不足で、現在の新島々駅にバスターミナルの役目を移したのですが、
弱り目に祟り目なのか、台風による土砂災害で新島々 - 島々間が不通となると、
そのまま廃線となり、廃駅舎となって、現在の場所(新島々駅の向かい)に移築されたそうです。
いろいろ歴史があるのですね。
新島々駅の西側には、配線となった区間の名残が数十mほど残っているらしいです。
そうそう、リンゴが豊富に売っていたので、4種類ほどを1個ずつ買ってきました。

ということで、今日も、にわか鉄っちゃんと化してきましたので、その写真から。

撮影機材は、Olympus OM-D E-M5と、コシナNokton 25mm F0.95レンズとM.Zuiko ED75mm F1.8レンズです。
写真は、iPad用の2048x1365なので、クリックすると大きいのでお気を付け下さい。
1)三角の吊り輪
MA289050_2048x1536_補正済.jpg
2)先頭車両のガラス越しに
MA289094_2048x1536_補正済.jpg
3)先頭車両らしい光景
MA289098_2048x1536_補正済.jpg
4)操作卓。この1本レバーは、アルピコさんの仕様らしいです。標準は2本レバー式?
MA289100_2048x1536_補正済.jpg
5)
MA289113_2048x1536_補正済.jpg
6)南アルプス方面。その1
MA289130_2048x1536_補正済.jpg
7)南アルプス方面。その2
MA289131_2048x1536_補正済.jpg
8)新村駅に帰還しましたが、いったん、再出発まで休憩です。
MA289138_2048x1536_補正済.jpg
9)アルピコ交通さんのイメージキャラの渕東(えんどう)なぎさちゃんです
MA289169_2048x1536_補正済.jpg
10)やはり、車窓から、南アルプス方面
MA289186_2048x1536_補正済.jpg
11)新島々駅到着
MA289196_2048x1536_補正済.jpg
12)
MA289205_2048x1536_補正済.jpg
13)撮り鉄らしい一枚でしょうか?
MA289209_2048x1536_補正済.jpg
14)新島々駅には、バスターミナルがあって、上高地までの入り口となります。
MA289213_2048x1536_補正済.jpg
15)
MA289215_2048x1536_補正済.jpg
16)道路を挟んだ向かいにある旧島々駅舎
MA289218_2048x1536_補正済.jpg
17)
MA289221_2048x1536_補正済.jpg
18)移築された駅舎は、趣があります。
MA289227_2048x1536_補正済.jpg
19)中は地元の物産販売所です。
MA289231_2048x1536_補正済.jpg
20)多種類のリンゴが格安でした。
MA289237_2048x1536_補正済.jpg
21)
MA289241_2048x1536_補正済.jpg


<<お知らせ>>

朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。


PHaT PHOTOの秋の文化祭のワークショップ「初めてのスタジオポートレート」に参加してきました。

オリンパスの誇るZuikoレンズの至宝であるED150mm F2.0レンズに迫る性能と噂の高いM.Zuiko ED75mm F1.8レンズと、この新しいマクロレンズです。
いM.Zuiko ED75mm F1.8については、最近、海外でも評価が高いようです。
そして、M.Zuiko ED60mm F2.8 Macroレンズの初期の評価も高いようです。

先日の東京カメラ部「第壱号企画 スタジオ撮影会」第1部Aグループでの撮影には大好評でした。
ありがとうございました。

京都を彷徨いの旅です。

ご好評頂いたSigma DP2 Merrillの話は以下です。


〇Olympusからは、進化したStylus XZ-2や、モデルチェンジとなるPEN Lite E-PL5&PEN mini E-PM2と、ボディーキャップレンズ BCL-1580マクロレンズ 60mm F2.8 Macroなど各種レンズの発表がありました。
参考展示として、ほぼ完成品状態の17.5mm F1.8レンズのモックアップ品も置かれていたようです。
ただし、XZ-1後継機のXZ-2は、まだ、オリンパスオンラインショップに登場していませんね。


ボディーキャップレンズ BCL-1580(15mm F8.0)単品の予約発売も始まっています。
オリンパスオンラインショップ各セット先着100名さま限定だそうです。
オンラインショップ特典は、3年間保証付きです。

オリンパスオンラインショップでは先着100名のキャンペーンだそうです。
今予約すれば、10月5日の発売日に間に合いそうですね。
専用レンズフードLH-49は別売りです。装着したまま仕舞えるギミックガ面白そうです。


金属の外装をブラックに加えて、以下のアクセサリを同梱した限定品
全世界で3000セットの限定品から、さらにオンラインショップ先着200名様限定。
金属レンズフード「LH-48」
金属レンズキャップ「LC-48」
プロテクトフィルター「PRF-D46PRO」
今予約すれば、発売日の9月28日に入手出来るでしょうかね?



いよいよ、2012年7月6日から発売されました。
そして、オリンパスオンラインショップで予約キャンペーンが始まっています。
これは、3年間の保証を受けられる延長保証サービスに加えて、お買い上げ日から3年間で2回、ピントや絞りなど、指定する項目の診断と各部クリーニングを実施する無料診断サービス付きキャンペーンです。

OM-D E-M5ですが、OM-D本体、関連製品、全て、3月31日(土曜日)発売されました。
オリンパスオンラインショップでは、各モデル通常の販売を受け付けています。

オンラインショップでは、リニューアル記念キャンペーンを実施しています。
「対象期間中に、一回のご注文で5万円以上(税込)(※1)ご購入のうえ、応募された方にOMシリーズまたはPENシリーズのカメラがデザインされたプレミアム切手シート(非売品)をもれなくプレゼントしております。」

非常にマイナーなtipsですが、長くなってきたので、少し整理します。

〇Fn2に、拡大AFという、ボタンを押すと、拡大表示する機能がありますが、
この拡大AFの機能で便利なのが、緑の四角で表示されるAF枠の縮小表示です。
通常は、全画面の35分の1がAF枠となりますが、この拡大AF使用中は、
例えば、拡大率14倍にしてあると、全画面の1/35のさらに、1/14の小さな緑の枠がAF枠▢となります。
その小さな範囲にスポットでAF合焦するようになります。

この拡大AFは、慣れると便利ですし、かなり小さなAFターゲット枠を利用可能になりますので、
AFのままで、精度を高めるのに適しています。

現時点で判っているOM-Dのミニ知識。
○拡大時のシャッター半押し機能設定がありますが、標準では、mode1になっています。
mode1:シャッター半押しで、拡大表示をキャンセルして通常画面に戻ります。
mode2:シャッター半押しで、拡大したままAF動作します。
また、この機能は親指AF時にも連動していますので、mode2にしていないと、拡大表示時の親指AF操作ができなくて、使いにくいと思われます。
また、マニュアルフォーカス使用中で、拡大表示している場合にも、このモード設定によって、挙動が変わりますので、構図を直ぐ確認したい方は、mode1、拡大表示したままでピントを追い込みたい方は、mode2を選択する方が良いと思います。

○内蔵EVFのフレームレートは、ピクチャースタイルをi-Finish以外に設定している時に選択できます。
○また、内蔵EVFの高速フレームレートは、フルライムAF設定に優先する。
○さらに、内蔵EVFの高速フレームレート設定は、LiveView拡大表示中は、標準レートに下がる。
○2つのダイヤルの設定が、何も設定変更していない場合、
 A/Sモードでは、前ダイヤルが露出補正、後ダイヤルが、絞り・シャッタースピード。 
 Mでは、前ダイヤルが絞り、後ダイヤルがシャッタースピードでした。 

○Fn2ボタンは、初期設定でマルチファンクションになっていますのが、
 この状態で、トーンカーブ表示されたハイライト・シャドーコントロール機能となっています。
 前ダイヤルがハイライトの調整、後ダイヤルがシャドーの調整となります。
 例えば、ハイライトを下げて白飛びを減らして、シャドーを上げて暗部を持ち上げて撮影が簡単にできます。
○デフォルトのピクチャーモードがNaturalですね。 
 これは、上記の高速フレームレートの設定に直結しているようです。
 先々の改善で、i-Finishのままで、高速フレームレートの設定可能にして欲しいですね。

なお、OM-D E-M5の高感度画質向上の点から、オートISO感度の上限はISO1600の標準設定のまま、
ノイズフィルターの設定となる、長秒時ノイズ低減はオフ、高感度ノイズ低減は低に設定しています。

nice!(82)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 82

コメント 2

駅員3

しっかり鉄分を発揮されて、素敵な写真を撮られてますね!

安売りしていたリンゴは、焼きリンゴに最適なんです♪
バラ売りの高いものでも勿論美味しく出来ますが[揺れるハート]
ダッジオーブンで、また焼きリンゴやりましょう!
by 駅員3 (2012-11-02 12:08) 

下総弾正くま

リンゴのお味はいかがでしたか(・・?)
by 下総弾正くま (2012-11-02 12:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました