So-net無料ブログ作成

Leica DG Nocticron 42.5mm F1.2レンズで撮る。4月6日、夜は、としまえんの夜桜ナイトへ。 [LeicaDG Nocticron 42.5mm]

Sponsored Links




心の中の一部がもぎ取られて、過ぎ去る時の中で止まったままのような気分です。
週末は天候が崩れそうですが、好天気は今日まででしょうか。そんな2014年4月17日です。
みなさまも、呉々も、お身体を大切にして下さい。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。

昨日の続きですが、病気は最終的に心を挫けさせていきました。
元気だった頃、よく、些細なコトで喧嘩していました。
元気が良くて、ツレがイルコともどこ吹く風、どこにでも突っ走って行ってしまい、
とにかく、いろいろなコトに興味を持って、何かを新しく始めるのが好きでした。

池袋が多かったですが、新宿や、お茶の水、仕事場近くの汐留などで待ち合わせるコトが多かったです。
そんな妻が、徐々に、外での待ち合わせがなくなり、外へ出るならば、車で一緒に行動し、
そもそも、電車での外出も、お姉さんと一緒に病院への通院だけになっていきました。

以前の中井に越した頃には、原付に乗っていましたので、原付を持ってきていました。
しかし、じょじょに目が悪くなってきたので、手放しました。
その代わりに、電動アシスト自転車を購入して、中井から、下落合、上落合、東中野、西落合、南長崎など、
所狭しと、走り回っていました。
新宿区とお隣の中野区の図書館は、よく廻っていたようです。

しかし、透析をし始めた2006年ころから、足腰の衰えが酷くなって、徐々に乗らなくなりました。
そして、透析に通いやすいように引っ越した現在の地では、駅近くという事もあって、
殆ど、移動は電車になって、自転車に乗らなくなりました。

羽をもがれた、(行動の)自由を失ったと嘆いていました。
前向きであるが故の妻との喧嘩も減っていき、最近は、日々生きているのが苦しいと言っていました。
以前の元気で、プライドの高かった妻には考えられない言葉です。
それだけでも、私には、妻の心が病に挫けてしまっていることを感じました。

いつもいる人がいない。思っていた以上に堪えますね。

近況ですが
妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなって1ヶ月経つ打ちに、徐々に平常時の気持ちは落ち着いてきました。
いまは、淡々と、業者さんと香典返しと49日の法要の準備をしていまます。
そして、49日の法要(正式には4月28日ですが、法要は4月19日となりました)を週末に行います。

4月16日から4月27日までのPHaT PHOTOプレミアムライトクラスのグループ写真展が始まりました。
今回は、1月12日・13日に訪れた会津の冬景色から4作品を選んでいます。
生前の妻にも見せています。体調が良ければ、一緒に行っていたのですが、見送ってしまいました。
いつかは、撮りためた妻の写真だけで展示をしたいですね。

【告知】
PHaT PHOTOプレミアムライトクラス 写真展『ココロオドル』
■会期:2014年4月16日(水)~4月27日(日)
■会場:72 Gallery(TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY内)
〒104-0031東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F


在廊予定としては、4月19日18時からのレセプションパーティに備えて19日16時頃からと、
4月27日午後の撤収時にはいると思います。
後の在廊予定は、未定です。不意にいるかもしれません。

そろそろ、東京の桜も咲いてきたことですので、熊本旅行は一端中断して、
このLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズでの試し撮りシリーズです。

こんな話「パナソニックに聞く「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」のこだわりを聞くと、たまらなくゾクゾクしてきますね。


それでも、刻々と時間は過ぎていきます。

あまりにも、早い別れに、いまだ、頭が、心が、身体が対応出来ていません。
写真を整理していて、元気な頃の姿をみるだけで、涙が止まりません。

ここ暫く、妻の話を書いておこうと思います。
思い出せるうちに。

日常の生活の中に、妻の記憶が薄れて消えていってしまうことを恐れています。

今は、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
過去を振り返って、嘆き悲しんでばかりでは、妻も悲しんでしまいます。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。

そこで、妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、
このblogへのアップロードすることで、そんな写真を見せていこうと思います。

今年は、昨年、妻と訪れた沼田の発知のヒガンザクラ・上発知のしだれ桜を、2回見に行こうと思います。
4月29日の未明と、昨年と同じ5月1日です。

今日の一枚は
M4068180_2048x1536_補正済.jpg
『夕闇と桜
Olympus OM-D E-M1とLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズ撮影しています。

今日は、4月6日に、帰宅してから訪れたとしまえんの夜桜見物からです。
この日、折角、無料入場日でしたので、としまえんの夜桜ウイークの最終日と言う事で、
今年最後の夜桜を堪能してきました。

撮影機材は、主に、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズで撮影しています。
それと、広角気味なのは、標準画角のM.Zuiko 25mm F1.8レンズで撮影しています。

2048x1536サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
ここでは、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズで撮影しています。
1)
M4068175_2048x1536_補正済.jpg
2)
M4068176_2048x1536_補正済.jpg
3)
M4068177_2048x1536_補正済.jpg
ここから、標準画角のM.Zuiko 25mm F1.8レンズで撮影しています
4)夜の桜並木
M4068185_2048x1536_補正済.jpg
5)この夕闇の時間の夜桜は、とても綺麗です。
M4068188_2048x1536_補正済.jpg
6)撮る。その1
M4068190_2048x1536_補正済.jpg
7)
M4068193_2048x1536_補正済.jpg
8)撮る。その2
M4068194_2048x1536_補正済.jpg
ここから、再びLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズ撮影しています
9)見上げると
M4068202_2048x1536_補正済.jpg
10)見上げると。その2
M4068204_2048x1536_補正済.jpg





MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

  • 出版社/メーカー: マルミ
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品



熊本旅行は、一端中断して、まずは、今年の桜の様子など近況を優先します。
3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

3月11日への思い

3月4日のお昼休みに訪れた浜離宮恩賜庭園の早春からです。
梅は未だかなと、思ったのですが、春野浜離宮の定番である菜の花が咲き誇っていました。
その様子からです。

フィッシュアイボディキャップレンズでの渋谷と新宿での撮影からです。
折角、オリンパスさんに例の「Olympus賞」の賞品を頂きましたので、
天気は悪かったのですが、渋谷と西新宿に出かけたついでに、使ってみました。

今日の写真は、小川勝久先生の勉強会で訪れた館山の平砂浦海岸での撮影からです。


blogのヘッダーの写真を変更しました。
EOS 5D Mark III+EF85mm F1.2L IIで撮影した水前寺公園の参道での妻の写真からです。

So-net blogの画像認証ですが、一時的に、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントは、うちのblogの名前からです。
2013/11/01のblogから、画像認証を「無効」に設定しているので、
接続会員の方がログインされている場合は、画像認証が表示されなくなっていると思います。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。
(ご指摘の通り、長年So-netの有料会員に加えて、So-net blogの有料プランにもしてあります。)


nice!(78)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 78

コメント 4

駅員3

見事な夜桜ですね。
桜をみると、きれいなだけでなく、様々な人の思いを感じてしまうのは日本人だからでしょうか!?
by 駅員3 (2014-04-17 07:47) 

kiyo

駅員3 さん、
お言葉ありがとうございます。
桜を見ると、桜そのものだけでなく、桜を通しての人々の思いが伝わってくる気がします。
おっしゃるとおりで、『さくら』は日本人の心なんだと思います。

by kiyo (2014-04-17 15:38) 

mamii

見事な夜桜ですね、とても綺麗!!
by mamii (2014-04-17 16:18) 

kiyo

mamii さん、
お言葉ありがとうございます。
夜桜、綺麗ですよね。

まあ、元気な頃も、夜目が利かなくなった妻は、あまり夜桜は見に行かなかったですけれどね。
でも、見事に咲いた年には、見に行きました。
はとバスのオープンバスの桜回廊で、東京駅→皇居前→九段→千鳥ヶ淵→竹橋→大手町→東京駅と
見て回るのコースは楽しかったです。
毎年、行きたかったのですが、妻の体調次第となって、行かなくなってしまいました。

by kiyo (2014-04-18 14:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました