So-net無料ブログ作成

熊本旅行3月8日。熊本初日。熊本城でのひろみの足跡を追って。 [OM-D E-M1]

Sponsored Links




心の中の一部がもぎ取られて、過ぎ去る時の中で止まったままのような気分です。
そんな2014年3月14日です。
皆様も、風邪を引かないように、お気をつけ下さい。

みなさま、いよいよ、本日が、妻 ひろみ(享年40歳)の通夜となり、
明日が告別式となります。

自分自身のこと、家庭のことを、記載しないblogとしてきましたが、
今日は、その理由も記載しています。

3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

あまりにも、早い別れに、いまだ、頭が、心が、身体が対応出来ていません。
元気な頃の姿をみるだけで、涙が止まりません。

実は、ここ2年ばかり、それ以前に比べて症状が悪化していました。
2年ほど前に、見当識というますか、ヒト間違えや、記憶障害が発生しました。
当時の入院先の腎臓内科から、転科して脳神経内科に移って、
MRI検査をすると記憶を司る海馬の部分などに、微少の腫れがあって神経を圧迫しているというコトでした。
原因は不明で、膠原病(SLE)の発症の一つかと思われました。
腫瘍という訳ではないので、対策のしようがありません。
脳内の何処かが腫れる=麻痺や死の危険と隣り合わせになっていたことになります。
そして、ここ2年、爆弾を抱えたなかでの、一進一退だったと思います。

以前のように明確にどこが悪いということ無く(それはそれで、従来のSLEとしてありました)、
徐々に行動が制限されて、活発さが無くなり、足腰が弱り、記憶が悪くなり、目が見えにくくなり、
本人も自覚が出来るくらいに目に見えて、衰えてきたと思います。

ある種、『いつかは』の達観はしていたと思います。
ここ数年、入院する度に、次に帰って来られないかもしれないと言い合っていました。
多分、次か、次の次に入院した時に、生きては帰宅できないと二人とも思っていました。
偶々、嬉しすぎてなのか、疲れすぎてなのか、自宅で亡くなってしまいましたが、
それは、良かったのかもしれません。

入院中の病院では、患者として一人取り残されて、寂しい思いを続けていたようです。
見舞いに行く度に、沢山来て欲しい、長い時間一緒に居て欲しいと、私にだけ言っていました。
旅行のように、四六時中、一緒に居られたのは、とても嬉しかったようです。

まだ、妻も、自分が死んだことを知らなくて、ただ呆然としているだけのような気もしています。


ここ暫く、妻の話を書いておこうと思います。
思い出せるうちに。

まだ、一緒に居る気がしてなりませんが、苦しんだ病から解放されて、穏やかにお休み下さい。







Photoartist講座仲間の町田さんが、斎藤先生の縁もあって、先生がギャラリーディレクターを務める
熊本市のアートギャラリー ジャッドで個展を開くこととなりました。

町田 良太 写真展「再びの光」
縁あって、町田さんが訪れた震災の地。
そこで、見たモノ。
復興していく姿、
どうしようもなく崩れゆく姿、
いずれもが、真実であり、
夢のようでもある。
町田さんの目を通して3年の月日を振り返る。

〒860-0851 熊本県熊本市中央区子飼本町1-25シンフォニーハイツ1F


今日の写真は、熊本旅行の初日に撮影した中からです。
本日は、熊本城での時間からです。
熊本城では、昔の建物の常で、急な階段を6階昇り降りするのですが、
途中の階のベンチで腰掛けて待っているかと思えば、
キツイキツイ、エレベータはなぜ無いんだと良いながら、大天守閣まで昇りました。
流石に、昇った光景は見晴らしが良くて絶景でした。
疲れながらも、喜んでいました。

普段、病気のタメに化粧ののりや写りが悪いと、写真に写るのを嫌がっていた妻ですが、
今回の旅行では、何か感じるモノが有ったのか、予兆があったのか、
いつになく、撮って撮ってと言っていました。

今日の一枚は
M3084423_2048x1536_補正済.jpg
『中に入る前の一休み』熊本城の一番外の井戸横で
この1枚は、2014年3月8日に、Olympus OM-D E-M1+ED150mm F2.0レンズで撮影しています。





2048x1536サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)熊本城の石垣にて
M3084405_2048x1536_補正済.jpg
2)熊本城
M3084454_2048x1536_補正済.jpg
3)
M3084455_2048x1536_補正済.jpg
4)お城の前で。時代衣装の案内のヒトと
M3084463_2048x1536_補正済.jpg
5)お城に入る
M3084467_2048x1536_補正済.jpg




MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

  • 出版社/メーカー: マルミ
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品



3月11日への思い

3月4日のお昼休みに訪れた浜離宮恩賜庭園の早春からです。
梅は未だかなと、思ったのですが、春野浜離宮の定番である菜の花が咲き誇っていました。
その様子からです。

フィッシュアイボディキャップレンズでの渋谷と新宿での撮影からです。
折角、オリンパスさんに例の「Olympus賞」の賞品を頂きましたので、
天気は悪かったのですが、渋谷と西新宿に出かけたついでに、使ってみました。

今日の写真は、小川勝久先生の勉強会で訪れた館山の平砂浦海岸での撮影からです。

ありがとうございました。

2014年2月13日に開幕しましたCP+2014に初日と最終日のあれこれからです。
ここから、初日の様子です

2月8日の雪の日の続きです。



blogのヘッダーの写真を変更しました。OM-D E-M1+M.Zuko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影した会津の吹雪のシーンです。

So-net blogの画像認証ですが、一時的に、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントは、うちのblogの名前からです。
2013/11/01のblogから、画像認証を「無効」に設定しているので、
接続会員の方がログインされている場合は、画像認証が表示されなくなっていると思います。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。
(ご指摘の通り、長年So-netの有料会員に加えて、So-net blogの有料プランにもしてあります。)


nice!(55)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 55

コメント 2

robotic-person

SLEの症状についてとても勉強になります。
お辛い中、どうもありがとうございます。
by robotic-person (2014-03-14 19:30) 

フォトン

他の方のブログで知りました。
心よりお悔やみ申し上げます。
経緯等、読ませていただきました。
奥さんは、病気には苦しまれたと思いますが、
kiyoさんと過ごした期間はとても幸福だったのではないかと思いましたよ。


by フォトン (2014-03-14 22:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました