So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年6月9日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、原宿へ。早朝の原宿・竹下通りから。 [OM-D E-M1 Mark II]

Sponsored Links




今日の天気予報ですが、

東京の天気「雨のち曇」、最高気温24度、最低気温は摂氏20度となっています。
今日は、梅雨らしいのか、曇り空の中、雨が降ったり止んだりになるようです。そんな2018年6月23日です。

今日は、雨の日ですが、蒸し暑い1日となるようです。体調管理に十分お気を付けください。
Adobeから、6月のアップデートで、Camera RAW 10.4.0.976がリリースされて、カメラプリセット・プロファイル機能の管理が強化されて、使いやすくなっているようです。

2018年6月9日の早朝、原宿・竹下通りに行ってきました。
今回は、早朝の原宿での撮影でした。
朝早い時間の原宿は、7時前はヒトは皆無、8時前までは、ヒトはまばら、
9時を過ぎる頃には近辺に勤める人達が出て来てヒト出が多くなり、
お店が開き始める10時過ぎには、そこそこのヒト出となり、
11時を過ぎる頃には、日本一の観光地として、内外のヒトがもの凄く多くなります。
今回は、7時30分に撮影開始ということで、まだ人気の少ない原宿からです。

今日は、写真の撮り方、撮影の考え方を少し考察してみます。
写真の撮り方には、感覚的に撮る方法と、理論的に・計算して撮る方法があると思います。
もちろん、多くの場合、プロがある被写体(例えば桜とか紅葉とか)のシーズンに計画的に撮る場合以外は、
その場、その場のアドリブ的に撮影が変動していきますから、100%事前の計画通りに撮る事は出来ません。

理論的に・計算して撮る場合には、ある程度の変動はあると想定しても、事前の調査、移動、レンズの種類、三脚の用意や試し撮り等を行いながら、本番に備えて、極力、計画的に撮っていきます。
感覚的に撮る場合、それらの計算的な部分を極力排して、こう撮りたいな、こう撮れたら良いな、偶然撮れないかなと思いながら、その場、その場の雰囲気で撮っていきます。

まして、スナップの場合には、ある意味、行き当たりばったりの要素が多いです。
こんなモノが撮れるハズを前提に、事前にアバウトな計算をして、実際には、その場の感覚で撮る事が多いです。

ということで、今回の原宿でのストリートスナップでも、この早朝の時間帯は、以前の経験で、人通りが少なく、早朝のブルーな斜光、光が回っていなくて、影が多い場面を想定していました。
想定通りに、薄雲と青空も覗く良い天気の竹下通りは、人気も少なく、まだは昼間の光の差していない、どことなく青い光と、影の多い街並みに、普段目にする日中の竹下通り、日中の東京とは違う様相を切り取って撮り歩きました。
〇「2018年6月9日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、原宿へ。早朝の原宿・竹下通りから。

2018年6月3日、横浜まで、生越文明さんの写真展「7’th heaven」を拝見しに行ってきました。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。夕陽に輝くの水の守護神の噴水から。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。夕日に染まる山下公園での情景から。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。夕暮れ時の山下公園から見える情景から。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。山下公園の象徴、氷川丸と港の景色から。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。海の香と港の景色の見える山下公園で。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。港の香り、横浜の象徴、花の咲く山下公園へ。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。元町から、中華街の側を通り、山下公園へ。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。石川町から、元町・中華街方向へ向かいながら。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。横浜山手通りから、写真展会場のGallery fuへ。
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。石川町駅から少しだけ山手を通って、写真展へ向かう
〇「2018年6月3日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、横浜へ。生越文明さんの写真展「7’th heaven」を拝見しに横浜へ。


今日の一枚は、

E6092991_CameraRAW_2048_signed.jpg
『早朝の原宿・竹下通りから』7時11分ごろです。
はOM-D E-M1 Mark II+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。
JPEGリサイズのものと、Camera RAW 10.4.0.976での現像も混在しています。
ここから、OM-D E-M1 Mark II+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズと、Zuiko ED50mm F2.0 Macro レンズと、Voigtlander Nokton 25mm F0.95 Type IIレンズで撮影しています。

E6092978_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑原宿駅竹下口から竹下通りを見て。
E6092981_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑原宿駅竹下口は、ひともまばらで。
E6092986_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑駅前の歩道も人はなく。
E6092987_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑竹下通りは人気が無く、配送のクルマが通るだけ。
E6092988_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑この日最初のポートレイト。
E6092990_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑竹下通り入り口で。

コメントのパスワードを少しだけ変更しました。もう、2018年ですからね。


毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、遂に3年経ちましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
2017年8月31日の「8月31日は、妻の44回目の誕生日です。お供えは、GARDEN HOUSE CRAFTSのスイーツから。」へは、沢山のアクセス、いいねとコメントをありがとうございます。
2018年4月11日、妻の49回目の月命日となりました。
ありがとうございます。
〇「2018年4月11日は妻の49ヶ月目の月命日です。お供えは、銀座コージーコーナーのケーキを。
もう、1ヶ月前になってしまいましたが、4年目の命日である3月11日の前日、写真仲間であるSさんからお花を頂きました。
ありがとうございます。
〇「2018年3月10日、妻の命日を前に、お花が届きました。ありがとうございます。

2018年3月11日、妻の4年目の命日(48回目の月命日)となりました。
早いモノで、妻が亡くなって4年の月日が経ちました。
〇「2018年3月11日は妻の4年目の命日(48ヶ月目の月命日)です。お供えは、ARCACHON(アルカション)練馬店のケーキを。

妻の50回目の月命日の記事に沢山のアクセスとniceをありがとうございます。
2018年5月11日、妻の50回目の月命日となりました。2018年5月11日、妻の50回目の月命日となりました。
〇「2018年5月11日は妻の50ヶ月目の月命日です。お供えは、フルーツクチュールタカノ Newomanのケーキを。
2018年2月11日、妻の47回目の月命日となりました。
〇「1月11日は妻の46ヶ月目の月命日です。お供えは、フルーツクチュールタカノNEWoMan店のケーキを。
2017年12月11日、妻の45回目の月命日となりました。
〇「12月11日は妻の45ヶ月目の月命日です。お供えは、フランス菓子店ARCACHON(アルカション)練馬店のケーキを。
2017年11月11日、妻の44回目の月命日となりました。
2017年10月11日、妻の43回目の月命日となりました。
〇「10月11日は妻の43ヶ月目の月命日です。お供えは、Takano新宿NeWoman店のケーキを。
2017年9月11日、妻の42回目の月命日となりました。
〇「9月11日は妻の42ヶ月目の月命日です。週末伏せていたので、お供えはCozy Cornerのミルフィーユ(いちご)ショートケーキと、リンゴのドームです。」8月11日は、妻の41回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
〇「8月11日は妻の41ヶ月目の月命日です。今回のお供えは、夏の変幻のようなスイーツです。
7月11日は、妻の40回目の月命日の記事に、沢山のアクセスとコメントををありがとうございます。
2017年7月11日、妻の40回目の月命日となりました。
〇「7月11日は妻の40ヶ月目の月命日です。初夏のTAKANOのスイーツを供えて。」
6月11日は、妻の39回目の月命日の記事に、沢山のアクセスをありがとうございます。
2017年6月11日、妻の39回目の月命日となりました。
〇「6月11日は妻の39ヶ月目の月命日です。熊本で買ってきたデコポンプリンとデコポンゼリーを供えて。」5月11日の記事には、沢山のアクセス、nice、コメントをありがとうございます。
2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。
2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

2018年5月6日、板橋区の赤塚植物園で開催された(元花コミュ雄志による)エクサフォト『区立赤塚植物園へGO!』写真展へ行ってきました。
〇「2018年5月6日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、赤塚植物園へ。そして、赤塚植物園を離れ、成増駅へ向かう
〇「2018年5月6日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、赤塚植物園へ。帰りながら、赤塚植物園の中を見て歩く
〇「2018年5月6日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、赤塚植物園へ。もっと、赤塚植物園の薔薇を見て
〇「2018年5月6日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、赤塚植物園へ。さらに、赤塚植物園を見て回る
〇「2018年5月6日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、赤塚植物園へ。折角なので、赤塚植物園を見て回る
〇「2018年5月6日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、赤塚植物園へ。エクサフォト『区立赤塚植物園へGO!』写真展へ行ってきました

2018年5月5日こどもの日、光が丘のモンゴルフェスタへ行った話からです。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、光が丘で。最後に、もう少しだけ、光が丘のモンゴルフェスタ会場から帰りながら。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、光が丘で。もう少し、賑わうモンゴルフェスタの会場から。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、光が丘で。モンゴルフェスタの会場の直ぐ奧は、緑豊かな新緑の光が丘公園です
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、光が丘で。賑やかでも、いつものお祭りとは少し違うモンゴルフェスタの会場から。」 
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、光が丘で。光が丘のモンゴルフェスタの会場から。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、光が丘で。毎年恒例の光が丘のモンゴルフェスタへ行く。

2018年5月5日こどもの日、FUNZUIKOのNobuさんと墨田区京島の続きですが、昼食後、十間橋から、北十間川沿いの側道を進み、スカイツリーの駅を目指しました。。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、押上で。十間橋から、スカイツリーに向かって。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、押上で。京島を離れて、押上を歩きながら。

2月12日の東京ドームシティでの撮影から1枚、モデルさんに許諾を得たので載せます。撮影は、窓の外の外から行っています。AdobeCamera RAW 10.3.0.933で、Camera ProfileのAdobeのプリセット「クールライト」をベースにRAW現像しています。
2018年2月12日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、東京ドームシティで。真冬の思い出

先日5月19日は、毎年恒例となる駅員3さんのBBQに参加して来ました。
〇「2018年5月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、高幡不動ふれあい橋下へ。いろいろな角度から高幡不動ふれあい橋を見て回して。その7
〇「2018年5月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、高幡不動ふれあい橋下へ。向島用水親水路から高幡不動ふれあい橋へ向かいながら。その6
〇「2018年5月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、高幡不動ふれあい橋下へ。高幡不動駅から川へ向かいながら。その5
〇「2018年5月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、高幡不動ふれあい橋下へ。ふれあい橋の川縁の近くで。その4
〇「2018年5月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、高幡不動ふれあい橋下へ。もう少し、毎年恒例の駅員3さんのBBQに参加して。その3
〇「2018年5月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、高幡不動ふれあい橋下へ。さらに、毎年恒例の駅員3さんのBBQに参加して。その2
〇「2018年5月19日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、高幡不動ふれあい橋下へ。毎年恒例の駅員3さんのBBQに参加して来ました。その1
2018年5月5日こどもの日、FUNZUIKOのNobuさんと墨田区京島の当たりを散策してきた話はお休みです。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。折り返して、下町人情キラキラ橘商店街の道を戻りながら。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。さらに、下町人情キラキラ橘商店街の道を進む。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。もっと、下町人情キラキラ橘商店街を散策しながら。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。君は、キューピッドガールズを知っているか?
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。まだまだ、下町人情キラキラ橘商店街を散策してゆきます。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。さらに、下町人情キラキラ橘商店街を歩きながら。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。墨田区の下町人情キラキラ橘商店街を歩いて。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。京島の路地裏からキラキラ橘商店街へ。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。さらに、京島3丁目の路地を歩く。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。徐々に、京島3丁目の街を散策して。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。京島の小さな公園から。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。先ずは、駅前を離れて、京島に向かう途中で。
〇「2018年5月5日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、墨田区京島へ。京成曳舟から、京島に向かって。

2018年4月30日、午後からご近所のお散歩に行ってきました。
〇「2018年4月30日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、ご近所へ。隣町から、歩いて戻りながら。
〇「2018年4月30日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、ご近所へ。隣町の駅前から、歩きながら。
〇「2018年4月30日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、ご近所へ。隣町のツツジ公園の周りを巡りながら。
〇「2018年4月30日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、ご近所へ。さらに、ご近所散歩は続きます。
〇「2018年4月30日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、ご近所へ。祭日の午後のご近所お散歩から。
〇「2018年4月30日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、ご近所へ。ツツジのないツツジ公園のツツジから。

2018年4月17日の未明から、上発知の枝垂れ桜、発知のヒガンザクラを見言ってきましたの続きからです。
〇「2018年4月17日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、群馬県沼田へ。道の駅である田園プラザかわば から
〇「2018年4月17日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、群馬県沼田へ。あと少し、溜め池の桜から、田園プラザかわばへ
〇「2018年4月17日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、群馬県沼田へ。もう少し、利根沼田望郷ラインとの交差点手前の溜め池の側から
〇「2018年4月17日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、群馬県沼田へ。利根沼田望郷ラインとの交差点手前の溜め池の桜
〇「2018年4月17日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、群馬県沼田へ。発知のヒガンザクラを見て回る
〇「2018年4月17日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、群馬県沼田へ。もっと、上発知の枝垂れ桜の周りを歩きながら
〇「2018年4月17日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、群馬県沼田へ。枝垂れの下の紅いお地蔵様
〇「2018年4月17日、OM-D E-M1 Mark IIを持って、群馬県沼田へ。神々しいほどの枝垂れに見とれる




nice!(32)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 32

コメント 1

斗夢

シャッターを押す前に、どう撮れるかをわたしは考えていないです。
by 斗夢 (2018-06-23 21:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。