So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
新製品速報 ブログトップ

オリンパスが高級コンパクトデジタルカメラの「XZ-1」と、マイクロフォーサーズの最新機種「E-PL2」を国内発表。 [新製品速報]

既に、あちこちのニュース速報になっていますが、CES 2011で発表されたオリンパスの新製品が国内発表されています。
高級コンパクトデジタルカメラの「XZ-1」と、マイクロフォーサーズの最新機種「E-PL2」です。
XZ-1

E-PL2


Olympus XZ-1 Special Site


前回のCES 2011の速報で大体出てしまっている情報ですが、国内発表で仕様が確定と思われます。
米国発表や、Olympus USAのサイトのSPEC表では、不確かだった点だけ、確認して置きます。

E-P2では、
○背面に、電子コントロールダイヤル装備。
 ライブビュー画面を見ながらコントロールダイヤルを操作するだけで「鮮やかさ」、「色合い」、「明るさ」、「背景のボケ」、「動感」を簡単に設定できます。
 Live Guideのコントロールだけでなく、露出補正や、絞りコントロール、再生時のコマ送りに使用できます。
○46万ドット表示の3"サイズのハイパークリスタル液晶となっています。
○シャッターは、1/4000秒までです。
○ISO感度は、ISO200~ISO6400まで
○リモートケーブルRM-UC1を利用可能。バルブ撮影も可能。
○アートフィルターは、ドラマチックトーンを含む6種類(ポップアート、ファンタジックフォーカス、ラフモノクローム、トイフォト、ジオラマ、ドラマチックトーン)
 特定のアートフィルターにはバリエーションが追加されています。
 ポップアートIとポップアートII。ポップアートIIは、Iよりも蛍光色を抑えて、代わりにメリハリをつけて、より強い印象の作風
 ラフモノクロームIとラフモノクロームII。ラフモノクロームIIは、Iよりも少しコントラストを弱め、程よい力強さの作風
 トイフォトIと、IIとIII。トイフォトIIは、Iよりも青味をおびた色合いで、コントラストを少し柔らかく仕上げ
  トイフォトIIIは、Iよりも赤みをおびた色合いで、コントラストを少し柔らかく仕上げ
○作画効果をアートフィルターに付加(トッピング)する「アートエフェクト」機能を搭載。
 「アートフレーム効果」 金属性フィルムキャリアの削り出しの味わいのあるフレーム効果。
   ポップアート、ラフモノクローム、トイフォト、ドラマチックトーンに重ね合わせて効果を出せる。
 「ピンホール効果」 画面周辺を暗くする効果。ポップアートに重ねて効果を出せる。
 「ソフトフォーカス効果」  ピントの芯を残したぼかし効果。ポップアートに重ねて効果を出せる。
○「仕上がり」と「アートフィルター」を統合し、「ピクチャーモード」として設定しやすくなっています。
 絞り優先モード(A)やシャッタースピード優先モード(S)、マニュアルモード(M)選択時でもアートフィルター撮影が可能
 アートフィルターでの連写(最大4コマ)に対応
○回転再生は、手動。E-PL1と同様に回転検地のセンサーは非搭載ですね。
○アクセサリーポート。VF-2、マイクセット SEMA-1、マクロアームライト MAL-1、BlueTooth通信アダプタPENPAL PP-1を利用可能。
○拡張性
◎コンバーターレンズ
 マクロコンバーター MCON-P01
 ワイドコンバーター WCON-P01
 フィッシュアイコンバーター FCON-P01 
◎高精細電子ビューファインダー「VF-2」
◎コミュニケーションユニット「OLYMPUS PENPA PP-1」
◎マクロアームライト「MAL-1」
◎高音質ステレオマイクセット「SEMA-1」
○顔検出AFが、「瞳検出AF」に進化。
 バストショット以上の大きさで顔検出をすると自動的に瞳にピントを合わせる「瞳検出AF」を搭載。

E-PL2の発売日は、2011年1月28日です。

XZ-1では、
○61万ドット表示の3"サイズの有機ELディスプレイとなっています。
○シャッターは、1/2000秒までです。
○ISO感度は、ISO100~ISO6400まで。ISOオートは、ISO100~ISO800
○リモートケーブルRM-UC1を利用可能。バルブ撮影も可能。
○アートフィルターは、ドラマチックトーンを含む6種類(ポップアート、ファンタジックフォーカス、ラフモノクローム、トイフォト、ジオラマ、ドラマチックトーン)
 コントロールリングでダイレクトにフィルター変更可能。
○アクセサリーポート。VF-2、マイクセット SEMA-1、マクロアームライト MAL-1、BlueTooth通信アダプタPENPAL PP-1を利用可能。
○「i.ZUIKO DIGITAL」 F1.8-F2.5 4倍ズームレンズ搭載。35mm換算28mm~112mm
○1/1.63" 高感度CCDイメージセンサー搭載。
○デジタル一眼用画像処理エンジン「TruePic V」搭載。
○ISO3200までの高感度撮影「ローライトモード」搭載。ISO6400は、マニュアルモードのみ。
○コントロールリング+コントロールダイヤル
 レンズ周りに配された「コントロールリング」により、マニュアル感覚で設定を調整
 背面にあるコントロールダイヤルで露出補正など細かな設定
○「ライブガイド」、「ライブコントロール」搭載。
 直感的な操作を、コントロールダイヤルで設定可能
○NDフィルター内蔵。
 3段分の露出コントロール可能なNDフィルター内蔵。
○CCDシフト式手振れ補正。動画時は、電子式手振れ補正。
○ワイヤレスフラッシュコントロール
 FL-36Rに対応。

XZ-1の発売日は、2011年2月中旬

詳しくは、オリンパスのサイトや、デジカメWatchなどの専門サイトをご覧下さい。

米国OlympusがE-PL2と高級コンパクトのXZ-1を、CES 2011で正式発表。速報 [新製品速報]

Engadget Japaneseに速報が出ています。米国で発表されているようですから、国内発表も間近かと思います。
オリンパス・ペン E-PL2 発表、新レンズ採用で今月発売・599ドル

米国Olympusが、CES 2011で「E-PL2」を正式発表しています。
詳しくは、Engadget Japaneseを見ていただくと、CES 2011での米国Olympusのハンズオンコーナーでの写真が多数出ています。
同時に、Zuikoズームレンズを備えた高級コンパクトデジタルカメラ「XZ-1」も発表しています。
こちらの方が、スペック的には、オリンパスの力が入っている気がします。
こちらは、61万ドットの有機ELディスプレイや、E-PL2と同種類のアートフィルター(ドラマチックトーンも)を
備えています。PEnPal対応のアクセサリーポート(AP2)も装備して、PENシリーズ用EVFのVF-2も使用可能です。

E-PL2の特長は、
○標準ズームレンズとして、E-PL1sで追加された新型のMSCレンズ。M.Zuiko 14-42 F3.5-5.6 IIを採用。
○新型の3" 46万ドットLCD(液晶ディスプレイ)←Olympus USAのスペック表では23万ドットLCDですが。
○新GUIとして、ライブガイドIIを採用。
○アートフィルタの機能拡張と追加。
Pop Art, Soft Focus, Grainy Film, Pin Hole, Diorama, and Dramatic Tone.
日本における「ポップアート」、「ファンタスティックフォーカス」、「ラフモノクローム」、「トイフォト」、「ジオラマ」
そして、新たにE-5に搭載されていた「ドラマチックトーン」が追加されました。
○E-PL1sと同様に、ISO 6400に対応。
○新しいエルゴノミックデザインのボディ形状。
○iDetectによるか顔認識AF機能。
○画像処理エンジンは、TruePic™ V
○新しいアクセサリーポート(AP2):PENPal対応

また、新しいアクセサリーとして以下のものが用意されるようです。
○アドオンのコンバージョンレンズ
 新しいM.ZUIKO 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱレンズ専用
*Fish-eye Lens Converter (FCON-37):超広角120°-の魚眼アダプタでです。
*Wide-angle Lens Converter (WCON-37):
*Macro Lens Converter (MCON-58):最短撮影距離24cmの近接撮影可能。
 このマクロレンズコンバータは、M.ZUIKO ED 40-150mm F4.0-5.6と、
 M.ZUIKO ED 75-300mm F4.8-6.7レンズにも装着できます。
○Macro Arm Light (MAL-1):ホットシューにつける、2つのアーム先に強照度のLEDライトがつくツインライトです。
 それぞれのアームは、17cmまで伸びます。
○PENPal:ホットシューにつけるBluetooth通信アダプタ。2600枚の写真を撮り溜めて、PCまたは、別のPENPal付きカメラに写真データを送信できます。

写真などは、以下のEngadget Japaneseのプレスリリースからの写真をご覧下さい。
http://japanese.engadget.com/photos/olympus-e-pl2-press-photos-1/

国内発表が楽しみですね。

ただし、こちらの速報版の内容は、Engadget Japaneseに出てるOlympus USAの英文プレスリリースを元にしていますので、実際の国内仕様とは異なることがあります。
くれぐれも、ご注意願います。



1)E-PL2斜め正面olympus-ces-bodybest14-42mm-rm-eng.jpg
2)E-PL2背面
olympus-ces-back01-rm-eng.jpg
3)Fish-eyeコンバータ装着
olympus-ces-bodyfisheyes-rm-eng.jpg
4)Macro Arm Light (MAL-1)装着olympus-ces-bodymacro-arm-light-rm-eng.jpg
5)ワイドコンバータ装着
olympus-ces-bodymacrob-rm-eng.jpg
6)E-PL2ダイヤル
olympus-ces-dial-rm-eng.jpg
7)噂のBluetooth通信アダプタ「PENPal」olympus-ces-penpal03-rm-eng.jpg

 

 


新製品速報 ブログトップ