So-net無料ブログ作成

日本旅行の「プレシャス・エイジ」大人のひとり旅に当選して。7月19日、7月20日と下呂温泉の合掌村にて。その2 [M.Zuiko 25mm F1.8]

Sponsored Links




今朝は、雲間から光が注いでいます。
梅雨明けした関東の天気予報は、曇りのち晴れと、暑そうです。そんな7月24日の木曜日となります。
みなさまも、呉々も、お身体を大切にして下さい。

近況ですが、
昨日23日ですが、現在のNSX Club of Japanの代表の方々の呼びかけて、
創設当時の話を伺いたいと言う事で、当時の理事の一部で集まって、歓談しながらの食事会でした。

掲載時期が前後しますが、日本旅行さんから素敵な「ひとり旅」を提供頂きましたので、
その下呂温泉への旅を先に紹介です。

幸運にも、「自由できままなおとなひとり旅東日本版 岐阜」下呂温泉に当選しました。
ネット懸賞の当たらなさは痛感していましたので、まあ、応募しても絶対に当たらないと思っていましたので、
非常に驚きました。

今日は、下呂駅前から移動して、下呂温泉 合掌村へ行きました。
この日、最大のイベントです。
「白川郷などから移築した10棟の合掌家屋集落で、日本の原風景を再現した合掌の里」です。
この合掌村での見どころとしては、10棟の合掌家屋集落の「合掌の里」、
日本で唯一の常設影絵昔話館「しらさぎ座」、
「和紙の絵付け体験」、「陶器の絵付け体験」、「陶芸体験」などが楽しめる体験施設「飛騨工房」、
桜とモミジの里山となる「歳時記の森」で構成されています。
また、足湯もありました。

7月の予定です。
7月5日、由比ヶ浜近くのスタジオでの『恋するポートレイト講座』撮影実習は、無事に終了しました。
7月6日は、橋本哲先生の橋本塾ポートレート講座「紗希さんをつれて」は、無事に、終了しました

7月8日は、急逝した妻との14回目の結婚記念日のハズでした。

7月11日(金)は、1泊2日で函館に行ってきました。
 15年間の函館の変化した姿を思い知りましたが、変わらぬ夜景には感動しました。

無事に、7月19日(土)は、1泊2日で岐阜の下呂温泉に行って参りました。
 当選した「下呂温泉旅行」です。自由できままなおとなひとり旅東日本版 岐阜
 7/19(土)のぞみ&ひだ 品川06:00−名古屋07:29着名古屋07:45発−下呂09:18
 7/20(日)ひだ&のぞみ 下呂19:28−名古屋21:02着名古屋21:32発−品川23:06

7月21日(月)海の日は、長野博文さんの第25回長野博文写真塾&撮影会が無事に参加しました。
 1部 08:15〜11:30 ハウススタジオ バービーハウス

7月23日(水)は、現在のNSX Club of Japanの代表の方々との昔話会でした。
 創設当時NSX Club of Japan理事だった仲間が集まって、往年の昔話、馬鹿話で楽しかったです。

7月26日(土)は、江ノ島海岸とべっぴんさんポートレート撮影実習に参加します。
 13:00 片瀬江ノ島駅集合、15時には中座して、スカイツリーに向かいます。

7月26日(土)は、17時から、第37回 隅田川花火大会に行きます。


毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して3ヶ月経ちましたが、帰宅後と、朝の2回、焼香しています。

7月19日の未明ですが、3時過ぎに起きて支度して、4時過ぎには、隣町の駅まで歩きました。
何故かというと、西武線直通の隣駅だと、4時40分から始発がありますが、
地元駅は、朝5時過ぎが始発なので、品川駅6時始発の新幹線のぞみ99号に間に合わないからです。
4時半前には、隣駅に着きましたが、まだシャッターが開いていません。
その隣町の駅のシャッターが開くところから旅がスタートした気がします。
とにかく、乗り換えが多いので、乗り遅れないことを心配して、途中では十分に眠れませんでした。
少し、うとうとしたくらいです。

妻が一緒だったらと思うのは、こういった道中でのひとり旅のつまらなさです。
まあ、朝3時起きですと、妻は現地まで寝続けると思いますが、それはそれで構わないのです。
一緒にいて楽しませてあげたい、と思う心が大事だったと思います。

人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。

番外編


今日の1枚は
M7197335_2048x1536_補正済.jpg
『合掌村
Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko 25mm F1.8レンズです。

機材は、主に、Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko 25mm F1.8レンズを使用して撮影しています。
加えて、M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PRO、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズを使用しています。
これに加えて、ところどころで、EOS 5D Mark III+Sigma 35mm F1.4レンズでも撮影しています。

Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko 25mm F1.8レンズで撮影しています。
1)入り口の建物からして合掌造りです
M7197302_2048x1536_補正済.jpg
2)
M7197303_2048x1536_補正済.jpg
3)入り口
M7197305_2048x1536_補正済.jpg
4)入り口の先
M7197308_2048x1536_補正済.jpg
5)龍神太鼓
M7197310_2048x1536_補正済.jpg
6)日本で唯一の常設影絵昔話館「しらさぎ座」の座長さん
M7197313_2048x1536_補正済.jpg
7)手湯
M7197319_2048x1536_補正済.jpg
8)振る舞い酒を振る舞う美女お二人
M7197321_2048x1536_補正済.jpg
9)こちらもお花
M7197325_2048x1536_補正済.jpg



お買い得情報と言えるかと思いますが、
Amazonで、SanDiskの高速SDHC/SDXCカードの64GBと32GBが急にお得になっています。
64GB版がとてもお得な9980円、(32GB版が6670円)です。
理由はわかりませんが、ここ2週間ほどで、2千円程の値下げとなっています。
ちょうど、5月24日の時点で12700円程を確認していた64GB版が、1万円を切っています。
一時的でしょうが、Amazon自体の在庫切れで、高額な他店販売が表示されますので、お気をつけ下さい。



MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

MARUMI EXUS サーキュラー P.L 62mm EXUSC-PL62

  • 出版社/メーカー: マルミ
  • メディア: 付属品

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 BLK

  • 出版社/メーカー: オリンパス
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品


緒方 一貴先生の「ポートレートの撮り方講座〜可愛い!ポートレート〜」に撮影実習からです。

6月22日(日)に、PHOTRIPに参加して来た話です。

このLEICA DG NOCTICRON 42.5mm APSH./POWER O.I.S.レンズでの試し撮りシリーズです。
こんな話「パナソニックに聞く「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」のこだわりを聞くと、たまらなくゾクゾクしてきますね。

熊本旅行は、一端中断して、まずは、今年の桜の様子など近況を優先します。
3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

blogのヘッダーの写真を変更しました。
EOS 5D Mark III+EF85mm F1.2L IIで撮影した水前寺公園の参道での妻の写真からです。

So-net blogの画像認証ですが、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントはblogの名前からです。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。


nice!(69)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 69

コメント 7

YAP

風情がありますね。
癒されそうです。
by YAP (2014-07-24 08:12) 

kiyo

YAP さん、
ありがとうございます。
はい、白川郷のそのままの合掌造りの家屋を移築しているので、
風雪に耐えてきた何十年以上もの木造家屋の持つ風合いと言うか、歴史の重みがあります。
1階の炊事場、階段たんす、囲炉裏のある部屋などもそうですし、
2階の蚕部屋にある絹の生産工場である姿も、日本人の持つ原風景に思えました。

by kiyo (2014-07-24 10:07) 

テリー

こういう撮影対象には、F1.8 のレンズは、いいですね。欲しくなります。
by テリー (2014-07-24 11:52) 

カエル

当選おめでとうございます!
一度は行ってみたい下呂温泉。
小さい頃、ここに引っ越した友人に年賀状を書くたびに
びっくりする地名だと思ったものです。
いい温泉なんでしょうね^^
by カエル (2014-07-24 12:25) 

kiyo

テリーさん、
ありがとうございます。
はい、M.Zuiko 25mm F1.8レンズは、切れが良いのに小型軽量で重宝しました。
まさに、旅に適した『旅レンズ』筆頭かもしれません。
M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROのズームレンズも持っては行きましたが、
がんだて公園の巌立峡の岸壁や渓谷を撮るとき以外は使わずじまいでした。

カエルさん、
ありがとうございます。
こんな高額な当選は過去なかったので、驚いています。
いいところでしたよ、飛騨高山に望む下呂温泉、飛騨川などの飛騨の景色は素晴らしかったです。
今回、次回のblogに載せている白川郷から移築した合掌造りの家々も素晴らしかったです。
是非、一度、訪れていただければと思います。

by kiyo (2014-07-25 15:38) 

ちょいのり

ほんとうは隣に居て一緒に旅していたかもと思うと寂しくなってしまいますね。
むしろ、あえて奥様がそこにいるんだと思って旅先の写真を撮るのもありではないかと自分勝手に意見です^^

by ちょいのり (2014-07-26 01:46) 

kiyo

ちょいのりさん、
ありがとうございます。
いつも、いつも一緒だとは思っていませんが、
美しいシーンや、行ったことのない場所への旅行などは、
一緒に行動している気がしています。
by kiyo (2014-07-27 12:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました