So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。北野天満宮のこうよう苑を離れ、休憩の後、本堂へ。その24 [OM-D E-M1 Mark II]

Sponsored Links




今日の天気予報ですが、
東京の天気「晴れ」、最高気温8度、最低気温は摂氏0度となっています。
今日の朝も、よく晴れた快晴の空です。そんな2018年1月3日です。
初冬近く最低気温が下がっていますので、体調管理に十分お気を付けください。


大晦日、元旦の記事に、大勢の方々に訪れて頂き、沢山のniceや、沢山のコメントを頂きました。
本当に、ありがとうございます。
このblogの原動力は、皆様の訪れです。
日々、感謝しています。
本年も、よろしくお願いいたします。
〇「2018年、1月1日未明、OM-D E-M1 Mark IIを持って。元旦の日の未明からのグラデーションから。


その1は、2017年1月から5月の各月の個人的なベストから。
その2は、2017年6月から12月の個人的なベストから。
こちら「2017年お気に入り写真ベスト10!参加者のブログ紹介」もご覧頂けると幸いです。



今日は、再び、11月23日から11月25日の京都行き初日の続きです。
北野天満宮の土塁史跡「御土居」を含む紅葉の名所「もみじ苑」の最後からです。
坂を登っていくと、御菓子交換所があって、暖かいお茶と御菓子を頂けました。
その後、再び、境内に戻って、御堂を見てから、外に出ました。
丁度良い時間ですので、バスで、京都駅に荷物をとりに戻りました。
この日の行動予定
京都駅→北山駅→上賀茂神社→バスで移動→八瀬→徒歩で八瀬の瑠璃光院→徒歩で蓮華寺→徒歩で三宅八幡駅→
叡電で出町柳駅→バスで北大路バスターミナル→北野天満宮→バスで京都駅→ロッカーの荷物を持つ→
地下鉄五条駅→徒歩で栞庵で宿泊
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。北野天満宮のこうよう苑を離れ、休憩の後、本堂へ。その24


今日の一枚は、
EB245119_CameraRAW_2048_signed.jpg
『こうよう苑での最後のもみじから』向こう側の川岸の紅葉
はOM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PRO レンズで撮影しています。

JPEGリサイズのものと、Camera RAW 10.1.0.864での現像も混在しています。
ここから、OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PRO レンズと、Zuiko ED50mm F2.0 Macro レンズと、Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
EB245121_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑入場券に、茶菓券がつきます。
EB245123_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑御菓子交換所と言うなの休憩所です。有料の御菓子もありました。
EB245124_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑頂いた御菓子
EB245126_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑中身は、白あんですが、外見はこんな感じでした。
EB245129_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑ライトアップ
EB245131_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑炎
EB245132_CameraRAW_2048_signed.jpg
7)↑参道にて
EB245134_CameraRAW_2048_signed.jpg
8)↑本堂を見て
EB245135_CameraRAW_2048_signed.jpg
9)↑本堂前にて
EB245139_CameraRAW_2048_signed.jpg
10)↑月と御堂


コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2017年ですからね。


毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
昨日の「8月31日は、妻の44回目の誕生日です。お供えは、GARDEN HOUSE CRAFTSのスイーツから。」へは、沢山のアクセス、いいねとコメントをありがとうございます。
11月11日の記事には、沢山のアクセスとniceをありがとうございます。
2017年11月11日、妻の44回目の月命日となりました。
2017年10月11日、妻の43回目の月命日となりました。
〇「10月11日は妻の43ヶ月目の月命日です。お供えは、Takano新宿NeWoman店のケーキを。
2017年9月11日、妻の42回目の月命日となりました。
〇「9月11日は妻の42ヶ月目の月命日です。週末伏せていたので、お供えはCozy Cornerのミルフィーユ(いちご)ショートケーキと、リンゴのドームです。」8月11日は、妻の41回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
〇「8月11日は妻の41ヶ月目の月命日です。今回のお供えは、夏の変幻のようなスイーツです。
7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。」
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。」5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編
今年のクリスマスイヴ特別編から
〇「12月25日のクリスマスイヴ特別編第二弾
〇「12月24日のクリスマスイヴ特別編

12月9日(土)に、新宿のオリンパスプラザ東京に行ってきました。も、お休み中です。
〇「12月9日、OM-D E-M1 Mark IIを持ってオリンパスプラザへ。フォトパスグランプリ2017 フォトパスデーへ行く。


今日は、11月23日から11月25日の京都行きの続きは一旦お休みです。
初日11月24日の行動
京都駅→北山駅→上賀茂神社→バスで移動→八瀬→徒歩で八瀬の瑠璃光院→徒歩で蓮華寺→徒歩で三宅八幡駅→
叡電で出町柳駅→バスで北大路バスターミナル→北野天満宮→バスで京都駅→ロッカーの荷物を持つ→
地下鉄五条駅→徒歩で栞庵で宿泊
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。もう少し、北野天満宮の鶯橋(うぐいすばし)の先で。その23
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。北野天満宮の鶯橋(うぐいすばし)で。その22
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。さらに、北野天満宮の紅葉の名所「もみじ苑」で。その21
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。北野天満宮の紅葉の名所「もみじ苑」で。その20
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。北野天満宮の250本の紅葉を有する名所「もみじ苑」へ。その19
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。出町柳へ出てから、北野天満宮へ。その18
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。蓮華寺さんのお庭の紅葉から。その17
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。八瀬を離れ、蓮華寺さんへ。その16
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。移動しながら、八瀬の瑠璃光院さんの景色を巡る。その14
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。さらに、煌めく八瀬の瑠璃光院さんの景色から。その13
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。めくるめく、八瀬の瑠璃光院さんの世界。その12
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。やっと、八瀬の瑠璃光院さんに入って。その11
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。もう少し、八瀬の自然に触れながら。その10

途中経過として、その1〜その8まで
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。瑠璃光院さんの入場待ちで八瀬の自然の中で。その8
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。上賀茂神社からもう少し、そして、八瀬の瑠璃光院さんへ。その7
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。朝の上賀茂神社、紫式部の歌碑から本殿へ。その6
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。朝の上賀茂神社、小川から境内へ。その5
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。朝の上賀茂神社、小川近くの紅葉から。その4
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。早朝の上賀茂神社。光に輝く紅葉から。その3
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。早朝の京都。朝日を浴びる上賀茂神社へ。その2
〇「11月24日から25日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。早朝の京都。朝明けの京都を上賀茂神社へ。その1
11月23日の午前中は、恒例の埼玉県新座市の平林寺の紅葉に行ってきましたの続きです。
〇「11月23日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017、滴る雨滴と雫の中に。その7
〇「11月23日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017、雨の中の情景たち。その6
〇「11月23日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017、降り続く雨と落ち葉達。その5
〇「11月23日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017、雨の降る境内のもみじはしっとりとして。その4
〇「11月23日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017、濡れそぼるもみじは美しく。その3
〇「11月23日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017、濡れるもみじは麗しく。その2
〇「11月23日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017は雨の中。その1
11月23日に下見に行ってきた新座の平林寺の紅葉撮影会2017の下見からです。
〇「11月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017の下見から。その4」
〇「11月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017の下見から。その3
〇「11月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017の下見から。その2
〇「11月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って新座の平林寺へ。平林寺紅葉撮影会2017の下見から。その1

9月27日から9月30日の京都・大阪への旅から、 2日目となる9月28日の朝、貴船神社へ向かう道中からです。

〇「9月29日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。貴船神社奧院にて。その17
〇「9月29日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。貴布禰総本宮 貴船神社へ向かって。その1

〇「9月28日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。もう少し、京都駅の散策から。その25
〇「9月27日、OM-D E-M1 Mark IIを持って京都へ。新宿のハズが、八王子。そこで乗れるのか?

今日は、連休中日となった9月17日の日曜日に、西田果倫さんの出演する舞台『Who are you ?』を見に行ってきたのですが、その帰りがけに、小雨降る浅草界隈を少し散歩したので、そこからです。
〇「9月17日、OM-D E-M1 Mark IIを持って浅草へ。そして、浅草寺境内へ。その7


nice!(39)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 39

コメント 2

駅員3

明けましておめでとうございます。
お正月三日目にして、ようやく家でまったりとさせていただきました。

今年もなかなかお邪魔できないと思いますが、よろしくお願いいたします。
by 駅員3 (2018-01-04 07:07) 

kuwachan

遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
by kuwachan (2018-01-04 09:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。