So-net無料ブログ作成

Leica DG Nocticron 42.5mm F1.2レンズで撮る。植物園を離れて、懐かしい小石川の町から、水道橋へ。 [LeicaDG Nocticron 42.5mm]

Sponsored Links




心の中の一部がもぎ取られて、過ぎ去る時の中で止まったままのような気分です。
都心の桜は、ひらひらとした舞い降りる花びらから、ざーっと纏まって舞い散る姿が見られます。
ここ数日続いた寒さも和らいで、暖かくなってきました。そんな2014年4月9日です。
みなさまも、呉々も、お身体を大切にして下さい。

今日は、健康診断の日です。
元々は、3月中旬過ぎでしたが、妻の葬儀や、出勤日数の関係で、
とても、半休している間がありませんでしたので、4月に順延しました。
難点としては、年度を跨ぐために、来年3月までの今年度に2度目の健康診断の補助がなくなって、
自己負担となる事だそうです。
致し方ないですね。

妻が亡くなってから、早くも4週間過ぎとなりました。
3月8日からの2泊3日の熊本旅行からは、1ヶ月が過ぎたことになります。
あの楽しかった妻もいた旅行から、もうそんなに経つなんて、不思議なモノです。
週末の11日には、急逝してから1ヶ月となります。

先日、写真を通じての友人の方から、素晴らしい体験をさせて頂きました。
お陰で、妻の突然の急逝と不在で、不安になり、嘆き、痛んだ心が癒されるコトができました。
また、突然急逝した妻自身の思いの一端を知ることが出来た気がします。

今は、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
過去を振り返って、嘆き悲しんでばかりでは、妻も悲しんでしまいます。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。

そこで、妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、このblogを通して、
見せていこうと思います。



近況ですが
みなさま、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなってから、そろそろ4週間過ぎて1ヶ月になろうとしています。
香典返しの用意と、49日(4月28日ですが、法要は4月19日となりました)の準備が迫っています。

4月16日から4月27日までのPHaT PHOTOプレミアムライトクラスのグループ写真展も迫っています。
今回は、1月12日・13日に訪れた会津の冬のシーンから4作品を選んでいます。
生前の妻にも見せています。体調が良ければ、一緒に行っていたのですが、見送っていました。
いつかは、妻の写真だけで展示をしたいですね。

【告知】
PHaT PHOTOプレミアムライトクラス 写真展『ココロオドル』
■会期:2014年4月16日(水)~4月27日(日)
■会場:72 Gallery(TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY内)
〒104-0031東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F



【告知2】
Roonee 247 Photography
・住所:東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F
・会期:2014年4月1日火曜日~2014年4月13日日曜日
・時間:12時~19時(最終日16時まで)



そろそろ、東京の桜も咲いてきたことですので、熊本旅行は一端中断して、
このLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズでの試し撮りシリーズです。

こんな話「パナソニックに聞く「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」のこだわりを聞くと、たまらなくゾクゾクしてきますね。


それでも、刻々と時間は過ぎていきます。

あまりにも、早い別れに、いまだ、頭が、心が、身体が対応出来ていません。
写真を整理していて、元気な頃の姿をみるだけで、涙が止まりません。

ここ暫く、妻の話を書いておこうと思います。
思い出せるうちに。



今日の一枚は
M4058016_2048x1536_補正済.jpg
『飾り』植物園の自転車置き場で
Olympus OM-D E-M1とLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズ撮影しています。

今日の写真は、4月5日の続きで、2kさん、aidesuさん達と会いましたところからです
この後、2kさん達と徒歩で、小石川経由で、後楽園、水道橋と案内した道々での撮影からです。

小石川には、妻と出会い、1999年5月に中井に引っ越すまでの8年間ほど住んでいました。
そのころ住んでいた辺りは、急速な地上げにあって、商店街の殆どが引っ越していて、
小石川商店街だったところが、高層マンション銀座となっています。
引っ越す直前には、変わった形の高層ビルで有名な文京区役所が立っています。
東京大学などの教育施設を除くと、後楽園くらいしかなかった文京区には
文京区役所自身が、珍しい名所かもしれません。

撮影機材は、主に、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズで撮影しています。

2048x1536サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
ここでは、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズで撮影しています。
1)aidesuさんと話ながら桜を見上げて
M4058014_2048x1536_補正済.jpg
2)桜と青空と
M4058020_2048x1536_補正済.jpg
移動して、小石川のえんま通り商店街にて
3)昔からある人気の八百屋さん、勉強の店の「ちーばくん」
M4058023_2048x1536_補正済.jpg
4)肉屋さんの揚げ物(コロッケ、メンチカツなど)は、ヒトを引き寄せますね。
M4058025_2048x1536_補正済.jpg
5)今は、えんま通り商店街となっていますが、小石川商店街の頃の中心地にて。
M4058026_2048x1536_補正済.jpg
6)路地裏で
M4058027_2048x1536_補正済.jpg
7)信号待ち
M4058028_2048x1536_補正済.jpg
8)文京区役所の不思議な上部を見て。
M4058030_2048x1536_補正済.jpg
9)春日通りの交差点
M4058031_2048x1536_補正済.jpg






MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

  • 出版社/メーカー: マルミ
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品



熊本旅行は、一端中断して、まずは、今年の桜の様子など近況を優先します。
3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

3月11日への思い

3月4日のお昼休みに訪れた浜離宮恩賜庭園の早春からです。
梅は未だかなと、思ったのですが、春野浜離宮の定番である菜の花が咲き誇っていました。
その様子からです。

フィッシュアイボディキャップレンズでの渋谷と新宿での撮影からです。
折角、オリンパスさんに例の「Olympus賞」の賞品を頂きましたので、
天気は悪かったのですが、渋谷と西新宿に出かけたついでに、使ってみました。

今日の写真は、小川勝久先生の勉強会で訪れた館山の平砂浦海岸での撮影からです。


blogのヘッダーの写真を変更しました。
EOS 5D Mark III+EF85mm F1.2L IIで撮影した水前寺公園の参道での妻の写真からです。

So-net blogの画像認証ですが、一時的に、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントは、うちのblogの名前からです。
2013/11/01のblogから、画像認証を「無効」に設定しているので、
接続会員の方がログインされている場合は、画像認証が表示されなくなっていると思います。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。
(ご指摘の通り、長年So-netの有料会員に加えて、So-net blogの有料プランにもしてあります。)


nice!(100)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 100

コメント 4

kick_drive

こんばんは。文京区役所の不思議な上部は展望室で無料で利用できるそうです。富士山も拝めるみたいです。(wikiより)
by kick_drive (2014-04-09 20:59) 

ピンキィモモ

こんにちは。

文京区(江戸川橋)に親戚が住んでいましたので、東京で学生生活をしていた時や用事で東京に行った時に寄っていました。
その大叔母も去年亡くなり家は取り壊されビルに変わり、今は行くこともなくなりました。
こうして、街が変わっていくんですね。

by ピンキィモモ (2014-04-10 00:29) 

駅員3

春日通りの写真、「富坂」ですね。
いいなぁ、この写真に燃えてしまいました。
僕も坂の写真をこのように撮りたいものです。
by 駅員3 (2014-04-10 07:49) 

kiyo

kick_driveさん
コメントをありがとうございます。
そうそう、文京シビックセンターですが、
展望フロアが25階なので、遠く富士山も見えます。
元々、坂の多い文京区には、富士見坂もあって、江戸の頃から富士山は見えていたようですが、
現代の富士見どころですね。

文京区役所ですが、2011年の7月のオフ会の時に、
文京シビックセンターの25階展望台に訪れています。
http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp/2011-07-27
http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp/2011-07-26
http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp/2011-07-25

ピンキィモモ さん、
コメントをありがとうございます。
小石川に住んでいる頃から、江戸川橋・目白方面への行き来に、
小日向の中を通る「巻石(まきいし)通り」を使用していて、
中井に住み始めて、御茶ノ水まで妻を送り迎えするのに良く通りました。
やはり、自身が住んでいないと、親戚との縁が切れると縁遠くなりますね。
私も、引っ越して、妻も病状から順天堂の仕事を止めて、
さらに、移植の為に女子医大に転院すると、すっかり通らなくなりましたので、
小日向から、小石川、後楽園、御茶ノ水に縁遠くなりました。

やっぱり、家がなくなって、ビルになるのは、寂しいものですね。

駅員3さん、
コメントをありがとうございます。
その通りで、先(伝通院方向)に見えるのが富坂です。
このあたりの管轄は、この坂途中にある富阪警察署ですね。
萌えて頂けたのでしたらば、嬉しいです。

by kiyo (2014-04-10 11:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました