So-net無料ブログ作成

熊本旅行を振り返って。もう少し、水前寺公園(水前寺成趣園)にて。 [E-M1 & 5D Mark3]

Sponsored Links




心の中の一部がもぎ取られて、過ぎ去る時の中で止まったままのような気分です。
そんな2014年3月21日です。
みなさまも、呉々も、お身体を大切にして下さい。

みなさま、
暖かいメッセージをありがとうございます。
なかなか、コメントお返しできなくて、申し訳ありません。
通夜、告別式には、故人を偲んで、非常に多くに方にご来場頂けました。
告別式には、駅員3さんにもご来場頂けました。
本当に、ありがとうございました。

近況ですが、
みなさま、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなってから10日間が経ちました。
急に、いろいろやるべきコトが怒濤のように押し寄せ来て、
目の前にあることを行うだけ、あっという間でした。

忘れないうちに、3月11に経ったコトを簡単に書いておきます。
トイレに起きた5時前(4時50分前後)ころに、隣に妻が居ないコトに気づき、
風呂場で変わり果てた姿を見つけました。
呆然としている間はなく、直ぐに助け出して、人工呼吸を試みました。
風呂に入っていたので身体は柔らかく、暖かいのですが、呼吸をしません。
人工呼吸をしても、変わらないので、急いで救急車を呼びます。
ご実家にも連絡を入れました。
10分も掛からずに来ました。
蘇生を任せましたが、難しいのは、自分でも分かっていました。

練馬高野台にあるJ医院に搬送されて、救急治療でも蘇生を試み続けました。
担当の救命医の先生にも、蘇生での何の反応もない点、心臓が鼓動再開しない点など、
蘇生が難しいコトの説明を受けました。

そうこうしているうちに、ご実家の方々も、駆け付けてきました。
会社にも携帯メールで連絡を入れました。
ご家族が駆け付けたところで、臨終となりました。

病院での病死ではないので、遺体は警察署に移送されて、
私も、担当の刑事さんに事情聴取を受けました。
事故ならば、事件になるからです。
ただ、難病の持病があること、掛かり付けの女子医大病院の担当医とも話をされて、
いつ、突然なこと・突発的なコトがあるか分からない状況であったことから、
難病である膠原病の一種、全身性エリテマトーデス(SLE)による病死という判断になりました。
警察に伺って、遺体を引き取り、葬儀の手配をしなければなりません。
会社の紹介で、社員の方のご兄弟の努めておられる葬儀社を紹介され、
遺体引き取り、ご実家への移送、葬儀(通夜、告別式)の手配を頼みました。

並行して、警察で頂いた検死の勘案書に追記して、区役所に死亡届を出して、
火葬場指定の火葬許可書を頂いてきました。
これがないと、火葬を行うコトが出来ません。
なお、その指定の火葬場で荼毘が完了すると、埋葬許可証が頂けます。

明け方から、夜まで、飲み食いすること無く、あっという間に時間が過ぎていきます。
それも、随時、こみ上げる感情で泣けてくるのとともに、全く、飲みたい・食べたいと思わないのです。

ご実家で、通夜はどうするか、告別式はどうするかを決めると共に、
妻の交友関係に、急遽連絡をとっていきます。
高校・中学の友人、恩師の先生方は連絡が付きやすかったですが、中々分からない方も残りました。
交友のあった病気の仲間の方々も、親しい方達は連絡が付きました。
一時、働いていたときの職場の方々や、入退院をしていた病院関係の方々に連絡ができませんでした。
私の交友関係にも連絡をしていきます。
会社にも、通夜・告別式の日時を含めて、正式に連絡を取ります。

それでも、刻々と時間は過ぎていきます。


3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

あまりにも、早い別れに、いまだ、頭が、心が、身体が対応出来ていません。
写真を整理していて、元気な頃の姿をみるだけで、涙が止まりません。

ここ暫く、妻の話を書いておこうと思います。
思い出せるうちに。

まだ、一緒に居る気がしてなりませんが、苦しんだ病から解放されて、穏やかにお休み下さい。


今日の写真は、熊本市内、水前寺公園(水前寺成趣園)での写真を何枚か載せています。


今日の一枚は
M3084324_2048x1536_補正済.jpg
『撮って
バス旅行1日目の3月8日の水前寺公園の池での写真からです。
Olympus OM-D E-M1+Zuiko ED150mm F2.0レンズで撮影しています。


Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
さらに、ED150mm F2.0レンズでも撮影しています。

2048x1536サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)妻は、池の畔から、徐々に池の飛び石に入って行ってました。
M3084321_2048x1536_補正済.jpg
2)見ている方は、ひやひやです。
M3084326_2048x1536_補正済.jpg
3)飛び石のトコロでの別カットです
M3084328_2048x1536_補正済.jpg
4)なんとなく、浜離宮の潮入の池を思い出しました。
M3084333_2048x1536_補正済.jpg
5)コシラサギ?
M3084348_2048x1536_補正済.jpg
6)鳥居で
M3084355_2048x1536_補正済.jpg

この一枚は、EOS 5D Mark3+EF85mm F1.2L IIレンズで撮影しています。
7)記念写真屋さん。
 折角だから、二人で撮って貰っておけば良かった。
5D3_4664_2048x1536_補正済.jpg






MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

  • 出版社/メーカー: マルミ
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品



3月11日への思い

3月4日のお昼休みに訪れた浜離宮恩賜庭園の早春からです。
梅は未だかなと、思ったのですが、春野浜離宮の定番である菜の花が咲き誇っていました。
その様子からです。

フィッシュアイボディキャップレンズでの渋谷と新宿での撮影からです。
折角、オリンパスさんに例の「Olympus賞」の賞品を頂きましたので、
天気は悪かったのですが、渋谷と西新宿に出かけたついでに、使ってみました。

今日の写真は、小川勝久先生の勉強会で訪れた館山の平砂浦海岸での撮影からです。

ありがとうございました。

2014年2月13日に開幕しましたCP+2014に初日と最終日のあれこれからです。
ここから、初日の様子です

2月8日の雪の日の続きです。



blogのヘッダーの写真を変更しました。OM-D E-M1+M.Zuko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影した会津の吹雪のシーンです。

So-net blogの画像認証ですが、一時的に、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントは、うちのblogの名前からです。
2013/11/01のblogから、画像認証を「無効」に設定しているので、
接続会員の方がログインされている場合は、画像認証が表示されなくなっていると思います。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。
(ご指摘の通り、長年So-netの有料会員に加えて、So-net blogの有料プランにもしてあります。)


nice!(74)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 74

コメント 3

PENGUIN

奥様のご冥福をお祈り致します。
by PENGUIN (2014-03-21 12:05) 

銀狼

先般は時間がなくて訪問のご挨拶のみとなりましたが、
改めて過去記事からずっと拝読させて頂きました。
遅くなりましたが、奥様の訃報に際し、
謹んで心からご冥福をお祈り申し上げます。

by 銀狼 (2014-03-21 13:21) 

ちょいのり

ゆっくり傍にいてやることもできないだなんて・・・
葬式のシステムもどうなのかなあと考えてしまいますね。

by ちょいのり (2014-03-22 01:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました