So-net無料ブログ作成

Leica DG Nocticron 42.5mm F1.2レンズで撮る。4月19日、49日の法要後、銀座に出る。 [LeicaDG Nocticron 42.5mm]

Sponsored Links




心の中の一部がもぎ取られて、過ぎ去る時の中で止まったままのような気分です。
今朝も晴れているはずです。そんな2014年4月27日です。
みなさまも、呉々も、お身体を大切にして下さい。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
ヒトは、死亡率100%です。
いつかは訪れるその時です。
ただ、その時期、回りとの関係との中で、本人にも、まわりにも、悔いが残り、辛さが違います。

それはなにか?
考えても分かりませんが、
もしかすると、その状況、あるいは環境のためだけとは限りません。
思いを繋げることができていれば、悲しい別れでも、辛くはないと思いたいです。
思いが伝わらない別れが、辛さの源のような気がしています。

別れは変わらなくても、もっと、思いが伝わればと願ってやみません。

いつもいる人がいない。思っていた以上に堪えますね。

近況ですが
妻 ひろみ(享年40歳)の香典返しの準備中です。
これが終われば、新盆はありますが、一周忌までは、一端間が空きます。


4月16日から始まったPHaT PHOTOプレミアムライトクラスのグループ写真展ですが、本日27日までです。
今回は、1月12日・13日に訪れた会津の冬景色から4作品を選んでいます。
生前の妻にも見せています。体調が良ければ、一緒に行っていたのですが、同行を見送っていました。
いつかは、何年間か撮りためた中から妻の写真だけで展示をしたいですね。

【告知】
PHaT PHOTOプレミアムライトクラス 写真展『ココロオドル』
■会期:2014年4月16日(水)~4月27日(日)
■会場:72 Gallery(TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY内)
〒104-0031東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F


在廊予定としては、4月27日午後の撤収時にはいると思います。

番外編
引き続き、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズでの試し撮りシリーズです。
(少し、配置を下げました)

こんな話「パナソニックに聞く「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」のこだわりを聞くと、たまらなくゾクゾクしてきますね。


それでも、刻々と時間は過ぎていきます。

ここ暫く、妻の話を書いておこうと思います。思い出せるうちに。
日常の生活の中に、妻の記憶が薄れて消えていってしまうことを恐れています。

今は、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。

妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。


今日の一枚は
M4198607_2048x1536_補正済.jpg
『銀座で』謎の羊
Olympus OM-D E-M1とLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズ撮影しています。

今日は、4月19日の撮影からです。
この日、49日の法要の為に借りたレンタカーで、ご実家と法要場所へ移動。
49日の法要後、位牌のセットを自宅にへ移動する。
その後、写真展『ココロオドル』のレセプションパーティの準備の為に、銀座に移動しました。
京橋の駐車場に車を駐めて、銀座のホコテンの撮影をしてから、飲み物などを購入して、72ギャラリーに向かいます。
72ギャラリーの場所ですが、銀座線京橋駅の近く、京橋通り郵便局、美々卯の並びで、APAホテルの手前です。

銀座に出て、街を行くヒトを見ていると、何か希望を分けて貰えている気がします。


撮影機材は、主に、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズで撮影しています。
それと、広角気味なのは、標準画角のM.Zuiko 25mm F1.8レンズで撮影しています。

2048x1536サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
ここでは、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズで撮影しています。
1)街角で
M4198596_2048x1536_補正済.jpg
2)飾り
M4198598_2048x1536_補正済.jpg
3)中央通りに向かって
M4198599_2048x1536_補正済.jpg
4)ホテルモントレ レスーレギンザの前で。大きく張りだしているのが、レストラン サン ミケーレ
M4198602_2048x1536_補正済.jpg
5)テーブルアートのように
M4198603_2048x1536_補正済.jpg
6)飾り塀
M4198606_2048x1536_補正済.jpg
7)アンティークなビル
M4198609_2048x1536_補正済.jpg
8)歩く
M4198611_2048x1536_補正済.jpg
9)軒先で
M4198612_2048x1536_補正済.jpg
10)窓辺
M4198614_2048x1536_補正済.jpg
11)窓を開けると
M4198615_2048x1536_補正済.jpg
12)隙間から
M4198620_2048x1536_補正済.jpg






MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

  • 出版社/メーカー: マルミ
  • メディア: 付属品
OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品



このLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズでの試し撮りシリーズです。

熊本旅行は、一端中断して、まずは、今年の桜の様子など近況を優先します。
3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

3月11日への思い

3月4日のお昼休みに訪れた浜離宮恩賜庭園の早春からです。
梅は未だかなと、思ったのですが、春野浜離宮の定番である菜の花が咲き誇っていました。
その様子からです。

フィッシュアイボディキャップレンズでの渋谷と新宿での撮影からです。
折角、オリンパスさんに例の「Olympus賞」の賞品を頂きましたので、
天気は悪かったのですが、渋谷と西新宿に出かけたついでに、使ってみました。

今日の写真は、小川勝久先生の勉強会で訪れた館山の平砂浦海岸での撮影からです。


blogのヘッダーの写真を変更しました。
EOS 5D Mark III+EF85mm F1.2L IIで撮影した水前寺公園の参道での妻の写真からです。

So-net blogの画像認証ですが、一時的に、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントは、うちのblogの名前からです。
2013/11/01のblogから、画像認証を「無効」に設定しているので、
接続会員の方がログインされている場合は、画像認証が表示されなくなっていると思います。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。
(ご指摘の通り、長年So-netの有料会員に加えて、So-net blogの有料プランにもしてあります。)


nice!(56)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 56

コメント 2

すーさん

人を愛するあまり、必ず来る別れが嫌で嫌で
出会わなければ良かったとさえ思うことが(今でさえ)あります。
ぼくは別れの日には出会ったことをきっと後悔すると思います。
でも、そういう後悔すらできない人も沢山いることを考えると
ジブンは幸せではないかも知れませんが不幸とも
言い切れないんだろうな、とか思うんじゃないかと思います。
想像ばかりでなおかつ何が言いたいのか良くまとまらずスミマセン。。。。。。
by すーさん (2014-04-27 22:59) 

kiyo

すーさんさん
難しいお話です。
次の記事に、少し返答をお書きしました。
私は、もし、破局になると判っていても出会いたいですし、
今回のように悲しい結末になると判っていても、
いえ、判っているからこそ、出会って、もっとよくして上げられなかったかと悩むタイプです。
もし、自分がいなくて妻が幸せになるのであれば、その方が良いと思いますし、
自分がいたことで、妻が頼りにしてくれて居たのであれ、一緒にいてよかったと思います。

まずは、人間にとっては、出会うことこそ必要です。
結果はきっかけには成りえません。

by kiyo (2014-05-02 16:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました