So-net無料ブログ作成

ゴミゼロ写真展の為に、ある一枚の作品をセレクトして、Photoshop CC2014で仕上げる過程について。その1 [OM-D E-M1]

Sponsored Links




今日の天気予報は「雨のち曇り」。今日の最高気温は、もう少し上がって9度となっています。
そんな春待ち遠しい2015年3月8日の日曜日となります。
みなさまも、呉々も、冬の風邪など、お身体を大切にして下さい。

体力以上に気力としての長崎の疲れのためか、その後、風邪をひいてしまいました。
未だに、微熱が続いています。


今日は、元々、ゴミゼロ写真展でも、聞かれていた作品の一枚の出来上がりの過程を解説したいと思います。
『冬』の作品について、アートフィルターかなどの質問が多かったので、その回答となりますが、
一種のHow Toモノで、自分への備忘録です。
Photoshop CCからの新機能『フィルターとしてのAdobe Camera Raw 8とCamera Raw』を多用しています。
フィルターですので、同じような操作、あるいは、全然別の操作が、複数回適用できます。
Camera RAWには、『明瞭度』というスライダーが、下の方にありますが、
これをプラス方向に動かすと、メリハリのついた、コントラスト感の強い写真となります。
逆にマイナス方向に動かすと、フワッとしたフォトフォーカスのような、しかし芯のある写真になります。

アートフィルターだとファンタジックフォーカスなどと似ている動作ですが、
色味は変わらないので、色乗りがしていて、かつ、綺麗にフワッとした写真になります。

なお、フィルターになっていてレイヤーに適用できるメリットして、レイアーマスクが併用できるので、
モデルさんの顔や身体など、適用したくない部分は、レイアーマスクで覆っておけば、
それ以外の分分に適用したフィルターが適用されないことです。

えーっと、詳しい手順などは、長くなりそうなので、次回の『その2』に続きます。


1月2日の高宮葵さん・NOBUさんとの撮影の続きからです。

今日の一枚は、
M1022370_リサイズ_A3ノビ_2048x1536_補正済.jpg
『冬』ゴミゼロ写真展『春・夏・秋・冬』から
Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています。
Panasonic DMC-GM5+PanasonicのLeica DG Nocticron 42.5mm F1.2レンズで撮影しています

機材は、Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズも併用しています。
PanasonicのLumix DMC-GM5を併用しています。
それに、PanasonicのLeica DG Nocticron 42.5mm F1.2レンズも併用しています。



Panasonic DMC-GM5+12-32mmレンズで撮影しています。
1)日産ギャラリー跡地
P1000145_2048x1536_補正済.jpg
ここから、Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズでの撮影です。
2)日産ギャラリー跡地の壁に、アートな壁を発見して、背景になりそうと思います
M1022366_2048x1536_補正済.jpg
3)そこで、背景をこの壁にして、何枚かのカットを撮影します。
M1022373_2048x1536_補正済.jpg

4)オリジナルをRAW現像したベース画像です
M1022370_リサイズ_A3ノビ_L1_2048x1536_補正済.jpg
PhotoShop CCから、フィルターとしてのAdobe Camera Raw 8とCamera Rawがサポートされています。
何かと言えば、Camera RAWの現像時の機能が、フィルター/スマートフィルターとして、
Photoshopのレイアー上で、付加できることです。
5)Camera RAWフィルターを使用して、1回目の加工を行います
 明瞭度をマイナスにして、フワッとしながら、芯のある画像にしつつ、明るさ・色味を整えます
M1022370_リサイズ_A3ノビ_L2_2048x1536_補正済.jpg
6)もう一度、Camera RAWフィルターで、5)と同様な操作をします。
M1022370_リサイズ_A3ノビ_L2_2048x1536_補正済.jpg
7)さらに、もう一度、Camera RAWフィルターで、5)と同様な操作をします。
M1022370_リサイズ_A3ノビ_L3_2048x1536_補正済.jpg
8)全体的な明るさ・コントラスト、色味を整えて、完成となります
 4)のベース画像と比較すると、別物の作品となります。
M1022370_リサイズ_A3ノビ_2048x1536_補正済.jpg



近況ですが、
1月11日は、妻の10ヶ月目の月命日でした。
2月11日は、妻の11ヶ月目の月命日でした。(一周忌まで、あと一月となります)
2月28日から、3月2日、長崎旅行に行ってきました。
3月8日、一色卓丸さんの原宿ストリートポートレイト撮影会(PHaT PHOTOイベント)に参加予定です。
3月11日、妻の一周忌の日となります。(一周忌の法要は別の日に行います)
3月15日、EOS学園の土屋勝義先生のポートレイト実践講座サムライコースに参加予定です。


毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、11ヶ月経過しましたが(3月11日未明)、帰宅後と朝の2回、焼香しています。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。

2015年2月11日は、妻の11ヶ月目の「月命日」の予定です。
9月11日は、妻の6ヶ月目の「月命日」でした。


番外編


Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点標準レンズ EF50mm F1.2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品


第7回ゴミゼロ倶楽部写真展が無事に終了しました。

しばらくは、2kさんのT-Lic 撮影会からです。


みんぽすさんとキヤノンさん合同でのEOS M3発表イベントに参加してきた話です。

12月23日の昭和記念公園の撮影シリーズ



2014年11月29日から、12月1日に関西オフ会に託けて、京都散策をしてきましたの話から。

2014年から2015年の年末年始は、2014年のハイライトでもあった函館旅行の話。

11月1日から、11月4日まで、熊本、島原、長崎旅行に行ってきました。
今回の九州旅行ですが、サブタイトルは、「遙かなる長崎バイオパークへの道」です。
生前の妻が、ここ何年も、口癖にように行きたい・行きたいと言っていましたが、
本人は不在でしたが、なんとか、悲願は果たされたと思います。

熊本旅行を振り返って。
3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。

blogのヘッダーの写真を変更しました。
EOS 5D Mark III+EF85mm F1.2L IIで撮影した水前寺公園の参道での妻の写真からです。

So-net blogの画像認証ですが、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントはblogの名前からです。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。


nice!(98)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 98

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました