So-net無料ブログ作成

Leica DG Nocticron 42.5mm F1.2レンズで撮る。4月6日、目黒川のさくらは心を癒してくれました。 [LeicaDG Nocticron 42.5mm]

Sponsored Links




心の中の一部がもぎ取られて、過ぎ去る時の中で止まったままのような気分です。
天候が少し不安定になっているようです。そんな2014年4月15日です。
みなさまも、呉々も、お身体を大切にして下さい。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
難病であった妻とは、軽口を言い合う中で、自分がいなくなっても、旦那は大丈夫だから、
きっと新しい生活が送れるよと言っていました。

病が続く中、段々と、自らの活力が失われ、自分らしい容姿が失われる中、
徐々に、妻は友人達とも逢わなくなっていきました。
仲が良かった友人達に、窶れていく自分を見せたくなかったのだと思います。

そんな結果として、自分が亡くなっても、悲しむヒトは多くないと悲観して言っていました。
そんな事は無い、一時の交友の中断は、決して交友を無くしてしまうことはないはずと言っても、
信じていないようでした。
葬儀に訪れた大勢の妻の友人達の悲嘆に接するに、亡き妻は驚いていたのかもしれません。

度々、写真教室や、撮影会に出かけて、妻を置いていった私にも、多々不満はあっと思います。
どこどこに撮影に行って来るよと、言えば、後で写真を見せてねと喜んで送り出してくれていました。
不満ではなくても、取り残される寂しさがあったと思います。

いつもいる人がいない。思っていた以上に堪えますね。

近況ですが
妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなって1ヶ月経つ打ちに、徐々に平常時の気持ちは落ち着いてきました。
ただ、時折、妻のことが思い出される光景や、連想されるコトガラなどに出合うと、
自然に涙が頬を伝わっていきます。
いまは、淡々と、業者さんと香典返しをしていまます。
そして、49日の法要(正式には4月28日ですが、法要は4月19日となりました)を週末に行います。

4月16日から4月27日までのPHaT PHOTOプレミアムライトクラスのグループ写真展も迫っています。
今回は、1月12日・13日に訪れた会津の冬のシーンから4作品を選んでいます。
生前の妻にも見せています。体調が良ければ、一緒に行っていたのですが、見送っていました。
いつかは、妻の写真だけで展示をしたいですね。

【告知】
PHaT PHOTOプレミアムライトクラス 写真展『ココロオドル』
■会期:2014年4月16日(水)~4月27日(日)
■会場:72 Gallery(TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY内)
〒104-0031東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F


在廊予定としては、4月19日18時からのレセプションパーティに備えて19日16時頃からと、
4月27日午後の撤収時にはいると思います。
後の在廊予定は、未定です。不意にいるかもしれません。

そろそろ、東京の桜も咲いてきたことですので、熊本旅行は一端中断して、
このLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズでの試し撮りシリーズです。

こんな話「パナソニックに聞く「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」のこだわりを聞くと、たまらなくゾクゾクしてきますね。


それでも、刻々と時間は過ぎていきます。

あまりにも、早い別れに、いまだ、頭が、心が、身体が対応出来ていません。
写真を整理していて、元気な頃の姿をみるだけで、涙が止まりません。

ここ暫く、妻の話を書いておこうと思います。
思い出せるうちに。

日常の生活の中に、妻の記憶が薄れて消えていってしまうことを恐れています。

今は、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
過去を振り返って、嘆き悲しんでばかりでは、妻も悲しんでしまいます。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。

そこで、妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、
このblogへのアップロードすることで、そんな写真を見せていこうと思います。

今年は、昨年、妻と訪れた沼田の発知のヒガンザクラ・上発知のしだれ桜を、2回見に行こうと思います。
4月29日の未明と、昨年と同じ5月1日です。

今日の一枚は
M4068136_2048x1536_補正済.jpg
『目黒の道すがら』仲の良さそうなカップルには、長くお幸せにと思ってしまいます。
Olympus OM-D E-M1とLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズ撮影しています。

今日は、4月6日に友人に会うために訪れた目黒で、時間が合ったので、
目黒側の桜を見に行った光景からです。



撮影機材は、主に、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズで撮影しています。

2048x1536サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
ここでは、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズで撮影しています。
1)目黒川の北側のさくら。都内の桜の中でも、目黒川の川沿いの桜は、見栄えがしますね
M4068141_2048x1536_補正済.jpg
2)アートフィルターのリーニュークレールで
M4068148_2048x1536_補正済.jpg
3)信号待ち
M4068154_2048x1536_補正済.jpg
4)路を渡って橋の南側へ。南側の桜はまだまだ見頃でした
M4068155_2048x1536_補正済.jpg
5)南側(渋谷川)の桜は、結構見頃でした。
M4068157_2048x1536_補正済.jpg
6)桜祭りの提灯
M4068160_2048x1536_補正済.jpg
7)写り込みのさくら
M4068161_2048x1536_補正済.jpg





MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

  • 出版社/メーカー: マルミ
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品



熊本旅行は、一端中断して、まずは、今年の桜の様子など近況を優先します。
3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

3月11日への思い

3月4日のお昼休みに訪れた浜離宮恩賜庭園の早春からです。
梅は未だかなと、思ったのですが、春野浜離宮の定番である菜の花が咲き誇っていました。
その様子からです。

フィッシュアイボディキャップレンズでの渋谷と新宿での撮影からです。
折角、オリンパスさんに例の「Olympus賞」の賞品を頂きましたので、
天気は悪かったのですが、渋谷と西新宿に出かけたついでに、使ってみました。

今日の写真は、小川勝久先生の勉強会で訪れた館山の平砂浦海岸での撮影からです。


blogのヘッダーの写真を変更しました。
EOS 5D Mark III+EF85mm F1.2L IIで撮影した水前寺公園の参道での妻の写真からです。

So-net blogの画像認証ですが、一時的に、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントは、うちのblogの名前からです。
2013/11/01のblogから、画像認証を「無効」に設定しているので、
接続会員の方がログインされている場合は、画像認証が表示されなくなっていると思います。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。
(ご指摘の通り、長年So-netの有料会員に加えて、So-net blogの有料プランにもしてあります。)


nice!(78)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 78

コメント 3

YAP

桜は花の形、色、そして散りゆく姿も、すべてが優しいですね。
これが kiyo さんの心を少しでも癒してくれれば...
by YAP (2014-04-15 07:55) 

駅員3

(1)も(2)もどちらも素敵ですが、より(1)の方が、僕の好みです。
この優しさ溢れる桜に包み込まれたいです!
by 駅員3 (2014-04-15 14:26) 

kiyo

YAP さん、
お言葉ありがとうございます。
梅の花は、熊本城で見ることが出来ました。
ただ、桜には、まだまだ早くて、妻に見せることが出来ませんでした。
それが、心残りです。
妻が亡くなっていらい、撮る写真は、良くも悪しくも、自分の心情だと思います。

駅員3 さん、
お言葉ありがとうございます。
上のコメントとも繋がりますが、こう見たいという思いで撮っていると思います。
葉桜になる前の散り間際の桜の優しい雰囲気を頭の中に描いて撮っていると思います。

by kiyo (2014-04-17 15:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました