So-net無料ブログ作成

熊本旅行3月8日。熊本初日。熊本城から子飼商店街でのひろみの足跡を追って。 [OM-D E-M1]

Sponsored Links




心の中の一部がもぎ取られて、過ぎ去る時の中で止まったままのような気分です。
そんな2014年3月15日です。
皆様も、風邪を引かないように、お気をつけ下さい。

みなさま、いよいよ、本日が、妻 ひろみ(享年40歳)の告別式となります。
通夜から葬儀会館に泊まりますので、予約投稿しておきます。
なお、告別式は、10時からとなります。
親族、係の方は、9時集合ですが、10時から告別式開始です。
11時に出棺となります。

自分自身のこと、家庭のことを、記載しないblogとしてきましたが、
今日は、その理由も記載しています。

3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

あまりにも、早い別れに、いまだ、頭が、心が、身体が対応出来ていません。
写真を整理していて、元気な頃の姿をみるだけで、涙が止まりません。

昨日の続きですが、2年と少し前に、
外食などで、急に、モノを食べると吐いてしまうようになりました。
ここ数年で、ひろみの親族では、お祖母さんを亡くし、その暫く後に、
実母さんの弟さんである叔父さんを亡くしています。

その叔父さんの葬儀の頃から始まったと思いますが、
本人にも自覚が無いままに、急に吐き出してしまう現象が現れました。
外出すると起きるので、本人も気にして、外食を控えたり、
あまり、食べない(食べなければ=吐かない?)ようになって、
遂に、摂食障害になって、一時は30Kgをきるような体重になってしまい、
2年前に入院しました。
それと前後して、記憶障害が現れて、院内転院先の脳神経内科で、
いろいろな症状が、脳への膠原病の影響で現れているというコトでした。
ステロイドのパルス治療等で、多少の改善と共に、コレ以上は変わらないと言う事で、
1ヶ月ほどで退院しました。
徐々に回復してきたようで、記憶障害はめっきり減り、吐くことも滅多に無くなりました。
しかし、その後、昨年の夏に再び入院しました。
移植した腎臓の値が悪く、ふらふらするような状態が続く、体調の悪化からです。
退院して、そこそこ回復していましたが、ここ1〜2ヶ月、また、記憶障害が出て来ましたので、
次回の検査時に、また、MRI検査を受けて、脳神経内科にも受診してみようと話していた矢先でした。


入院中の病院では、患者として一人取り残されて、寂しい思いを続けていたようです。
見舞いに行く度に、沢山来て欲しい、長い時間一緒に居て欲しいと、私にだけ言っていました。
旅行のように、四六時中、一緒に居られたのは、とても嬉しかったようです。

まだ、妻も、自分が死んだことを知らなくて、ただ呆然としているだけのような気もしています。


ここ暫く、妻の話を書いておこうと思います。
思い出せるうちに。

まだ、一緒に居る気がしてなりませんが、苦しんだ病から解放されて、穏やかにお休み下さい。







Photoartist講座仲間の町田さんが、斎藤先生の縁もあって、先生がギャラリーディレクターを務める
熊本市のアートギャラリー ジャッドで個展を開くこととなりました。

町田 良太 写真展「再びの光」
縁あって、町田さんが訪れた震災の地。
そこで、見たモノ。
復興していく姿、
どうしようもなく崩れゆく姿、
いずれもが、真実であり、
夢のようでもある。
町田さんの目を通して3年の月日を振り返る。

〒860-0851 熊本県熊本市中央区子飼本町1-25シンフォニーハイツ1F


今日の写真は、熊本旅行の初日に撮影した中からです。
本日は、熊本城での時間の続きからです。
水前寺公園から、市電に乗って訪れた熊本城では、疲れながらも、愉しんでいたようです。
その後、再び、バスにのって、町田良太さんの個展会場のアートギャラリー ジャッドを訪れました。
というか、この度のメインでした。
そこで、斎藤功一郎先生が、近所の子飼商店街が100円セールをやっていて安いよというので、
東京からのメンバー達で、買い物=撮影に行ってみました。
驚く程、野菜や、果物が安かったので、あー、東京に買って帰りたいとみんなで言っていました。
私は、5kgで290円という激安の蜜柑(みかん)を購入して、
ギャラリーの皆さんに、2個ずつ配るという大人買いモドキをしてみました。
甘くて美味しかったです。

普段、病気のタメに化粧ののりや写りが悪いと、写真に写るのを嫌がっていた妻ですが、
今回の旅行では、何か感じるモノが有ったのか、予兆があったのか、
いつになく、撮って撮ってと言っていました。

今日の一枚は
M3084518_2048x1536_補正済.jpg
『一緒に撮影』熊本城の出がけに
この1枚は、2014年3月8日に、Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。





2048x1536サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)大天守閣にて。(こうしてみると、結構辛そうな顔です)
M3084505_2048x1536_補正済.jpg
2)熊本城大天守閣からの光景。妻 ひろみも、喜んで見ていました。
M3084511_2048x1536_補正済.jpg
バスで移動して、この日のメイン、この熊本旅行のメインへ。
M3084530_2048x1536_補正済.jpg
4)PhotoArtist仲間と町田さんへお花を贈りました。
M3084533_2048x1536_補正済.jpg
5)子飼商店街でイキイキと歩いて
M3084576_2048x1536_補正済.jpg






MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

  • 出版社/メーカー: マルミ
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品



3月11日への思い

3月4日のお昼休みに訪れた浜離宮恩賜庭園の早春からです。
梅は未だかなと、思ったのですが、春野浜離宮の定番である菜の花が咲き誇っていました。
その様子からです。

フィッシュアイボディキャップレンズでの渋谷と新宿での撮影からです。
折角、オリンパスさんに例の「Olympus賞」の賞品を頂きましたので、
天気は悪かったのですが、渋谷と西新宿に出かけたついでに、使ってみました。

今日の写真は、小川勝久先生の勉強会で訪れた館山の平砂浦海岸での撮影からです。

ありがとうございました。

2014年2月13日に開幕しましたCP+2014に初日と最終日のあれこれからです。
ここから、初日の様子です

2月8日の雪の日の続きです。



blogのヘッダーの写真を変更しました。OM-D E-M1+M.Zuko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影した会津の吹雪のシーンです。

So-net blogの画像認証ですが、一時的に、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントは、うちのblogの名前からです。
2013/11/01のblogから、画像認証を「無効」に設定しているので、
接続会員の方がログインされている場合は、画像認証が表示されなくなっていると思います。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。
(ご指摘の通り、長年So-netの有料会員に加えて、So-net blogの有料プランにもしてあります。)


nice!(87)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 87

コメント 5

ちょいのり

kiyoさんが傍に居るだけで奥様には安らぎというお薬だったのですね。
一番効くお薬。
しばらくお忙しいと思います。また辛かろうとも思います。
kiyoさんもお体気をつけてくださいね。

by ちょいのり (2014-03-15 01:26) 

ChinchikoPapa

書かれている記事に、どうしても「nice!」を押す気になれずコメントにさせていただきます。わたしも、同様の立場に置かれたら、喪失感がものすごいのでは…と思います。くれぐれもご自愛ください。
by ChinchikoPapa (2014-03-15 17:58) 

けん

こういう時ってなんてコメントしたらよいのかわからないのですが、お忙しそうかとおもいますが、お体だけはくずさずにがんばってくださいね。

by けん (2014-03-16 02:39) 

YAP

このたびはご愁傷様でした。
突然の訃報は、驚きいたとともに、闘病を続けていた奥様、それを支えていながら一人残されてしまったkiyoさんの心中をお察しすると、どんな言葉も軽くなってしまいそうで、なんともつらく切なく感じます。
ここ数日で気持ちもお疲れのことと思いますが、どうぞご自愛ください。
奥様のご冥福を、心よりお祈りしております。
by YAP (2014-03-16 04:40) 

yuzuhane

元の性格そのままにどんどん前を歩いて行かれたというその旅行中のお姿を、今どんな思いで見ていらっしゃるかと思うと、言葉もありません。写真、絵として残るだけでなく、きっとその瞬間に構えてレンズを覗いていた時のことも一緒に残っていることでしょう。
そして、今は無理でしょうが、たまには外にカメラを向けて、いつもKiyoさんが感じていらした素敵な世界をまた見つけることで
心を休める時ももってくださいね。この状況の中、冷静を務めていらっしゃるお姿に、感銘すら覚えます。奥様はお写真拝見する限り、きっとお幸せな気持ちでいかれたことと思います。こころよりご冥福をお祈り申し上げます。kiyoさんもお体気を付けてお過ごしくださいね。
by yuzuhane (2014-03-16 09:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました