So-net無料ブログ作成

赤塚植物園写真展が終了しました。ありがとうございました。その6 [OM-D E-M5 & 5D Mark III]

Sponsored Links




今朝は、良く晴れていますが、相変わらず肌寒いの3月13日です。
皆さん、朝夕は強烈に冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。

もう大盛況の内に、第2回赤塚植物園写真展が無事に終了致しました。
みなさま、ありがとうございました。


さて、赤塚植物園内を散策しながらの撮影の続きからです。
3月5日の時点では、まだまだ春は遠い感じの植物園内でしたが、
その後、連日の好天続きで、いろいろな花が一気に咲いているそうです。

赤松植物園写真展の主催者でもあるNama3さんのblog
深縹さんのblog

写真は、今回は、土屋先生の講座の速報と、赤塚植物園と、その周辺での撮影からです。
機材は、Olympus OM-D E-M5とコシナ Nokton 25mm F0.95レンズ、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズです。

2048x1365サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
今回の第2回赤塚植物園写真展への出展作品
○「虹色ランデブー」
M1196624_2048x1365_2_1.jpg

3月5日の設営の日に赤松植物園で撮影した写真のラストです。
2)光一杯のニホンスイセン
M3059054_2048x1536_補正済.jpg
3)
M3059061_2048x1536_補正済.jpg
4)花きゃべつ
M3059075_2048x1536_補正済.jpg
5)玉ボケが一杯
M3059082_2048x1536_補正済.jpg
6)暖簾のように
M3059083_2048x1536_補正済.jpg
7)影のめがね
M3059087_2048x1536_補正済.jpg
8)揺れ動く川面のように
M3059097_2048x1536_補正済.jpg
9)青空と
M3059103_2048x1536_補正済.jpg







<<ご案内>>
好評頂いている冬の新宿通から新宿御苑シリーズ。
新宿通を四ッ谷から新宿御苑まで散策して、新宿御苑では、仲間内で撮影会をしてきました。
モデルは、高宮葵さんです。


なんとなく、2月12日の夜の続き。
夕闇の中の京橋から歩いて、銀座4丁目の交差点まで。
銀座線で一駅ですが、その区間を地上で歩けば、京橋から、銀座1丁目、銀座2丁目、
銀座3丁目、銀座4丁目の交差点まで散策できます。

ご好評のCP+2013に行ってきましたのシリーズはこちらです。
CP+2013、会期中いろいろ有りましたが、ありがとうございました。
次回は、 CP+2014は 2014年2月13日(木)から16日(日) にパシフィコ横浜にて開催予定だそうです。
お楽しみに。


好評を頂いています【高宮葵の夕霧亭】の高宮葵さんの撮影は、以下のシリーズです。

雪の残る1月19日の板橋区の赤塚植物園での撮影はご好評頂きました。

亜都さんの撮影の記事はたいへん好評でした。
ありがとうございます。


Facebookのシグマ・Foveonスクウェアで紹介頂きました。
【SIGMAレンズイベント関連写真・ブログのご紹介】で以下の記事を紹介されました。
 『シグマ レンズ新コンセプトイベントに参加して。その1』
  Kiyo's blog 2011 by Kiyo様

突然の東京の大雪の日の撮影シリーズです。
まあ、実際の所、PHOTO BATTLEの撮影の為に、有楽町・銀座界隈にいたから撮影したのであって、
もし、自宅にいたらば、わざわざ苦労して撮りに行ったかは疑問ですね。


blogのヘッダーの写真を変更しました。
12月2日に平林寺で紅葉撮影した中からの一枚です。
Olympus OM-D E-M5とZuiko ED150mm F2.0レンズで撮っています。

先日の記事「ありがとう土屋勝義先生、そして、オリンパスデジタルカレッジの人物撮影テクニック講座の歴史を振り返る」には、沢山のアクセス、nice、そして、コメントをありがとうございました。
最後には、土屋先生からのコメントを頂いて、万感の思いです。


好評を頂いている京都旅行のシリーズは、一旦お休みします。
丁度、旧嵯峨御所大覚寺門跡は、風車を並べたイベントを開催中でした。

朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。

nice!(84)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 84

コメント 3

駅員3

いずれの写真も、春の優しさを感じさせてくれて、心和みます(^^)
by 駅員3 (2013-03-13 07:00) 

RuddyCat-Lalah

1枚目の写真は洋画のワンシーンのように幻想的ですね。
水仙は暖かい光に包まれていていかにも春を感じさせてくれます。
玉ボケの写真は水の中から光を見上げている錯覚に囚われて
しまいました。
ラストの青い空は手前に時間が止まったかのような樹木があるため
なのか、逆に生を感じてしまいます。
私は写真に写っている空の青さだけでなく色々な自然の青色が
好きなのですが、この空の青はまるで木が吸い込まれていくようで
神秘的に見えました。
by RuddyCat-Lalah (2013-03-13 09:41) 

katakiyo

虹色のランデブーと光の中に誕生したような水仙素敵です。
by katakiyo (2013-03-14 06:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました